人気ブログランキング |

足して2で割る

日本の対応を批判=北ミサイル、どの国も標的とせず-韓国大統領府

 【ソウル9日時事】韓国青瓦台(大統領府)は9日、北朝鮮のミサイル発射に関する声明を発表、「日本のように夜明けから大騒ぎをしなければならない理由はない」と、強硬姿勢を示す日本の対応を批判した。さらに、「テポドン発射の可能性は事前に広く分かっていた事実だ」として、安全保障上の問題として扱うことに否定的な見方を示した。
 盧武鉉政権はミサイル発射で日本に比べ、対応が遅れたため、野党や地元有力紙から批判を受けていた。今回の声明は、そうした批判に反論する形で、北朝鮮に対する融和政策を正当化している。今後、北朝鮮をめぐる日本や米国との連携に影響を与える可能性もある。
 声明は、ミサイル発射について「わが国の安全保障上の危機だったのか。どの国も非常事態を発令しなかった。どこの誰を狙ったものでもなかったからだ」として、韓国や周辺国にとって危険性は極めて低いとの見方を示した。(時事通信)





 韓国政府が今回の北朝鮮の行為を「危機ではない。」と言い続けるのは,太陽政策が失敗であったことを認めたくないからだろう。



 韓国のマスコミなどは,今回の韓国政府の対応に,かなり手厳しい論評を加えている。



 事情を知らない外国人は,軍事境界線を挟んで100万人が睨み合っているのが日本で,海の向こうで高みの見物をしているのが韓国だと,勘違いするだろうとまで書いている。



 日本の対応と韓国の対応を足して2で割ったぐらいが,適正なのだろうか。
by nonnbei871234 | 2006-07-10 19:11 | 時事
<< 受け取り拒否も楽じゃない 名古屋-小田原 >>