五輪誘致活動

<石原都知事>「東京五輪招致」を正式表明 準備組織も新設

 東京都の石原慎太郎知事は20日午後に開会する都議会で「再び日本でオリンピックを開くとすれば、都市のキャパシティー(受容力)や都市機能の充足度などから考えて、この東京をおいて他にはあり得ない」と、2016年以降の夏季五輪を都に招致することを正式に表明した。「五輪開催を起爆剤として日本を覆う閉塞感を打破する」として、10月から庁内に準備組織を新設する。
 石原知事は8月5日の会見で五輪招致に初めて言及。今月16日には、日本体育協会会長の森喜朗前首相が石原知事を訪ね、協力して実現に努力することで一致した。会談後、森前首相は「都が立候補の意思を出していただけることは大変ありがたい」と語っている。
 都議会では、最大会派の自民党が衆院選の地域公約で東京五輪招致を掲げており、来年2月開会の定例会で招致を求める決議をする方針。これを受けて、6月までに日本オリンピック委員会(JOC)に開催意思表明書を提出し、正式に名乗りを上げる。
 16年以降の五輪については、福岡市が「九州五輪」構想を打ち出し、札幌市も招致の動きを見せている。【大槻英二】

(毎日新聞)

 五輪を招けば閉塞感が打破されるほど日本人って単純なの?
 98年に五輪を招いた長野は,閉塞感が打破されたのかな?

 靖国神社問題で中国・韓国を刺激し続けているその横で,五輪を東京にと言うこと自体どうかしていると思う。

 そもそも,2008年の五輪はペキンで開かれる。
 その,わずか8年後に再びアジアで五輪が開かれる可能性はそれだけでも低いだろう。

 それに,仮にアジアで開かれるにしても,中国も韓国も経済的成長を果たし,近隣のアジア諸国も経済的に発展を遂げてきている今では,既に1回五輪を開いている国が再度五輪を開くのは難しいだろう。

 そういうことを知り尽くして,それでも誘致活動をするということは,誘致活動することだけで何らかの利益が生ずるところがあるんだろうと思われる。

 もうすぐ愛知万博も終わるが,万博とか五輪などのように,打ち上げ花火のようなことばかりで「閉塞感の打破」などを目論むようなことに,私は飽き飽きしている。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-09-20 16:47 | 時事
<< 脅育 いつから老人? >>