人気ブログランキング |

毎日新聞ってよっぽど暇なんだろう

秋葉原通り魔:容疑者の逮捕・連行を携帯で撮影
 今回の通り魔事件では、容疑者の逮捕・連行写真を携帯電話で撮影した人の周りに人だかりができ、自分の携帯に赤外線送受信でコピーする人たちが目立った。

 目撃情報を集めていた記者は、通行人の女性から赤外線受信で写真を入手。この女性も、逮捕現場にいた別の女性から赤外線受信でコピーしていた。2人は他人同士だった。

 女性によると、現場で直接写真を撮影した男性が「捕まったぞ」と叫ぶと、周囲には携帯電話を差し出し、「コピー」を求める人だかりができたという。【神澤龍二】(毎日新聞)



 こんな記事が,よく全国紙で掲載されたもんだ。

 よほど情報収集能力がない新聞社なんだろうな。



 いくら日曜日で現場で取材する人員が足りなかったといっても,もう少し事件に関するまともな取材ができないものだろうか?



 この記事は,要は「今回の事件で,野次馬はこう行動した。」という内容の記事である。

 野次馬がどう行動しようと,そんなこと,どうでもいいことだ。

 野次馬が暴徒と化して,二次被害でも出たというのなら話は別だが。



 中学生・高校生の頃,「新聞をよく読むように」と指導されていたが,こんな記事が踊る新聞を読んだところで,人生の糧になることはあんまりないような気がする。

「新聞記事の中には,取材不足の穴を埋めるために,しょーもない記事が入るときがある。」という事実を知るにはいいかもしれないが。
by nonnbei871234 | 2008-06-09 13:04 | 時事
<< ワタリヨシ 無責任コメンテーター >>