人気ブログランキング |

証人喚問

<耐震偽造>証人喚問「追及が甘い」 自民党に抗議殺到

 衆院が14日行った耐震データ偽造問題をめぐる証人喚問で、自民党本部に「姉歯秀次元1級建築士らに対する追及が甘い」などの抗議が殺到している。14~15日で数百件。久間章生総務会長は15日の記者会見で「矛盾点、問題点にきちんと迫るというやり方を本来すべきだ」と苦言を呈した。
 喚問に当たった同党議員は渡辺具能、中野正志、望月義夫、吉田六左エ門の4氏。うち渡辺氏は40分の持ち時間中、30分以上を自分の発言に費やした。抗議は「姉歯氏にもっとしゃべらせるべきだ」「なぜこの議員を質問者に選んだのか」など。
 渡辺氏は抗議に対して「証人喚問は事件を解明し、対応策に反映させるためのもの。面白おかしく劇場風になるべきでない」とコメントした。

(毎日新聞)

 職場にある,外来患者様用のテレビを患者様が揃って見ているときがある。
 大規模災害のときなど,固唾を呑んで見守る場合があり,今年は尼崎の電車脱線事故のときなどには,黒山の人だかり状態であった。

 14日の証人喚問も,そういう日だったが,結構失笑が漏れていたそうである。私は生中継は見ていない。

 各議院は,国政調査権に基づいて,証人を喚問することができるということになっているが,裁判所の証人尋問に比べて,著しく見劣りするというのが大方の率直の感想であろう。

 裁判の証人尋問では,証人は事実を陳述するのみであり,意見を述べることはないそうである。
 議院の証人喚問の場でも,証人には事実を陳述することが求められている。
 ところが,証人喚問では,「こういった覚悟はあるのか?」など,決意表明を聞いたり,「私はこう思いますが,証人はどう思いますか?」などのように意見を求めるような場合が非常に多い。

 今回のように与野党が対立するわけでもない場合の証人喚問は,しっかり事実関係を追及できるだけの資料を収集してから喚問に臨んでほしかった。

 議院の証人喚問に大きな期待を抱くのは,無理な要求なようである。 
by nonnbei871234 | 2005-12-15 19:28 | 時事
<< 明日から 酒税増減税 >>