トンデモ本でも稚拙

85年の墜落事故から32年を過ぎて、また日本航空123便は自衛隊がどうのこうのという本が出版され、こともあろうに、ノンフィクションのコーナーに平積みされたりしている。

このたぐいのフェイクニュースを流すほうも流すほうだが、信じてしまうほうも信じてしまうほうだ。

この手のトンデモ本は墜落事故直後にはいろいろ出版されたが、すっかり忘却の彼方に。
それが今蘇ったのは、この手の絶版トンデモ本を知らない方々にとって目新しいからだろう。

過去のトンデモ本を焼き直して出版するなんて、トンデモ本でもやり方が稚拙だ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2017-10-19 04:25
<< 逃げようがない 全部やり直し >>