人気ブログランキング |

ワイドショー

今,ワイドショーでは,秋田の小学生殺人事件の被疑者を取り上げる話題が多いようだ。

 遅い昼食を摂っていると,連日テレビからその話題が流れてくる。



 内容は,被疑者の「素顔に迫る」などと題して,事件とは全く関係のない時代の過去を垂れ流している。



 誰でもプライバシー権を持っており,個人情報については,みだりにこれを公開されない権利を有している。



 ただ,この個人の権利を超える社会の利益がある場合には,プライバシー権は制限され,個人情報も公にされることを我慢しなければならなくなる。



 今回の,秋田の小学生殺人事件の被疑者の幼少時の頃のことを放送することに,どんな社会的な利益があるのだろうか?

 私には全く分からない。



 殺人事件という重大事件だから,犯罪行為に及ぶ動機などについて調査・放送することは事件の真実を知るという意味で社会に利益になる。だから,この点を放送することは大いに結構である。



 ただ,事件に関係しない部分については,殺人事件の被疑者であっても,プライバシー権を持つことにはなんら変わりがない。



 この被疑者の過去の調査なんかを報道していないで,日銀総裁の黒い交際疑惑,錬金術の方法なんかに切り込んでほしいものである。
by nonnbei871234 | 2006-06-15 22:12 | 時事
<< 役所の統計 間違いか,紛争再燃か >>