人気ブログランキング |

無責任組織

 独立行政法人日本学生支援機構(元日本育英会)に対して行われた会計検査院の検査

 2007年度末で奨学金の返還を3か月以上滞納していた人は約21万人で,滞納額は約2253億円。
 このうち,6%にあたる約1万3000人(総額約132億8000万円)は,住所不明者だった。

 なんじゃこりゃ?

 私は大学時代,奨学金を日本育英会から借りていた。
 だから,今でも奨学金を返済している。

 この就職難の時代だから,就職できないのにいきなり返済が辛いというのは分からなくもない。
 だから,5年間は返還猶予申請をきちんとするように指導して,その後は個別に相談に応じるというやり方をすればいいと思うのだが。

 それより,大学生が就職したら,そのまま行方がつかめなくなってしまったって,金貸しとして失格だと思う。
 大学生の一定割合の子は下宿しているのであり,大学を卒業すればそこから離れることぐらい,当然の前提だと思うのだが。
 返さないほうも返さないほうだが,貸しているほうにも問題があるとしか思えない。
 いくら滞納が生じても,役員の報酬・退職金には全く響かない無責任体質が,こんなことを許しているんだろうな。

 滞納率が増えると役員報酬・退職金が激減するような報酬体系を作ると,もう少しまともな管理をするようになるんじゃないかな。
by nonnbei871234 | 2009-10-24 13:58 | 時事
<< 誰に入れようかな 肩透かし >>