定義

太陽系、12惑星に=セレスなど3個昇格を提案-国際天文学連合

 【プラハ16日時事】太陽系の外周で冥王星より大きい新天体が発見されたことを受け、惑星の定義を検討してきた国際天文学連合(IAU)は16日、当地で開催中の総会で、「太陽(恒星)を周回する自己重力で球形の天体」との案を発表した。これによると、新天体のほか、従来は冥王星の衛星とされた二重惑星「カロン」、火星と木星の間の小惑星帯にある「セレス」が新たに惑星となり、惑星数は現在の9個から12個に増える。
 IAUは天文学の最高機関。24日の採決で承認されれば、1930年の冥王星発見以来、76年ぶりに太陽系の姿が書き換えられる。しかし、第5惑星となるセレスは直径が月の約4分の1しかない上、今後さらに12個の天体が惑星に昇格する可能性があるとしており、議論になるとみられる。 

(時事通信)

「昔はよかった。衛星の名前を9つ覚えるだけでよかったんだから。今では500個も覚えなきゃいけないんだ。」なんて,後世の中学生に文句を言われるのだろうか?

 よく分からないのだが,「惑星」とはいったいなんなのだろうか?
 ここの定義をしっかり決めておかないから,これも惑星,あれも惑星と議論が起こることになる。
 定義をきちんと決めてしまえばいいような気がする。

 もっとも,学問の世界で,定義化ほど難しいものはないらしく,様々な例外をどこまで認めればいいのかが,定義化の最も難しいところらしい。

 たしかに「オス」「メス」とはそれぞれ定義するにしても,様々な例外を定義に組み入れるのか,難しいことは容易に想像がつく。
 働きバチは,オスなのだろうか?

 ところで第10番惑星にはなんと言う名前が付くのだろうか?
 「○王星」
 何だとインパクトがあるかな?
 一部から「京王」との声がかかりそうだが・・・
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-08-17 20:21 | 時事
<< 今までなかったの? 敬語は何? >>