ふぐ毒死

5日に,自分でふぐを調理して食べた方が亡くなったという記事が載っていた。

 毎年何名かの方が,ふぐ調理師免許を持たないのに調理して食べ,命を落としている。大変残念なことである。

 年に数回ほど,私も釣りに連れて行ってもらうことがある。
 強い引きだから「かわはぎかな?」なんて言って喜んでリールを回したところ,出てきたのは大きなフグだったなんてことはよくある。
 そういうとき,上司などは,「これ以上釣り上げるのも面倒だから。」と糸を切ってしまう。私は糸を切ると再度針を糸に結び付けている間に酔いそうだから,そういうことはせず,フグを釣り上げてから「キャッチアンドリリース」している。

 ところが,上司の仲間などはそのまま釣り上げて持ち帰っている。
 私などには「仲間にフグ調理師免許を持っているのがいるから,その人に捌いてもらう。」と言っているが,その人は自分で捌いて食べていることを知っている。

 「何度も捌いているが,1度も当たったことがないから大丈夫」と往っているようだが,1度当たったらおしまいなのだが。

 世の中,命を賭けてまでやらなければならないことというのもあるが,フグに命を賭ける価値があるとは思えない。

 免許もないのに,フグを自分で調理するのは絶対にやめてくださいね。
[PR]
by nonnbei871234 | 2008-01-05 19:29 | 時事
<< 頭が冴えていて 新年早々 >>