人気ブログランキング |

ねじれ

 臨時国会が召集された。「ねじれ」でどうのこうのと騒いでいるが,二院制を採用している以上ねじれが起きることは当然予想されている。これでギャーギャー騒いでいるのは,衆参とも与党が多数を占めていたことを「安定」と呼び,そこに安住していた方々が恐怖感を感じているからなんだろう。
 3年前にねじれが起きときに,読売新聞が大騒ぎして「大連立」を画策したことは記憶に新しいが,今回もまた同じ道を歩むのかな。

 ところで,法律は年間に100~150本程度成立するが,その半分程度が全会一致,3割程度は共産党のみの反対で成立している。だから与野党激突なんて法律案は,年に10本程度しかない。
 だから,与野党がねじれていても,大多数の法律は成立する。
 そんなことが,全然報道されていないのが,悲しいところだ。

 与野党が激突する法律は,安倍お坊ちゃまはすぐに「リーダーシップを発揮」して「強行採決」を繰り返した。完全にリーダーシップの意味を勘違いした,まさにお坊ちゃまらしい行動だったが,それが総理では困る。
 政権交代後は,今までの仕返しとばかり強行採決が繰り返された。

 ねじれた今では,こういう手法を採用できないのだから,見苦しい強行採決がなくなるという点では今後に期待が持てる(大連立が組まれたら話は別だけど)。
 民主主義は,「討論」と「妥協」で結論が導かれることを理念としている。
 与野党とも,妥協すべきところは妥協して成案を得てほしいものだ。
by nonnbei871234 | 2010-07-31 14:30 | 時事
<< 涼み ドリンクバーの梯子 >>