人気ブログランキング |

3名に死刑

4人リンチ殺人「犯行時少年」3被告とも死刑判決

 大阪、愛知、岐阜の3府県で1994年、若者4人が命を奪われた連続リンチ殺人事件で、1審・名古屋地裁で1人が死刑、2人が無期懲役の判決を受けた3被告の控訴審判決が14日、名古屋高裁であった。

 川原誠裁判長は「無慈悲な暴行を執ように加え、4人もの青年の命を次々に奪った凶悪非道な犯行。犯行時に少年だったことなどを考慮しても、極刑をもって臨むのもやむを得ない」として、1審判決を破棄し、3被告全員に死刑を言い渡した。

 少年事件で複数の被告に死刑判決が出たのは、最高裁に記録が残る1966年以降、初めて。弁護側は上告を検討している。

 死刑判決を受けたのは、いずれも無職の愛知県一宮市生まれ、A(30)(犯行時19歳)、大阪府松原市生まれ、B(30)(同19歳)、大阪市生まれ、C(29)(同18歳)の3被告。

 川原裁判長は、1審判決が傷害致死罪を適用した「木曽川事件」について、殺人罪の成立を認めた。残る2事件には、1審判決同様、殺人罪、強盗殺人罪を適用した。3被告の役割については「大きな差はない」と認定した。


 今日死刑判決を受けた3名は,いずれも暴力団と関わりがあったようである。



 元暴力団員が突然教会を訪ねてきて,救いを求めてくるという例が,旦那のところでもあるようである。

 そういう方々は,非常に熱心に教会に通って,くいいるように聖書を読んでいるという。



 今日死刑判決を受けた3名は,犯行当時18~19歳だった。

 自分がこの世に生を受けた喜びも,被害に遭われた方々がこの世に生を受けたことの意味も,感じることも考えることもないまま,このようなことをしてしまったのだろうか?



 もし,この被告人たちに,生を受けた本当の喜びを知る機会があったら,被害者の方々は,かくも無残に殺されることもなかっただろう。また,被告人らも,命で罪を償わなければならないこともなかっただろう。

 結果的に7名もの命を奪うことになった一連の犯行で,幸せになった者は誰一人いない。



 こういう事件の記事を見ると,空しい思いばかりが残る。
by nonnbei871234 | 2005-10-14 18:26 | 時事
<< 宣伝文句 日本国籍 >>