根性焼きに思う

 根性焼きの跡という,おぞましい火傷の痕がTVに写されていた。

 いじめの世界には,こういうのがあるというのを,まざまざと見せ付けてくれたわ。

 理不尽な要求をされて,それに従ったことき,根性があるとは言わない。
 根性があるというのは,そういう要求をされたときに,毅然と対応できることだ。

 高校生の頃と比べて,今私が幸せだと感じられる最大の理由は,訳の分からない理不尽な要求に対しては,法的に対抗できる術を身につけたからだと,実感する。

 自分だけではいじめに対抗できない人でも,助けてくれる人はどこかにはいる。

 そういうところに早く助けを求めることができれば1番なんだけどな。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-08-07 00:35 | 時事
<< 不安が現実に 妹です >>