人気ブログランキング |

暴走

車輪止め置き忘れ、無人列車8・5キロ走る…三重

 20日午前1時ごろ、津市一志町井生(いう)のJR名松線の踏切近くで、無人の列車(1両)が止まっているのを近くの住人が見つけ、JR東海に通報した。

 列車は無人のまま約8・5キロ走行していた。けが人はなかった。

 JR東海によると、列車は19日午後10時25分ごろ、家城駅に回送されたが、運転士が同駅に止めた際、車輪止めを置き忘れ、緩い下り傾斜で動き出したという。速度は平均25キロ出ていたとみられる。列車が止まっていた踏切付近から上り傾斜になっていた。また、列車が走行した家城駅と井関駅の間には三つの駅と、23の踏切があったが、踏切は自動的に作動していた。

 同線は始発から正常運行している。三重県警津南署で関係者から事情を聞いている。

(読売新聞)

 人的被害がなくて本当によかった。
 もし,脱線・転覆なんてことになっていたら,大変なところだったろう。

 午前0時頃,名松線の踏切で警報機が鳴ったら,地元の方々は,それだけで驚くだろうな。

 そして,ライトも点けない(車内灯もついていない)状態のディーゼルカーが25km/hで走ってきたら,本当に「何があったんだ?」と思うだろう。

 それにしても,車止めを忘れただけで,8.5kmも走行してしまうことが可能になっているということ自体にも問題がある。
 人は誤りを犯すものである。だから,誤りを犯したとしても,結果が生じないよう,いろいろな防止策を講じる必要がある。

 JR東海だけでなく,鉄道会社全般で,車止めを忘れても車輌が重力によって自然走行することなどないよう,改善を図ってもらいたい。
by nonnbei871234 | 2006-08-20 20:24 |
<< 肖像権を主張される方へ 会員の皆様 >>