仕事のトンネルを抜けるとそこには仕事が

 昔,嫌いな食べ物を残すと「世界中には食べ物がなくて困っている人がいるのに」と怒られたものだ。

 今,私は仕事の山に埋もれている。これを愚痴ったら「仕事がなくて苦しんでいる人がいるのに」と怒られてしまいそうだ。
 また,管理職の立場にいる。仕事のことを愚痴ったら「上司からパワハラを受けたり,中間管理職で板ばさみにあっている人もいるのに」と怒られそうだ。

 でも,やっぱり仕事が多いのも,結構愚痴りたくなるものだ。
 以前に比べれば,それでも部下に権限を大幅に移しており,私が直接行動するのは,困難案件と呼ばれるもの(部下にはこんな危険なことをさせられないというもの。)や,責任者決裁が現場で必要なもの,裁判所に出頭するものなどに限定している。

 それでも,私のスケジュール帳は,年度末までびっしり。どうすればこんな状態になるんだ?

 帰りの電車で惰眠を貪るのが,この上ない喜びになりつつある。

 まあ,風邪ひとつひかずにせっせと働けているこの現実は,やっぱり幸せなんでしょう。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-02-28 00:05 | 職場
<< 印鑑摩滅 吹雪走行 >>