人気ブログランキング |

明らかに増殖中

 最近,女性の鉄道旅行記のような企画の書籍が結構出版されている。

 ちょっと歯車が合えば,私も「か弱い子の鉄道旅行記」なんて紀行作家になれたのだろうか?
 まあ,無理だな。
 ああいう本を出版するには,挿絵を自分で書いたり,ホームの端に人知れず咲く雑草を写真におさめたりせなならんから。

 私の場合,そんなんではなく,釣銭が出るところにガムがつけられていないかとか,駅の古いベンチに倒産した企業名を見つけて喜んだり,そんなことばっかりしているから。

 ところで,電車に乗っていると,明らかに同類だと思うときが増えた。
 カミングアウトしやすい環境になったからだろうか?
 私は,「用事があって乗っています。」って顔をして乗る技術を身に付けたものだが,最近はそういう技術は不用になったようだ。

 先日,花火大会の臨時電車が身延線を走った。
 平日だと終電が出た後の沼久保駅に,リュックを背負った女性がいた。
 昼間は富士山が見えるのだが,夜はそれこそ何もない。駅前には人家も公衆電話も,トイレも駐車場も駐輪場もない。そんな駅に23時過ぎに女性が電車を待っているというのは,正直驚いた。昼間に駅に人がいるだけで,あれ?ってなるのに。

 全駅下車を目指す女性まで現れたのかな?
by nonnbei871234 | 2009-08-17 00:19 |
<< 小手先のエコ 世襲批判をしておいて >>