恣意的不開示

11月28日の日記に行政不服審査をしたことを書いた。



 そうしたら29日にとんでもない不開示決定をもらった。



 既に何百箇所と情報公開請求をしているが,こんな部分が不開示になったのは初めてである。

 呆れてものがいえないが,行政庁の管理責任者が「私は経営者だ。そんなものの開示していたら,経営者としての責任が果たせない。そういうものの開示を請求する者は怪しい目的があるのだろう。」と言っていた(仲間をわざわざ゛呼びつけて,面と向かって言っていた。)のを聞いて,益々あいた口が塞がらない。



 仲間と相談し,行政不服審査を省略して一発訴訟に持ち込むことを決めた。

 他の行政機関百数十箇所が開示している情報を,独り不開示にして,裁判が維持できるか,見ものである。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-12-02 10:15 |
<< 快眠剤 そぞろ神 >>