エウリアン対策

日曜のテレビで,渋谷などで数千円の絵画を100万円以上で売却する「エウリアン」と呼ばれるキャッチセールスを追跡していた。



 まったく,悪事を考えるやからも,次から次へといろいろなことを考えるものである。



 うちの旦那も,6月頃エウリアンにさらわれそうになったようである。

 渋谷で客引きの女に「絵を見てもらえないですか?」とおびき寄せられたらしいのだが「私もいい絵を見てもらいたい。すぐ近くの教会に来てほしい」などと言い出し,信仰の話をしてきたそうである(プロテスタントはカトリックほど宗教絵画に造詣が深いとも思えないのだが,それでも何とかなるらしい。)。

 嫌がる女に20分も神様のことを話してきたそうであるから,さすがはプロである。

 その女は,別の女が「××ちゃん,お電話ですよ。」掛け声をしたのをきっかけに,旦那から逃げていったそうである。



 旦那は,クレジットカードを持っていない。だから,エウリアンにさらわれてもローン契約を組まされる心配はない。

 それでも,女に布教するところは,さすがである。





 一般的に,エウリアンなどのキャッチセールスに遭遇したら,ニコニコ笑って契約をしてやる(キャッチの女から笑顔でお見送りを受けてもらえる)。→その日のうちにクーリングオフの内容証明郵便を配達証明付きで送付する。

 これが1番安全である。

 内容証明郵便の書き方がわからなくても,検索機能で「クーリングオフ」「内容証明」などと調べれば,例文はいくらでも出てくるから大丈夫。



 念のため,内容証明郵便はクレジットカード会社にも送付しておくこと。



 こうしておけば,絶対にエウリアンに金が渡ることはない。



 ただし,配達証明付き内容証明郵便代金(1,220円)は自腹。



 街で突然,異性から甘い言葉を掛けられたら「カモ」られると思ったほうが賢明である。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-10-04 18:08 | 時事
<< 鬼嫁のすすめ7箇条 母国語 >>