人気ブログランキング |

吉と出るか凶と出るか

へき地、救急など開業要件に=医師不足解消へ-厚労省

 厚生労働省は18日までに、新たに開業する医師や病院の院長になる医師について、へき地医療や救急医療などに一定期間従事することを資格要件とする方針を固めた。
 医師不足が深刻化する現場で、医師確保につなげる狙いがある。社会保障審議会医療部会での審議を経て医療法改正案に盛り込み、2008年度からの施行を目指す。 

(時事通信)


 大病院で使い物にならない医師がいるとする。肩たたきを受けて大病院を去るのだが,開業の要件となる救急医療に従事したことがない。
 だから,やる気もないのに,救急医療部所属になった。
 こんな医師しかいない病院に救急搬送されたら,患者様はかわいそうだ。

 救急医療や僻地医療は,患者様が医師を全く選べないので,全くやる気がないような医師がそういうところに配属になると,本当に怖い。

 半強制的に予防接種を打たせているような医師が,開業医目指して僻地に来るようなことがあったら,その地域の方々はどうしたらいいのだろうか?

 僻地医療も,救急医療も,患者様のことを考えて医師の人選を進めてもらわなてはならないのに,そっちの議論が進んでいないのが,ちょっと気になる。
by nonnbei871234 | 2006-01-18 20:49 | 時事
<< 勧誘電話 証人喚問 >>