人気ブログランキング |

実名公開の時が試金石だね

 2件の結婚詐欺と2件の結婚詐欺未遂で逮捕起訴されている女性の周辺で複数名の男性が不審な死を遂げているという,なんともショッキングなニュースが流れている。

 今のところ,主だったマスコミは「34歳の女」と報道していて,実名報道は控えているが,殺人罪で逮捕なんてときになったら,マスコミはどう報道するんだろうか?

 あることないこと,いろいろ洪水のように報道するんだろうか?

 今後,疑惑が向けられている人物が殺人事件で起訴されることになると,審理は裁判員裁判の対象になる。
 その時までに一般市民に「魔性の女」というイメージが完全に出来上がってしまったら,冷静な裁判なんて,およそ不可能になってしまうと思う。
 それでは,聞く耳を持ってもらえなくなり,公正な裁判の実現というのは,不可能になってしまうだろうな。

 1つは,「メディアスクラム」と呼ばれるマスコミの過剰なまでの反応に対して,裁判員制度を導入する法改正をした国会,その原案を作った法務省が過少評価しているところに問題があると思われる。
 ただ,メディアスクラムという病理現象を棚に挙げて裁判員制度がおかしいというのは本末転倒のような気がする。
 今回の事件について,メディアスクラムと呼ばれるような過剰反応が出ないことを願う。
by nonnbei871234 | 2009-10-29 22:22 | 時事
<< バスで代行できるのなら 自民党臭 >>