人気ブログランキング |

効果は何?

1889年の日本



2月9日(東京)、東京全市は11日の憲法発布をひかえてその準備のため、言語に絶した騒ぎを演じている。
 到るところ奉祝門、照明、行列の計画。
 だが滑稽なことには、誰も憲法の内容をご存じないのだ。



 このベルツ日記は,高校の日本史に出てきた。



 私らは,当時の日本人の滑稽なさまを苦笑したものだ。



 それから116年

 昨日,知床半島が,世界遺産に登録されたとの報が伝えられ,テレビでは,羅臼町や斜里町からの生放送で,これをお祝いした。



 しかし,世界遺産に登録されたということは,いったいどういう意味があるのだろうか?

 世界遺産に登録されたことの効果がよく分からない。



 日本で3箇所目の世界自然遺産とのことで,そのほかには屋久島と白神山地が指定されているとのことであるが,屋久島や白神山地が世界自然遺産に登録されて,何がどう変わったのであろうか?

 これもよくわからない。



 数十年後の歴史教科書には,我々の行動が滑稽に描写されることになるのだろうか?
by nonnbei871234 | 2005-07-15 01:34 | 時事
<< お役所仕事 巻き添え >>