人気ブログランキング |

昼ドラのCM

 平日昼間の民放で「昼メロ」が放送されている頃は,ドモホルンリンクルとアリコ・アフラックなどのCMが多いこと多いこと。

 何でこんなことを知っているのかというと,最近昼食時間が2時前後となっており,その頃食堂で流れているテレビで毎回そんなCMが放送されているからである。



 ドモホルンリンクル・・・全く興味がない。あれだけ広告宣伝費をかけて,毎度毎度「私たちは誠実な会社です。」って宣伝してイメージアップになるのかな?

「電話をしたら体調が悪そうだったので,お手紙を書いた。そしたら手紙をもらえた。」なんて宣伝しているが,「商品の勧誘の電話したら,相手が病気だったら,電話をさっさと切れ!」とか突っ込んでいる。

 「いつも10歳若いと言われている。」って,そりゃおばあさんでも女性だから,見た目より若く言うのは,大人の礼儀ってもんでしょ。



 外資系保険会社のCM。

父が「もう保険は無理だな」とか言うと,30前後の娘が父に対して「生命保険,諦めちゃだめよ。」とか言っているCMがあるのだが,究極の親不孝娘だな。

 父が死亡したとき,保険金を受け取るのは誰なのだろうか?

 娘は異常なまでに保険の内容に詳しいのだが,父を被保険者にするため,せっせと勉強していんだろうな。

 30にもなったら,父の生命保険などあてにすることもあるまい。



「どんな人でも手軽なお値段で保険に入れます。」とか宣伝している保険。こんなものでも利潤を生める最大の原因,それは「なにかあったときに出る保険金もお手軽なもの」ということである。

 保険会社のCM。これは給付金の話題をするときは掛金の話がなく,掛金を話題にするときは給付金の話がないものである。



 世の中を斜めに見ると,CMも別の意味でおもしろいものである。
by nonnbei871234 | 2006-11-27 01:49 | 時事
<< 字画が悪い 父母 >>