<   2011年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

妻の実家

 旦那が再び福島を訪ねることになり,私の実家に宿泊することになっている。

 私はこの2年近く,実家に帰省していない。
 一昨年の12月に誕生した甥に私はまだ会っていないが,旦那は今度で3度目のご対面になる。

 そもそも,妻の実家に夫が単独で泊まりに行くことそのものが少ないような気がするし,娘が実家に2年も寄り付かないのも少ないような気がする。

 聞くところによると,母が旦那に対して「娘の育て方を間違えた」と愚痴っているらしい。
 その育て間違えた娘と結婚してしまった旦那の立場はどうなるんだろう?

 私は母の保守的な考え方とは,どうしても考え方が合わないところがある。
 母は周辺の「噂話」「評判」などを大変気にする性格だ。
 私は,そういうものには一切耳を傾けない。
 右では左の,左では右の,悪い噂をする人なんてのは,ゴマンといるわけだから,私はそんな話を聞いているだけ損だと割り切っている。
 母は,そういう私のところが「無神経」「非常識」と思えるようだ。

 なかなか,母子との間の距離は難しいものだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-23 01:18 | 日常

天邪鬼の読書

 22日には,犬猫ハウスのほうに行って,阪神大震災の時に出版された本を何冊か読んできた。
 16年前に緊急出版された本のほとんどは廃棄してしまっていたが,96年頃から出版された本などは残してあった。
 この時期に阪神大震災の本を読むあたりが,天邪鬼なところだろう。
 当時は「ダイエー」が優良企業とされていたんだと,全然違うことに関心したりした。

 心のケアの問題・孤独死の問題など,今回の教材になるような題材が多いとも思う一方で,心のケアにどうあたり,どういう結果だったのかの検証材料が少ないような気もした。

 それにしても,夫婦揃って活字中毒なので,本だけは山のようにあるわ。
 実は,先月15日にここを襲った震度6強の地震で,本棚に平積みしてあった本が随分倒れた。
 これを機にまた廃棄しようかとおも思ったが,犬猫ハウスはマイホームなので(今年になって,土地も畑から宅地に転用した上で買い取った。),残しておくことにした。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-22 01:04 | 日常

若い衆

 仕事上,その筋の方々に会わなければならないことがある。
 先日,その筋の方に会ってきた。

 その筋の方々は味方相手には本当に礼儀正しい。
 もう還暦になるであろうその筋の方は,ベンツで会合の場に来た。
 スーツも靴もオーダーメードだそうだ。

 会合の最後に「お近づきのしるし」として,チップの入った封筒を渡されそうになったが,私は受け取らなかった。仕事のことでは,私は絶対に金品は受け取らない。
 ただ,封筒の厚みから見ると,軽く100万円はあったような気がする。

 ところで,私らと会合していた2時間近く,ボディーガードの若い衆が,ずーっと立ったままだったし,ベンツはずっーっとエンジンがかかったままで,中に若い衆が常時待機していた。

 その筋の上下関係って,本当に厳しいのね。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-21 23:57 | 職場

c0160120_20232987.jpg

c0160120_20232958.jpg

駅の雰囲気だけは残っています
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-20 20:23

福島県民はばい菌か

 茨城県つくば市が、東京電力福島第一原発の事故で福島県から避難して転入する人たちに、放射能汚染の有無を確認する検査を受けた証明書の提示を求めていたことが18日、わかった。
 市側は「市民に無用な不安を与えない目的だった」としているが、転入者からの抗議を受け、検査を求めないことにした。
 つくば市によると、市民課長名で3月17日、福島からの転入者にスクリーニング検査を求めることに決め、担当する窓口へ通知した。窓口の担当職員が、転入者に消防本部や保健所で検査を受け、証明書をもらうように指示するなどしていたという。原発事故が起きてから、つくば市には福島県いわき市などからの住民が避難している。
 今月11日、つくば市内の研究機関に就職するため仙台市から転居してきた男性(33)が証明書の提示を求められ、このことを茨城県に訴えたことから問題が発覚した。つくば市の岡田久司副市長は、「放射能汚染について、誤解があったと認めざるを得ない」と釈明した。
(2011年4月19日03時07分 読売新聞)

 人権蹂躙というものは,公権力が束になって襲い掛かり,個々の人権を踏み潰していくことがある。
 ハンセン病患者に対する凄まじい人権侵害
 エイズ初患者確認時の偏見
 など,権力が個々人に牙を剥いてきた例は,数知れない。
 この原因というのは,権力の無知(又はプロパガンダ)に寄るところが大きい。

 今回も典型的な行政の無理解に基づく人権侵害だ。

 福島県にいた人は,皆感染症でも発症しているとでも思っているのだろうか?
 それとも,ばい菌とでも思っているのだろうか?

 福島県出身の私に対しても「放射能に汚染されていないことの証明書」の交付が求められるのは時間の問題か?
 そんなことがあったら,私ならその日のうちに国家賠償請求してやる。

 行政庁からこういうものの提出を求められたときは,行政手続法第35条第2項に基づいて,行政指導に関する書面交付要求をしてください。
 そして,交付された書面を,ネット上にそのまま公開してしまってください。

 それにしても,福島県民というだけで,差別されるというのは,極めて不愉快だ。
 今日,つくば市に対して,この記事の真偽を問い合わせてみようっと。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-19 03:42 | 時事

眠気との戦い

 研修会に出てきた。
 社会福祉法人の新会計基準に関する研修会。

 といっても,私は簿記会計に関する論理的な知識がないので,詳細は分からなかった。
 眠気との戦いというのは辛いものがある。

 論理的な知識は全然ない私だが,公認会計士から「個人指導」を受けたおかげで,不正経理の読み解き方などという知識はある。

 結局は,こういう全体研修のようなやり方では,なかなか知識はつかないなと実感する。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-18 23:39 | 職場

レンタル

【統一地方選挙後半戦】
皆さん、統一地方選挙後半戦がやってきました。

選挙になると、昔の人脈や知人の知人なんかを頼って、特定の宗教団体の関係者から公○党支援の電話が架かってきますよね。

せっかくの休日も、しつこい勧誘で気分が滅入ってしまうなんてこと、ありますよね。

そんな時威力を発揮するのが牧師です。
一家に一台牧師を置いておくと、選挙の時のしつこい勧誘から身を守れます。

今なら、お試し期間で、無料レンタル実施中です。

ここで、体験談をご紹介しましょう。

(静岡県にお住まいの三十代のA子さんです。)
私は、98年の参議院議員選挙のとき、中学時代の先輩とかいう人から突然電話が架かってきて、しつこく公○党に投票してほしいとかしつこい勧誘されて困っていたんです。
そこで、99年の統一地方選挙の時に、牧師をレンタルしたんです。
そいたら、しつこい勧誘がなくなりました。
選挙のときには、牧師を置いておいて、助かりました。
それ以降、選挙の際は牧師は必需品ですね。

さあ皆さん、しつこい勧誘から平穏な生活を守るために、今すぐ牧師のレンタルをご利用下さい。

借りようかどうか迷っているあなた、もう一度ハイライトシーンをご覧下さい。

レンタルご希望の方は、今すぐフリーダイアルで。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-17 15:54

担当

 喘息の方の担当となった。

 学校では赤点ですいませんで済むが,現場では「知りませんでした。」では済まないので,喘息に関する本を借りまくってきた。

 私は,特定のことに関心を持つと,大量に本などを購入したり借り込んできて,一気に読む。
 そのほうが,「業界用語」の意味を理解したりするのに役立つ。

 以前,立花隆がそういう読書方法を勧めていたというが,真相までは知らない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-16 23:24

酒豪に囲まれて

 盛大に行う予定だった新人歓迎会。そのためにダンスまで覚えたのだが,中止となった。
 そこで,15日は6名で寿司店の2階で「お食事会」を開いた。

 私以外の5名は酒豪だ。
 みんなおいしそうに,ビールだ焼酎だ熱燗だを呑んでいる横で私だけ1人寂しく烏龍茶。

 みんながお酒ばかりを注文している横で,独り寿司をつまみ続け,たらふく平らげた。
 20時に始まって,終わったのは23時

 ビール大瓶  19本(1人平均3.8本)
 焼酎      7本(1人平均1.4本)
 熱燗(徳利) 18本(1人平均3.6本)

 何じゃこりゃ

 3人(全員独身)はベロンベロンになっていた。
 1人は潰れて寝てしまった。
 1人は顔色1つ変えていなかった。

 実は,呑み放題コースだったので,寿司のほうが高かった。
 1番高かったのは,私だった。

 
 
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-15 22:19 | 日常

比較的冷静な報道・・・忘却の彼方だからか

 07年に愛知県で起きた強盗殺人事件。
 闇サイトを通じて知り合った3人が女性を拉致監禁して現金を強奪して殺害したという事件で,発覚した当日は,NHKでも全国トップニュースになった。

 検察官は,被告人3人全員に死刑を求刑
 名古屋地方裁判所は,2人に死刑,1人に無期懲役の判決だった。
 これに対して被告人3名全員が控訴し,検察官も無期懲役判決を不服として控訴した。
 その後,死刑判決を受けた1人が控訴を取り下げて死刑が確定した(後に控訴取り下げは無効だと主張して,裁判の再開を求めたものの,退けられている。)。

 12日に2名に対する控訴審判決があり,死刑判決だった被告人に対する判決が破棄され,無期懲役の判決が言い渡された。

 これに対して,被害者の母が「裁判は加害者のためのものなのか」とか記者会見していた。

 てっきり「裁判所は,被害者の母に耳を貸しませんでした。」とかいうのかと思っていたら,そういう論調は少なかったようだ。
 光市母子殺害事件の報道に関して,BPOから「刑事裁判の基本が理解できていない。」とまで指摘されて,少しは論調が変わったのかな?
 ただ,地裁と高裁で,死刑と無期懲役と判断が分かれた理由についての説明がほとんどなかったようだ。
 これは,判決がしっかり述べなかったのか,報道のところで端折られたのか,どっちなんなだろう?
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-04-14 01:16 | 時事