借りてきた猫

今は、岐阜県にいます。
犬も猫も「借りてきた猫」のように、おとなしくしています。「『ニー』ちゃんはおりこうね。」なんて言われて、ニーは猫をかぶっています。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-17 01:50 | | Comments(0)

すいません

旦那の親戚に不幸があり,これから出ることになりました。



明日・明後日とここを空けます。



もし,携帯から書き込みが可能なようなら,何か1言2言は書きこみたいですが,書き込めなければ,お休みになります。



見に来てくださっている皆様,すいませんが,どうぞご了承願います。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-16 01:49 | 日常 | Comments(0)

イスラム教

「コーランの教えに反する」=米イスラム団体がテロ非難

 【ワシントン14日時事】「イスラムの名を語ってテロを行う者はコーランと預言者マホメットの教えに反する」-。米民間団体「アメリカ・イスラム関係協会」は14日、イスラム社会がテロを容認しない立場であることを理解してもらおうと、テロ非難のテレビCMを製作した。衛星テレビなどを通じ、全米で放映される。
 CMは30秒間で、頭をベールで覆ったイスラム教徒の女性らが「残酷なテロを行ういかなる者も許さない」「イスラムの教えは憎悪と暴力ではなく、平和と正義です」などと語り掛ける構成となっている。 

(時事通信)


 大多数のイスラム教徒にとっては,イスラム教の名を借りてテロを行う者を迷惑に思っているという話を聞いていた。
 やっばり,その通りなのだろう。

 私は最近,イスラム教を信じている方々(留学生など)と出会うことがある。
 イスラム教徒は,豚を口にしないので,食事に気を使う。
 この前,和菓子のくず桜をプレゼントしたら,「この透明なものは豚の脂じゃないか?」と質問を受けた。
 私は「くず桜」をどう英語で説明したらいいのか分からず,説明に苦労した。「ジャパニーズ,ティピカル,スィート,ビーンズ」(日本の典型的な甘い豆)・・・これって小豆の説明で,クズの解説ではないのだが,とにかく豚の脂ではないことを説明した。
 すると彼は安心してくず桜を食べて「甘くておいしい」を連発していた。

 その彼からは,イスラム教の寺院の礼拝に参加しないかとのお誘いを受けた。
 ものは試しで行ってみようかとも思うのだが,日程が合わず延期となっている。東京などでは大規模な礼拝も行われているようだ。

 私の知る限り,イスラム教徒の留学生の方々は,みんな穏やかである。

 自爆テロなんてことに,自分の命を使うことを,アラーの神は望んでいないと思う。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-16 01:36 | 時事 | Comments(0)

お役所仕事

今日の午後,旦那は仕事で,ある町を歩いていた。



 すると,道路上に車に轢かれた猫の死体が横たわっていた。

 旦那は,町役場に電話して,猫の死体の存在を伝え,その引取りを頼んだのだそうだ。

 町役場からの回答は「猫の死体は引取りに行きますが,実際に行くのは,連休明けの火曜日になります。」とのことであった。

 旦那は「この炎天下に猫の死体を4日間も放置しておくのは,衛生上も教育上も問題があると思いますが」と町役場に食い下がったそうだが,「今日の回収は終わったので」と言うばかりであったそうだ。



 しびれを切らした旦那が「私が猫を斎場まで持っていくから,引き取るということはできないのか?」と言ったら「そうなると,あなたが斎場使用料を払わないといけなくなる。」と言われたそうだ。



 旦那は,結局猫を自分で斎場に運び,1,050円を斎場に支払ってきた。



 今後,払った1,050円の返還を求めて町役場と交渉するそうである。

 私は,旦那の交渉力では,行政になんて太刀打ちできるはずがないと思っている。

 旦那が何度も行政と交渉することにより,行政が問題意識を持ってくれて,少しでもシステムを改善してくれれば,ありがたいと思う。



 旦那が斎場に連れて行った猫が,虹の橋で楽しく過ごせることを祈っている。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-15 01:35 | 日常 | Comments(0)

効果は何?

1889年の日本



2月9日(東京)、東京全市は11日の憲法発布をひかえてその準備のため、言語に絶した騒ぎを演じている。
 到るところ奉祝門、照明、行列の計画。
 だが滑稽なことには、誰も憲法の内容をご存じないのだ。



 このベルツ日記は,高校の日本史に出てきた。



 私らは,当時の日本人の滑稽なさまを苦笑したものだ。



 それから116年

 昨日,知床半島が,世界遺産に登録されたとの報が伝えられ,テレビでは,羅臼町や斜里町からの生放送で,これをお祝いした。



 しかし,世界遺産に登録されたということは,いったいどういう意味があるのだろうか?

 世界遺産に登録されたことの効果がよく分からない。



 日本で3箇所目の世界自然遺産とのことで,そのほかには屋久島と白神山地が指定されているとのことであるが,屋久島や白神山地が世界自然遺産に登録されて,何がどう変わったのであろうか?

 これもよくわからない。



 数十年後の歴史教科書には,我々の行動が滑稽に描写されることになるのだろうか?
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-15 01:34 | 時事 | Comments(0)

巻き添え

札幌・中央区で警官の流れ弾通行人に 車窃盗男に刺され発砲 22歳会社員重傷

 十三日午前一時二十分ごろ、札幌市中央区南一西一付近の路上で、道警機動捜査隊の男性巡査(23)が、盗んだRVで逃走中の男ともみ合った際に刺され、拳銃を二発発砲した。二発目の銃弾が男の左肩を貫通、付近にいた同市北区西茨戸一の一、会社員鈴木一喜さん(22)の右脚に当たって太ももの骨を折り、二人とも重傷。巡査は防刃衣(ぼうじんい)を着ていたが、腹などに軽傷を負った。

 札幌中央署は殺人未遂の現行犯で、この男を逮捕。調べによると、男は住所不定、職業不詳田代健一容疑者(30)で、あいまいな供述を繰り返しており、道警は、覚せい剤を使用していた疑いもあるとみて調べている。

 道警監察官室によると、道警警察官が容疑者に発砲したのは、二○○三年四月、旭川中央署員が暴力団員の少年(19)を逮捕する際に、威嚇のため上空に発砲して以来。

 札幌中央署によると、田代容疑者は十三日午前一時十分ごろ、中央区南三西三で、盗んだRVで走行中に信号待ちの軽乗用車などに追突。軽乗用車の同市手稲区の女性(20)が首にけがを負った。

 同容疑者がRVから飛び降りたため、車両で追跡中の警察官二人のうち、巡査が降車して追跡。同区南一西一の駐車場内で格闘となり、同容疑者は刃渡り約十八センチの包丁で巡査の腹などを四回刺した。

 同容疑者はその後、信号待ちの車数台に駆け寄り、ドアを開けようとしたほか、逃走を続けたため、巡査は警告後に、同容疑者に二発発砲した。

 二発目の発砲の際、巡査と容疑者の距離は約五メートル。鈴木さんは同容疑者の約十メートル背後を歩いていた。

 巡査は鈴木さんの負傷に気付かず追跡し、同容疑者を逮捕した。

 道警監察官室の木葉孝室長は「拳銃の発砲は凶悪犯を逮捕するためで、適正、妥当な使用と判断している。けがをした被害者には、申し訳ないと思っています」としている。(北海道新聞)



 恐れていた事態がついに起こってしまった。警察官の拳銃使用の要件が緩和されたときから,このような事態が発生することは想定されていた。



 今回,警察官の拳銃使用は,適正だったと警察は発表している。

 しかし,警察が発表している事実がそのまま真実であるとは限らない。真実が何であったかを判断するのは裁判所である。



 ただ,今回警察官は腹部などを刺されており,犯人はかなり凶悪であったことが覗えることは確かだ。



 ただ,犯罪に全然かかわっていない方が警察官が発砲した拳銃で大腿部を撃たれ,重傷を負ってしまったのは紛れもない事実である。



 流れ弾に当たってしまったは,被害を誰に賠償又は補償してもらえるのだろうか。

 警察官が発砲する際,後方の被害者を確認しなかった点に過失があると判断された場合には,北海道が国家賠償義務を負う。

 しかし,警察官に過失がない場合(具体的状況では後方に人がいると予見できなかった場合とか,犯人を狙撃するほかに,二次犯罪を回避することができなかったと判断された場合)には,国家賠償は難しいのだという。しかも,裁判になった場合には,被害者が警察官に過失があったことを立証しなければならないのだという。



 この構図は,予防接種の構図とそっくりなのだ。

 予防接種は,それを行った医師に(児童の健康状態が悪かったと判断できたのに漫然と接種したなどの)過失があれば国家賠償を請求可能だが,そうでない場合には,国家賠償は不可能だと言われてきていた(今では,半ば強引に「過失」があったと認定することによって,予防接種については被害の司法救済を図っている。)。

 被害者には何ら落ち度がないのに,国家行為によって生命身体が害され,それについて誰も賠償・補償もないということを不条理と言わずに,何が不条理なのかと思う。



 今後も,警察官が拳銃発射を余儀なくされる事件が増えることが予測されている。

 そうである以上,無関係な方に流れ弾が当たることも予想される。

 そればかりでなく,警察に協力する趣旨で犯人に向かった方を,警察官が犯人一味の者だと誤認して狙撃するような場合も考えられる。



 そうである以上,万が一にも犯罪と無関係な方々に,流れ弾が当たった場合には,その方々への補償を万全なものにする法律上の手当てが必要だ。



 無関係の方々への万全の補償がなければ,雑踏内の凶悪犯罪に対して警察官も拳銃で対抗することを躊躇するだろう。また,警察官の撃った拳銃に当たったのに,泣き寝入りなんてことになったら,警察への信頼もなくなるだろう。



 万全の法制度が1日も早く整備されることを切に願う。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-14 01:31 | 時事 | Comments(0)

マヌケなサスケ

サスケ岩手県議、試合会場への足代「政務調査費」で

 覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議会議員(35)が、プロレス会場までの新幹線代を、県議会の政務調査費から「鉄道調査」名目で支出していたことが、12日わかった。

 サスケ県議は「列車の混み具合などを調べるために政務調査として乗った。県民の理解も得られると思う」と話している。

 サスケ県議によると、昨年10月16日、県が普及を進めるペレットを燃料とするストーブの調査で同県二戸市にある県の出先機関を訪問。そこから、自らが取締役を務める「みちのくプロレス」の試合がある秋田市へ、JR二戸―秋田駅間で新幹線を使った。

 その時の運賃と特急料金(グリーン席)の計9600円を「鉄道整備に関する調査事業」名目で政務調査費から支出し、県議会に報告していた。

 政務調査費は「議員の調査研究に資するため必要な経費」として地方自治法で交付が認められている。岩手県議会では1人に月額31万円が交付され、領収書を添付した報告を義務づけている。あまった分は議会に返還する。

 岩井奉信(ともあき)・日大教授(政治学)は「税金から支出される政務調査費は、一般人から見て納得させられる使い道でなければいけない。鉄道の調査というのはだれが考えても変だ」と話している。

(読売新聞)


 本当に混み具合を調べるのであれば,通勤時間帯に,盛岡近辺の普通列車に乗るべきだろう。
 地方都市は,運転本数が少ないため,通勤通学時間帯の混み具合は結構ひどいものがある。
 だから,通勤通学時間帯に電車の増発をJRに求めるための調査にと,普通列車に乗るというのは,納得できる。

 しかし,東北新幹線の二戸→盛岡のグリーン車に乗って,何で混み方が分かるのか? 理解し難い。

 言い訳は,もう少し上手にしようね。

 それにしても,議員視察なんてものは,大抵は物見遊山であり,果たして県政の役に立っているのだろうか?

 数時間の視察で,物事が分かることなんて,ほんとに少ない。
 病院には,「1日職業体験」みたいな企画が結構多いが,誰だって,1日間の職業体験で,病院の仕事が分かるとは思っていまい。

 議員さんだけは,それができるのだろうか?
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-13 01:29 | 時事 | Comments(0)

期日前投票

静岡県では,24日に知事選挙がある。

 候補者は,4選を目指す,自治省上がりの官僚臭さがプンプンしている多選知事と,知事の4選阻止を公約に掲げる泡沫候補の2人だけだ(共産党は立候補を見送った。)。

 こんな選挙,やるだけ無駄といった感じだ。



 こんな選挙の投票率と,投票日現在の広島カープの勝率で,どっちが高いかを,賭けることにした。

 何故広島カープの勝率かというと,今日の朝刊によるとセリーグ最下位の広島カープの勝率が.421,パリーグ最下位の楽天イーグルスの勝率が.293ということで,楽天の勝率を賭けの対象としたのでは,さすがに賭けが成立しなかったためである。



 私は,広島が24日までにもう少し負けが込んで,.415ぐらい,投票率は.420かなと思い,投票率が上回るほうに賭けた。



 というわけで,少しでも投票率を上げなくてはと思い,先ほど旦那と「期日前投票」に行ってきた。

 24日は,私も旦那も仕事の予定なので,ものは試しと行ったのであるが,拍子抜けするほど簡単な手続で,投票ができた。

 当日の投票と違うのは,ただ1つ。最初に申込書の記入が必要なだけであった(印鑑不要)。



 これで,投票率を3万分の1%程度上昇させることとなったはずだ。



 ところで,賭けの内容だが,勝った者が負けた者をメイドとして1日利用できるというものである。

 勝てば,私の家の本棚整理,猫のトイレ掃除,アイロンがけetcをさせる予定である。でも負けたら,誰かの家でトイレ掃除や生ごみ処理をさせられるかもしれない。

 うーん,どうか勝ちますように。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-12 01:28 | 時事 | Comments(0)

滅びたOAグッズ

最近,医療現場で,EBM(Evidense Based Medicine)との言葉が使われている。

 要は,現在行われている治療方法などに,効果が見られるかを,統計学的に検証しようという動きである。



 出身医局が様々な医師が混在するような大病院では,同じ症状の患者様に対して,A医師は昇圧剤,B医師は降圧剤,C医師は薬剤を投与しないという指示を出したりするそうだ。

 そうだというのは,幸い私は,このような指示を受けたことがないため,伝聞だからである。



 あるときまで有効な治療方法とされていたことが,あるときから行われなくなることは,医療の世界では別に珍しいことではない。

 それまで,患者様に苦痛を強いていた治療方法に意味がなかったなんてことが判明することもあり,あの方の苦しみは何だったのだろうと思うときもある。



 EBMがないとされる典型例はマスクである。

 現在も,日本では,風邪の流行予防のためにマスクをするなんていう風習がある。ナベツネ新聞が開いている特定の掲示板なんかに行くと「マスク信仰」が根強いなと思う。

 マスクで風邪の流行が防止できるのなら,世界中でマスクが使用されているはずだが,医療現場以外でマスクを使用しているのは,東アジア地域だけである。

 マスクに風邪予防の効果はない(湿気で喉に潤いがもたらされ,それが風邪予防に効果があるという意見があるので,あると思う方々の使用をとめることはしない。でも,あの息苦しさ・ツバ臭さを我慢するだけの価値があるか疑問だなと思う。)。



 それと10年ぐらい前の一時期,パソコンを使う職場に「OAエプロン」という商品が置かれたことがあった。

 パソコンが発する電磁波から自分の体を守ることが売りだったこの商品,私の職場でも事務部の女性が何人も使っていた。

 エプロンの形からは,500円から1000円程度しかしないようなものが5000円前後で売られており,なかには1万円もするものまであった(私らが使用している看護師用エプロンは1,590円で,値段の差に驚いたものだ。)



 しかし,OAエプロンにはEBMがないとの報告が出され,急速に廃れた。

 今,私の職場では,誰1人OAエプロンなんて使っていない(事務部の更衣室に無造作に捨てられている。)。



 こちらは,パソコンに向かうときにエプロンをするという場違いな感覚も,利用を止める原因になったんだろうと思う。





 今日の常識は明日の非常識になるかもしれない。

 物事は何事も疑ってかかる必要があろう。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-11 01:23 | 時事 | Comments(0)

お坊ちゃま

日本道路公団の内田道雄・副総裁は6日、道路関係4公団民営化推進委員会の委員懇談会への出席を拒否している問題で記者会見し、橋梁メーカーに天下りした公団OBの団体について「報道されるまで知らなかった」と改めて強調した。懇談会で、そのことに疑問を呈した猪瀬直樹委員に対して「公然とウソつき呼ばわりされた。名誉を回復するために誠実な対応を求める」と反論した。

 内田氏は5月の懇談会で、OB団体の「かづら会」や橋梁談合組織の「K会」「A会」について聞かれ、「知らなかった」と答えた。猪瀬委員らは「知らないはずがない。業界情報として入るのは当然だ。あなたは今ウソを言っている。知らなければモグリですよ」などと疑問視。内田氏はこれを不服とし、その後の懇談会への出席を2度続けて拒否している。

 内田氏は会見で「根拠もなくウソだと言われたら、真摯な話し合いもできない」と反論。近藤剛総裁は出席を促していると説明しているが、内田氏は「明快な指示はなかった」と述べた。

 この問題で、公団に5日夕までの1日あまりで電話や電子メールなど約100件の意見が寄せられたが、「内田氏に批判的な意見が主だった」(広報)という。

 内田氏は68年に東大工学部を卒業して公団に入り、企画部長、関西支社長などの要職を歴任した技術系のトップ。猪瀬委員は「橋梁談合で公団が捜索を受け、現職幹部も事情聴取されている以上、内田氏は、公的な場で談合について語るべきだ」と話している。

(朝日新聞)



 この副総裁は,順風満帆に人生を歩んできて,人をバカにすることはあっても,人から指弾されたことはなかったんだろうと思う。



 だいたい,この人物,公的な立場と私的な立場の違いが全くわかっていない。

 日本道路公団の副総裁という地位にある人物が,道路公団の不祥事に絡んで,公の立場で批判を受けるのは当然である。

 猪瀬直樹から,「嘘をついている」といわれただけで,名誉毀損だとごねている姿を見ていると,惨めさだけが漂う。



 組織に身を置く者なら,誰だって嫌な取引相手・上司などから「名誉毀損」を受けるだろう。自分に責任がないことで罵倒されることも珍しくないと思う。

 それでも「私の名誉が毀損された。」と仕事をネグレクトすることが許されないから,みんな多少のストレスを抱えながらも,仕事を続けているのである。



 JR西日本の社長など,(自分の地位を勘違いして驕りたかぶっている横暴な)マスコミから罵詈雑言の限りを尽くされても,記者会見を続けた。

 もし,JR西日本の社長が,内田道雄だったら,どうなってしまったのかと思う。

「僕ちゃんの名誉が毀損された。だから,もう僕ちゃんはどこにも出ない。」なんて言っていたのだろうか?

 内田道雄に比べると,JR西日本の垣内剛社長は立派に見えてくる。



 純粋に筋だけで考えても,内田のしていることはおかしい。

 道路公団の官製談合の真実を解明することは,公的な利益である。

 そして,この解明のためには,道路公団の幹部が説明責任を果たす必要がある。

 だから,道路公団の責任者は,その席に参加する義務がある。



 その義務を免除されるためには,官製談合の解明という公的利益を上回る利益がなければならない。

 ここで,内田は,自分の名誉がそれに当たると主張するようだ。

 しかし,内田は公人であるところ,公人の名誉は公的利益の前には譲歩を余儀なくされる利益である。

 今回猪瀬が「嘘をついている」と主張したが,要職にある者がOB組織を知らないというのは,どう考えてもおかしい。だから,猪瀬の発言には(行儀の悪さがあるかもしれないが)それなりの根拠があるものと思われる。



 また,猪瀬の発言が名誉毀損に当たるとしても,内田の名誉回復の措置は,①猪瀬に対する処罰を求めて同人を告訴する方法 ②猪瀬に対して名誉毀損に基づ謝罪広告を求める民事訴訟を提起するなど,別途の方法が用意されている。

 そのため,内田の名誉は欠席以外の方法によっても守られるのである。



 したがって,内田の名誉の利益は,官製談合の真実解明という利益を上回ることはない。



 そうである以上,内田の行動には筋がとおらないということになる。



 こんな人物を「副総裁」と仰いでいる組織は,病理組織だということがよくわかる。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-10 01:21 | 時事 | Comments(0)

サッカー

横浜Mが“万博禍”に見舞われていたことが8日分かった。9日は午後7時から瑞穂陸上競技場で名古屋戦を行うが、その夜は愛知万博の影響で名古屋市内でチーム約30人分の宿泊予約が取れず、試合後に“強行帰宅”することになった。
 8日夜はチームは名古屋市内に宿泊。通常なら試合終了が午後9時をすぎる9日の試合後も宿泊して翌日に横浜へ移動するが、あいにくの土曜日。ホテル関係者によると万博期間中の稼働率は通常の15%増し。市内全域が満室状態で「団体で週末だと簡単には取れない」という。横浜Mはリーグ戦日程が決まった年頭から確保に動いたが、予約は取れなかった。
 岡田監督は「13日の千葉戦への影響?あるかもしれないが、(宿が)取れなかったんだからしようがない」とポツリ。中断明けから連勝し、波に乗りかけた矢先。今後に影を落とさなければいいが…。
[ 7月9日 10時20分 更新 ]






 横浜マリノスの皆さん,お疲れ様です。

 まさか,ホテルが取れないなんて,予想外のことだと思う。

 仕方なく当日のうちに帰宅するということだが,名古屋発の最終ののぞみは22時9分。間に合うのだろうか?

 それとも,バスで夜の東名を激走するのだろうか?



 静岡市にもJ1の清水エスパルスがあるので,静岡駅前のホテルの前には,ときどきJリーグのチームのバスが停まっていたりする。

 セレッソ大阪のピンクラッピングバスなんかは,結構目立つ。



 そういえば,私はしばらくサッカー観戦に行ってない。

 サッカーは,「清水」「磐田」を応援している。磐田と清水で年間王座を争った年もあり,両方とも強かったのだが,今は両方ともパッとしない。

 中山雅史もさすがに老朽化してきたし。



 野球のほうは負けることが織り込み済みの横浜を応援しているのだから,サッカーぐらいは勝ってほしいと思うのだが,どうも私が応援すると,そのチームは弱体化してしまうようだ。



 最後に,デイリースポーツは,阪神が勝つと「ー」のところが虎模様になるとのことだが,ホントかな?
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-09 01:19 | 時事 | Comments(0)

狼少年

 今日の昼休み,くつろいでいたら,かかっていたテレビからニュース速報を知らせる音が鳴った。

 昨日,ロンドンで同時多発テロが起こった直後だけに,何事かと思ってテレビに駆けつけた。



 そうしたら「ロンドンオリンピックで野球とソフトボールが競技から外れる」とのニュースであった。



 こんなニュースをニュース速報で知らせるだけの価値があるのだろうか?



 ビデオ又はDVDで録画しているドラマ(しかもクライマックス)のシーンで,どうでもいいようなニュース速報が画面上部に写っていることが,あれはなんとかならないのかと思う。



 それよりも,最近ニュース速報が多すぎるような気がする。

 こんなに多発させていると,本当に速報が必要な情報のときに,画面を見てもらえなくなってしまうのではないか。狼少年の寓話のように。



 定期番組に割り込むわけだから,そけだけの価値があるものに速報は限定してほしいと思った。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-08 01:16 | 時事 | Comments(0)

だんごさんへ

だんごさんの7月5日のドリコムでの日記に対するレスです。ちなみにだんごさんのドリコムでの日記は



http://blog.drecom.jp/happa64/



です。

 引用についてだんごさんの許可は得ていませんが,意見表明についての引用ということでお許しくださいね。ただ,ちょっと気になるので,JO友にだけ公開ということにしますね。



(だんごさんの御意見)

>衆議院議員は何で代議士って呼ばれているのか?
地域の意見を代弁して国の施策に反映するからだし、それが根本にあっての党派でしょう!
地元の意見を忠実に反映させて更迭されたり処分されるって・・・
何か間違ってますよ。



 実は,憲法は,国会議員が,地域の意見を代弁することを認めていないんです。

 国会議員(衆議院議員も参議院議員も)は,全員等しく「全国民の代表」であって,選挙における選出母体の代表ではないのです。

 そして,議員は議会において,自己の信念のみに基づいてのみ発言・表決し,選挙区や後援会などの指示などには一切拘束されないのです。



 何故こんな制度が採用されているのかというと,1つは,統一的国家意思の形成のためです。

 国会は国家意思を統一する場なんです。そして,国家意思の統一のためには,妥協を必要とするところ,国会議員が選出母体からいちいち指示を受けていたのでは,妥協もままなりません。そうすると,国家意思が統一できないからです。



 もう1つは,少数者の人権保護のためなんです。

 国会議員は,選挙に勝利したわけですので,多数者の支持を受けているわけです。ここで,国会議員が支持母体の意見を聞いてばかりいだのでは,少数者の意見を全く国政に反映することができず,人権侵害が起きてしまうことになるのです。

 そのため,国会議員が多数者からの意思に縛られることから解放することによって,少数者の意見も尊重できるようにして,少数者の人権を保護する役割を果たしているのです。



 国会議員にリコール制度がないのは,そのためなんです。



 ですから,国会議員は,選挙区の地域の意見を代弁してはいけないということになるのです。

 したがって,国会議員が地元の意見を忠実に反映するために国会で反対票を投じたというのであれば,その考え方は憲法に反するということになるんです。



 一方,郵政民営化を阻止することこそが,全国民のためになると考え,反対票を投じたのであれば,それは国会議員として,憲法上からは正しいということになります。



 じゃ,国会議員として正しいと思って行動したのに,自民党の中で懲罰を受けるのかおかしいのではないかとの批判もあるでしょう。



 でも,政党というのは,政治的な志を同じくする者同士が自分の意思で集まって,団体を作っているわけで,そこには団体の自主的にルールが存在するのです。そして,団体に所属する者はそのルールに従わなければなりません(そのルールが嫌なら自民党には入らないということになります。)。



 自民党では,党内の手続を経て決めたことには,一致団結して行動するというルールがあり,それを破ることは認められていません。



 この造反した国会議員は,このルールに反したのですから,自民党の中で懲罰を受けるのはやむを得ないということになるんです。



 現実は,国会議員はどう考えても後援会の意思に左右されているので,憲法の理念と現実が一致しないのですが,理念上はそういうことになるんです。



 一応,国家公務員採用第Ⅰ種試験を法律職で合格しているので(憲法について論文式試験もありました。),だいたいのところはあっていると思います。 



 ただし,間違っていても私は一切の責任を負いませんので,悪しからずご了承ください。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-07 01:14 | その他 | Comments(0)

国体

2012年のオリンピックは,ロンドンに決まった。EU域内では,92年のバルセロナ,04年のアテネ,12年のロンドンと,20年間で3回オリンピックが開催されることになる。



 92 バルセロナ

 96 アトランタ

 00 シドニー

 04 アテネ

 08 ペキン



 オリンピックの場合には,開催地を思い出すのにさほど苦労はしまい。

 これと対照的なのが,毎年,「スポーツの祭典」として開かれている国民体育大会というものだ。

 00 富山

01 宮城

 02 高知

 03 静岡

 04 埼玉

 05 岡山

 が開催地なんだそうだ(日本体育協会のHPより。)。

 静岡県民の私は,03年に国体が行われていたことを覚えていない。

 出身地の福島は95年に国体を実施したそうなのだが,こちらも全然知らない。

 これほど注目度が低い「全国大会」というのも珍しいのではないか。



 ひょっとしたら,体育会系の部活に入っている高校生には知られているのかもしれないが,インターハイのほうがまだ注目されているような気がする。



 国体を実施することと,国民のスポーツに対する意識を高揚することとの間にどんな脈絡があるのだろうか?

 私には理解しがたいものである。



 また,国体に有名な選手が参加しているなんてことは全然聞かない。

 国体がオリンピックの前年に開催され,定員1名の競技は国体で優勝すれば代表権を獲得できるなんてことにでもなっていれば,オリンピックを目指す有名選手が国体に一同に会することになり,盛り上がるだろう。でも,そんなことにはなっていないようだ。



 今年は,岡山の学校や企業から,開会式のセレモニーに向けた動員(さくら)があるんだろうな。

 また,開会式のマスゲームに動員される児童生徒が,指導役員の教諭から,スピーカーで怒鳴られるんだろうな。



 本当に,国体なんて必要なのだろうか?
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-07 01:11 | 時事 | Comments(0)

時代劇

静岡朝日テレビ(テレビ朝日系列)の先週の番組



10時30分 必殺仕事人Ⅴ   主演藤田まこと

16時00分 はぐれ刑事純情派 主演藤田まこと

21時00分 はぐれ刑事純情派 主演藤田まこと



 藤田まことファンの主婦には至福の1日だったと思うが,いくらなんでも芸がなさすぎやしないか?



 共演者がダブってしまうのならともかく,主演が3度も登場してくるわけだから・・・



 私は時代劇など全く見ないのだが,時代劇には根強い人気があるようだ。単純な勧善懲悪,それこそが見ていて楽しいところのようである。



 刑事ドラマも同様だろう。



 その意味で,時代劇や刑事ドラマとアンパンマンには共通するところがあるのだろう。



 私などは,水戸黄門の主人公徳川光圀の年齢になると頑固になり,自分が「こいつが悪人である。」と決め付けてしまったら,決め付けられた人物がどう弁解しようと「光圀はそちの悪行をしかと見届けておるぞ」と聞く耳を持たず,切腹を命じてしまうのだろうなどと考えてしまう。



 お奉行様が直接犯罪の現場に乗り込む「金さん」なんて,たまたまその現場に正当な商取引で来ていた商人も,みんな「打ち首」になってしまうんだろうな。



 将軍様から直々に「腹を切れ」なんて言われたら,どんな弁解も通用しまい。



 時代劇は,中間権力層が悪事を働き,最高権力者は悪事を働かないことになっている。

 実際は,最高権力者が悪事を働くものなのだが。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-06 00:55 | 時事 | Comments(0)

予防接種不祥事4

期限切れポリオワクチン、3乳児に接種--鈴鹿の診療所 /三重

 ◇「副作用はない」
 鈴鹿市内の診療所が、有効期限を2日過ぎたポリオ(小児まひ)ワクチンを生後8~10カ月の男児3人に誤って接種していたことが分かった。
 市健康づくり課によると、3人は今年5月17日の予防接種で、1人当たり0・05ミリリットルのワクチン投与を受けた。市が先月20日、診療所提出の書類をチェックした際、期限切れの投与を発見。担当医が3人の保護者を訪ねて謝罪した。「副作用などはない」と説明しており、健康状態の異状を訴えている男児はいない。
 原因は不明で、市は医師会に対し、厳重に注意して予防接種をするように要請した。【中村宰和】〔三重版〕
7月2日朝刊 (毎日新聞)



 この前,福島県の郡山市で同様の不祥事を起こしたばかりなのに,この有様だ。

 業務上過失傷害容疑で,告発でもしてやろうかと憤っている。



 これらの接種を担当した医師・看護師らは,基本を忘れすぎである。



 何度も書いているが,ワクチンの有効期限なんて,アンプルにバーコードを張って管理しておけば,それだけで防げる内容のものである。

「予防接種を受けない」と言っている方々に接種をするように推奨するための訪問なんかしている予算があるのなら,その分をワクチンの管理費用にまわせ。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-06 00:53 | | Comments(0)

こんな会社は消えればいい

新たに不当な保険金の不払いが発覚した明治安田生命保険は5日、本来支払うべき保険金を払わなかったケースは、2001年度以降の4年間だけで、1000件程度に上るとの見通しを明らかにした。
 2度にわたる不払いの発覚で、明治安田生命の信頼が一層失墜することは避けられない状況で、記者会見した金子亮太郎社長は「多大なご迷惑をかけたことを深くおわびする」と陳謝。「今期中に辞めることになる」と述べ、年度内に辞任することを表明した。
 また、15日付で就任する予定だった生命保険協会の会長職についても「明治安田として引き受けるべきではない」と言明。会長職の辞退するとともに、他生保に引き受けてもらうよう今後要請していくことを明らかにした。
 金融庁は明治安田生命に対して2月に違法な営業があったとして業務停止命令を出している。金融庁は現在、明治安田生命の検査に入っており、厳しい行政処分を検討する。

(共同通信)

 こういう会社は,即刻消えてしまえばいい。

 本来支払うはず契約を1000件も支払わないというのは,組織的詐欺である。

 どうしようもなくふざけた組織なんだろうなと思う。

 旦那も私も,生命保険契約は締結していない。こういう生命保険会社に自分の死後の家族の生活を守ってもらえるとは到底思えないからである。


 マイホームを建てたい人は生命保険に強制的に入らせられることになるだろうが,あのような仕組みが自殺を誘発しているとしか私には思えない。
 私たちにはマイホーム願望はない(まあ,あっても建て
られないのだから,なくて丁度いいというところだろうか?)。だから,生命保険には入らなくてすんでいる。


 そうそう,ここからは処世術。
 生命保険会社から,生命保険金を確実に払わせるための方法は簡単だ。
 滞納した税金の支払の担保として,国(税務署)を債権者とする質権を設定させるのだ。
 明治安田生命の経営陣はヒラメだから(要は行政官庁しか見ていない),行政官庁がお怒りになることはしない。
 だから,生命保険金はしっかり入ってくることになる。
 国金とか住金ではなく,必ず税務署を債権者とすることがミソである。

 相手方が組織的に詐欺を行うのであれば,一市民も「虎の威を借る狐」になればいいだけのことである。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-05 00:51 | 時事 | Comments(0)

233対228

郵政民営化法案は,衆議院で233対228で賛成派が多数となった。



 私は,小泉の民営化=ばら色の未来という考えも,反対派の民営化=全国一律のサービス瓦解という構図も支持していないが,聞いている限り,反対派の主張には説得力が欠けているように思えた。



 だいたい,民営化すれば,全国一律のサービスが維持できなくなるという考え方が支持できない。

 ヤマト運輸など,小笠原諸島だろうと,与那国島だろうと,全国津々浦々まで配達サービスを請け負っている。去年八丈島を突然旅行したときに,島内を走り回るヤマト運輸の軽トラックの多さに驚いたものだ。

 荷物の宅配を頼んだら「そこは過疎地だから受け付けていません。」なんて言われ続ければ,そんな会社には荷物を頼まないだろう。



 簡易保険だって,申し込み者が郵便局に行くという,これまでの考え方ではなく,電話1本でお客様を獲得に行くという姿勢が必要なのではないか。



 そういう点で考えると,民営化反対論者があれだけ強固なのは,特定郵便局の利権擁護なのではないかと思ってしまう。



 今後,審議は参議院に移る。

 ふと考えたのだが,参議院でもし否決されたら,首相はどうするのだろうか?

 衆議院で否決されたのなら,内閣が衆議院を解散するというのはわかる。

 しかし,参議院で否決されても,内閣は参議院を解散できない。代わりに衆議院を解散したのでは,衆議院議員はとんだとばっちりだと思う。



 そして,衆議院を解散しても,参議院の構成は変わらないから,同じ法律案を提出する限り,参議院の壁を突破できない(衆議院で3分の2以上の多数で参議院の議決を覆すだけの議席を取れば参議院の壁を突破できるが,3分の2なんて議席を獲得することは無理だろう。)



 明日の新聞の政治面で,どう解説されるか,注目してみよう。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-05 00:49 | 時事 | Comments(0)

野菜価格

今,野菜の値段がすごく安い。キャベツ・レタス・ブロッコリー・茄子などが,嬉しい価格で手に入る。



 野菜好きの私としては嬉しいが,生産農家の皆さんは大変だろう。

 「生産調整」のためにと,トラクターがキャベツを押しつぶす場面を光景を見るのは複雑だ。



 資本主義国家では,価格は需要と供給のバランスで決まる。供給が多くなれば価格が下がり,これ以上供給するとかえって赤字になるというラインに達すれば,供給者は供給をストップする。ミクロ経済学の典型的な見本を見せてもらっているようなものだ。



 これに対して,道路公団に典型的に見られる談合経済。

利権に巣食う病理社会の典型である。



 談合で利用料を釣り上げられた高速道路。適正な競争が行われれば,高速道路の料金は随分安く済むはずだった。

 こういうところに高い利用料を支払わされるから,これ以上供給するとかえって赤字になるラインが上がる。



 つぶされたキャベツの何割かは,道路公団の談合がなければ,きちんと食卓に並んだのだろう。



 そういう点でも,談合の罪は重い。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-04 00:48 | 時事 | Comments(0)

国賓か?

3日,長嶋茂雄氏が,東京ドームに野球観戦に来たとのことで,テレビなどは大騒ぎだったようだ。



 脳梗塞を患い,右手がほとんど動いていないのが気になるが,元気そうな姿を見てほっとした方も多かったと思う。



 しかし,そんな大騒ぎをする必要があるのかということが,疑問である。



 まるで,国賓を招いているかのような大騒ぎには,閉口する。

 日テレは,尊敬語を使って放送していたそうだが,ちょっといただけない。丁寧語で十分だろう。



 特定の個人を必要以上に崇め立ててしまうことは,その方にとっても不幸なように思う。



 快復はお祝いしつつも,それはもう少し静かにお祝いしてあげたほうがいいのではないか。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-03 00:47 | 時事 | Comments(0)

怖いんだろうな

政府の規制改革・民間開放推進会議(議長・宮内義彦オリックス会長)は7月末にまとめる中間報告に、NHKを念頭に置いた「公共放送のあり方(受信料制度の見直し)」を盛り込む方向で検討に入った。総合テレビなどの地上波放送で、受信料を支払った世帯にだけ見せる「スクランブル化」の実現に向けた議論を深める考え。NHKは放送の公共性を保つ観点からスクランブル化に否定的な立場を貫いており、議論を呼びそうだ。



 中間報告に向けて作成された素案によると、テレビ受信機の設置と同時に受信契約義務が生じる現在の放送法の規定(32条)を問題視。受信料を支払っている人と不払いの人などとの間で公平性を保つためには、スクランブル化の導入に向けた検討を本格化させるべきだとしている。



 規制改革会議は、05年度の重点検討課題の中で、「通信と放送の融合」について「既存の業態や制度などにとらわれることなく、規制の見直し等を行う」としていた。今後、焦点をNHKに限定し、一連の不払い問題などが顕在化した受信料制度の見直しを正面から取り上げる方針だ。

 NHKの受信契約数は04年度末で前年度比28万件減の3662万件と初めて前年度割れし、受信料も74万件余りに達した不払い・保留の影響で同1.1%減の6410億円だった。 (朝日新聞)



 NHKは,公共放送維持の観点から,スクランブル化に反対しているのだという。

 しかし,災害の時などは,民放でも「報道特別番組」を放送するものである。阪神大震災のとき・アメリカ同時多発テロのときなど,民放もすべて通常の番組を変更していた。

 公共放送でなければ,いざというときの報道を担えないという論法は,民放に失礼だと思う。



 一方,民放はスポンサーの意向に従った番組作りをしなければならないので,真実が曲げられる可能性があるとの議論もある。

 たしかに,大量の広告収入をもたらしてくれる,消費者金融の問題点など,民放は全然放送してくれない。アイフルの子会社の代理人として悪名高い弁護士など,民放で引っ張りだこだ。

 でも,だからといって,NHKが中立公正な報道をしているのかといえば,甚だ疑問だ。

 だから,公共放送だから中立公正などという議論は成り立たない。



 それなのに,スクランブル化をNHKが嫌がる理由は,自分たちが作っている番組を視聴してもらう自信がないのだろう。

 今は,どんなにくだらない番組を作っていても,受信料収入が入る。

 しかし,スクランブル化したら,くだらない番組を作ればすぐに受信料収入が入らなくなる。

 それが怖いんだろう。



 自分で見たい番組は,お金を払ってでも見るが,見たくない番組が放送されていれば,お金を払わない。

 消費者にそういう選択がないほうが不思議だ。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-03 00:45 | 時事 | Comments(0)

年齢制限

<不合格>理由は年齢?55歳主婦、群馬大を提訴

 群馬大医学部(前橋市昭和町3)の今年度入学試験で、年齢を理由に不合格にしたのは不当だとして、東京都目黒区の主婦(55)が大学を相手取り、医学部医学科入学の許可を求める訴えを6月30日までに前橋地裁に起こした。
 訴状によると、主婦は今年度入試で医学部医学科を受験したが不合格となった。群馬大に個人情報の開示を請求すると、主婦のセンター試験と2次試験の総得点が、合格者の平均点を上回っていたことが判明。
 入試担当者に説明を求めたところ、55歳という年齢が問題となったという説明を非公式に受けたという。原告は「年齢を理由とした不合格判定は合格判定権の濫用」と主張している。
 群馬大総務課は「事実関係を調べたうえで対応を検討したい」と話している。        (毎日新聞)



 今年4月から個人情報保護法が施行され,誰でも,国や独立行政法人等の実施機関に対して,自己に関する情報の開示を請求することができるようになり,原則として,実施機関はこれを開示しなければならない。

 群馬大学(法律上の正式名称は「国立大学法人群馬大学」)も個人情報保護法の実施機関であるから,本人から入試の情報の開示を求められたら,これを開示しなければならない。

 群馬大学は,そういうことを全く考慮していなかったのであろう。脇が甘いというほかはない。



 入試は,公平でなければならない。不合格者は,公平な競争に敗れたのだから仕方がないと納得できる。

 入試の点数が,合格者の平均点を上回っているのに,不合格というのは,公平とはいえない。

 もし,年齢が入試の結果に影響を与えるのであれば,入試の点数以外に「考慮すべき事情」があることの内容として明記すべきである。しかも,これを明記することに難しいことはない。

 それなのに,それを怠ったのであるから,入試の公正を害するとの批判は免れまい。



 一方,大学側が入学を拒否した理由はこんなところだろうか?

① 医師として活躍できる可能性が低いこと

この主婦が,医師国家試験の受験資格を得られるのは,早くて61歳のときであり,研修が終了するのは63歳のときである。

 この年齢になってから,医師として独り立ちするのは大変だと思われる。



② 社会的損失が大きいこと

 また,国が医師を養成するために多額の補助金を出しているところ,18歳の人間に補助金を出せば,普通は出した補助金に見合った社会的貢献をしてくれるものと思われる。これに対して,55歳の人間に補助金を出しても,それだけの社会的貢献が得られるか疑問があるものと思われる。



 でも,①の理由は事実上のものにすぎない。たしかに,手術を連日担当する外科医などには向かないかもしれないが,婦人科の精神ケアを専門とする医師なら,社会経験を積んできただけ,多方面から物事を考えることをができるかもしれない。



 また,②の理由は,本末転倒の理由である。医学部に入学したから補助金を受けられるのであり,補助金を受けるために医学部に入るのではない。

 そして,補助金は個人ではなく,教育機関に与えられるものであり,入学を希望する者にとっては,あくまでも間接的に受けるものにすぎない。



 そうすると,理論的には主婦のほうに分があると思われる。



(こっからは医療現場にいる者の立場としての考え)

 最近,看護大・看護専門学校に,三十歳代以上の入学希望者が多い。

 私の母校にも,入試を受ける方は結構おり,入学者も若干いるようだ。でも卒業後に就職できるかというと,なかなか大変なようだ。

 看護師の場合,就職3年目で後輩を担当することが多いが,24歳で40歳を指導するのは,なかなか難しい。

 そして,患者様には,24歳のほうが新人にしか見えまい(ネームプレートに看護師になって何年目なんてことは記載されていないし,新人さんに若葉マークなんてついていない。)。



 まして,医師ともなると,指導に当たる医師も大変だろうし,看護師など現場にいる多くの方も,苦労すると思う。



 実際,永年看護師や技師として携わっていて,看護師の限界を感じて医師を志したというのであれば,現場に入ってもある程度のことはできるだろう。

 そうでなければ,現場で仕事をすることは難しいと思う。



 そのため,現場にいる者としては,群馬大学の考えを理解できる。



 今後の裁判のなりゆきを注目したい。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-02 00:42 | 時事 | Comments(0)

浜松市は長野県と隣接

今日,浜松市が11市町村を合併して,巨大になった。北は長野県と隣接している。



 JR飯田線に乗ると,山間部で浜松市に入ることになる。浜松といえば,浜名湖とかうなぎとかが有名なのだが,そんなものがイメージできない場所が,浜松市ということになる。



 市町村は,小さすぎるのは問題だと思うが,大きければいいというものでもあるまい。



 大きすぎる合併は,今後いろいろな禍根を残しそうな気がする。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-07-01 00:41 | 時事 | Comments(0)

警察vs知事

報償費停止で捜査に支障、警察庁長官が宮城県知事非難

 警察庁の漆間巌長官は30日の定例会見で、宮城県の浅野史郎知事が県警の捜査用報償費の執行を停止した問題に触れ、「一線の捜査活動に大変な支障が生じている」「知事は、県民の安全、安心を守るという治安責任を果たしていないのではないか」と厳しい口調で非難した。

 元県警幹部が昨年4月、不正な裏金があったと告発した直後、県警が内部調査に乗り出し、今年4月、「不適正な執行はない」とする結果を発表した。

 これに対し、知事は、報償費を払った協力者について、会計書類に記載した氏名を黒塗りせずに提出するよう要求。県警が拒否したため、6月27日から、今年度の報償費約2300万円のうち未執行分約1600万円の支出を取りやめている。

 この日の会見で、漆間長官は「知事は、今の警察制度が、政治的中立性を担保することで成立しているのをご存じなのか。知事は公安委員会を所轄しているが、警察の運営に介入できない仕組みになっている」と指摘した上で、「協力者に関する文書を見せろと言っているが、これはまさに警察活動全体への介入そのもの」と痛烈に批判した。

 また、「協力者の保護は捜査の大原則で絶対、譲ることは出来ない」とする一方、会計文書の黒塗りについては、「(知事や県の監査委員が)直接、会わないということであれば、(黒塗りは)必要ない」などと妥協の余地があることも示唆した。

(読売新聞)


 私は,この警察庁長官の主張に賛成できない。
 これまで,警察庁は,国家公安委員会という正体不明の緩衝材を利用して政治的圧力を阻むことにより,数々の不祥事を起こしていたことに対して,国民が不信感を抱いているということへの危機感が,警察庁長官にはないのだろう。

 新潟で9年2ケ月も監禁されていた女性が発見されたとの知らせを受けたとき,新潟県警本部長は,先輩と賭けマージャンをしてした。
 こういうことの反省がまるでないまま,声高に警察の政治権力からの自由を解いても,国民の支持を得られるとは思えない。

 浅野知事は,警察権力に対して,知事権力を正面から用いることで人気を博してきた人物であるから,その手法が批判されることもあろう。
 しかし,警察は公金を不正に使用しているとの内部告発が次々と現れる今日においては,浅野知事のような手法のほうを支持することになるのである。

 捜査協力費で支出した費用は,せめて刑事手続終了後は公にされるような仕組みを整えることは,公金を使っている者の義務だと思う。


 追伸 生まれて初めて,1月にわたって日記を書き続けられた。異常気象の原因は私か?
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-30 00:39 | 時事 | Comments(0)

知事選

 静岡県では,来月24日に県知事選挙がある。



 4選を目指す現職vs泡沫候補数人という典型的な「信任投票」型の選挙である。

 3期12年では短すぎるという現職もどうかと思う。そして,現職は元自治省の官僚だから手堅いのかもしれないが,政治的には実につまらない男である。

 それにもまして,対抗軸がまた情けない。泡沫候補が何人集まっても所詮泡沫候補だ。



 県の選管は「惨めな投票率」になることを阻止するべく,県内の大学に投票の大切さを呼びかけるための映画の上映会を開いているそうだ。

「何もしないよりはいいだろう。」とのことなのだろうが,わざわざ大学生に,こんなことまでしなきゃならないことが,悲しい。



 ただ,投票率が高いことが,いいこととはいえない。旧ソ連なんかは投票率が95%を超えていて,しかもほとんど100%の得票率を獲得する候補者がゴロゴロしていたものだ。

 こんな制度はゴメンだ。だから,棄権の自由というのも保障される必要はあろう。



 私は,今まで1度も棄権したことはなく,公職選挙で22票を投じている(衆・参議員選挙の場合は2票とカウント)。日曜が勤務日になっているときは,ちゃんと不在者投票(期日前投票)に行った。

 私は,いわゆる白票を投じることも多い。



 わざわざ,不在者投票(期日前投票)に行って,白票を投じることに意味があるのか?との疑問もある。でも,せっかくの権利である「投票権」を捨てるのは嫌だが,積極的に支持する候補はいない。そのため,白票ということになる。



 知事選挙のときには,投票所で,自分で開く形状記憶投票用紙を1度折ってみて,本当に開くのかを確かめてみようと思う。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-29 00:36 | 時事 | Comments(0)

何も同じ日にしなくても

今日,98年7月にあった和歌山ヒ素カレー事件(死亡被害者4名)の刑事事件の控訴審判決が大阪高等裁判所であり,林眞須美被告に対して,控訴棄却の判決が言い渡され,和歌山地方裁判所の死刑判決が維持された。

 このニュースは,全国版の新聞の1面で詳しく報道されている。



 今日は,99年9月にあった下関通り魔殺人事件(死亡被害者5名)の刑事事件の控訴審判決も広島高等裁判所であり,上部康明被告に対して,やはり控訴棄却の判決言い渡され,山口地方裁判所下関支部の死刑判決が維持された。

 このニュースは,全国版の新聞では社会面で報道されている。



 その影で,こういう記事が載っていた



 和歌山市の毒物カレー事件で、死亡した高校1年鳥居幸さん=当時(16)=の両親が、治療ミスがあったとして日本赤十字社に5000万円の賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(上田豊三裁判長)は28日、両親側の上告を受理しない決定をした。請求を棄却した2審判決が確定した。
 1審和歌山地裁は2004年、「脈拍や血圧の管理などに過失があった」として、日赤側に200万円の支払いを命じた。
 しかし、2審大阪高裁は今年1月、「医師は必要な診療を尽くした」として、過失を否定。両親側の逆転敗訴判決を言い渡した。 

(時事通信)

 この事件で,患者様が多数搬送された病院では,現場はものすごく混乱したのではないかと思う。多分医師たちも原因を突き止められず,相当に狼狽したと思う。
 そんな中での医療行為に過失責任が問われるというのは酷のような気がする。

 一方で,被害者側としては命を病院に預ける以外にないのに,結果としてそれを守ってもらえなかった無念は察するに余りある。

 最高裁は,これについて審理すらしないということで事件を決着させた。
 審理をしないことの是非もそうだが,何も刑事事件の判決の日に最高裁の決定を出さなくてもよさそうなものだと,ちょっと憤った。

 ちなみに,上告を受理しない場合の最高裁からの決定文って,特別送達という,いかめしいもので届くのかと思っていたら,なんと簡易書留なのだ。キャッシュカードと同じ重みかよって感じだ。拍子抜けだ。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-28 00:34 | 時事 | Comments(0)

OG訪問

文系所属の大学生の就職活動,今はどうなっているのだろうか?



 最近はリクルートルックに身を包み,説明会に長い列を作るなんて光景は目にしなくなったものだ。就職活動もネット全盛期といったところだろうか?



 旦那が大学3年の終わり頃には,毎日山のような求人のダイレクトメールが届いていた。なんなんだこの数はと目を丸くしたものだ。

 旦那の比ではなかったが,私も結構多くの医療法人から新人募集のDMをもらった。

 ただ,私は仲間とはまるで違う就職活動をしたため,就職活動担当の教授から呆れられたものだ。まだ古びた建物だった文部省の庁舎に官庁訪問に入ってみて,アナログ式のエレベーターの階表示なんてものに驚いたものだ。



 私の職場に後輩がOG訪問にやってきたことは3度だけある。

 私は開学1期生なので,OGなどいるはずもない。そのため,OG訪問などしたことはなかった。その分先輩に気兼ねなく生きている。



 OG訪問に来た後輩には,ホンネで話してもらいたいのだが,マニュアル通りの受け答えで,ちっともおもしろくなかった。

 私は採用担当者じゃないんだから,いろいろホンネで話してくれればいいのにね。



 それにしても,大学生人気会社ランキングなんかを見ると,大学生って何もわかってないんだなって思ったりもする。

 恒常的にサービス残業(無賃金強制労働)が続いていると噂が絶えない業界とかが上位にランクされているのは,ホント「なんでだろ」と思う。

 毎年大量採用をしているところは,それだけ離職者も多いってこと。



 OB・OGから,仕事の実態のホンネを引き出すためには,学生もマニュアルだけの受け答えじゃなくて,ホンネで話さないとだめだよ。

 マニュアル通りの受け答えの人に内幕は教えられないよ。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-28 00:32 | 時事 | Comments(0)

再雇用の皆さん

<そごう>心斎橋本店開店で即戦力 解雇の元社員を再雇用

 そごうは9月7日の心斎橋本店(大阪市中央区)の開店に向け、00年12月に旧大阪店を一時閉店した際に解雇した社員のうち51人を再雇用したことを明らかにした。解雇した約560人の約1割になる。即戦力を確保し、本店の営業を早く軌道に乗せるのが目的。大手企業で、解雇した従業員を再雇用するのは極めて異例だ。

(毎日新聞)


 2001年10月に,友達の結婚式に参列し,その夜はホテル日航大阪に宿泊した。
 たしか,ホテル日航大阪の反対側にそごうがあり,閉店していたのを覚えている。心斎橋本店とはそこのことだろうか?
 
 民事再生手続の中で,水島元会長の経営責任が追及され,ワンマン体質は改められたのだろう。
 新そごうが,健全な企業として再出発するに当たり,元従業員を雇用するということに私は賛成だ。

 過度の労使強調路線は,経営者の暴走を労働者が止めることが出来ず,結果として,会社倒産のツケが従業員に回ってくることになる。

 従業員も,労使交渉・従業員持ち株制度等を利用して,経営を監視することが出来る存在であり,現場の意見は説得力を持つものである。

 会社倒産のどん底を見てきた従業員の皆さんには,この経験を糧にして,最高の顧客満足の追求と,会社経営の徹底監視を願いたい。
 それができれば会社は完全に甦るだろうし,できなければ今度こそ会社は姿を消すことになるだろう。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-27 00:31 | 時事 | Comments(0)

予防接種不祥事3

予防接種法で市町村に実施義務があるポリオの予防接種で、乳幼児に誤って期限切れのワクチンを接種する事故が5月中旬から全国で相次ぎ、乳幼児876人が誤接種を受けていたことが25日、分かった。ずさんな管理が共通の原因。事態を重く見た厚労省はワクチンの管理体制や誤接種事故の実態調査に乗り出した。 (毎日新聞)



 今月だけで,こんな新聞記事を紹介することが3度になった。

 実に嘆かわしい。



 結局,予防接種を打つ側に緊張感が全くないのだ。



 有効期限のチェックなんて,バーコード1つで出来るのに,そんなこともしない。



 厚生労働省に行政文書開示請求をして,こういう杜撰な管理をしている市町村の名前を具体的に明らかにしたいと思う。



 行政文書開示請求では「こんなものも今は取得できるのか」と,驚くようなものまで取れるときがある。



 行政文書開示請求をしたくても,したことがないので,やり方が分からないという方は,足跡にその旨を書き込んでください。

 最低限の請求方法はお伝えできると思います。

 私と旦那と旦那の友達で既に100件を超える行政文書開示請求をしています。ですので,請求の仕方,不開示決定に対する不服申立の仕方はだいたい把握しています。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-27 00:30 | | Comments(0)

豹変

看護部勤務のときは,土日仕事の代わりに平日が休みが多かった。

 同窓会などには参加できないが(といっても高校の同窓会は脱会しているし,大学はみんな同じ職業に就いているので同窓会なんてまだ開かれていない。),平日休みというのは,空いているデパートで買い物ができたり,突然新幹線自由席に乗っても,E席に座れたりと結構楽しめるものである。

 ただ,何もする気力が沸かないときは,ワイドショーをダラダラと見ていたりしたこともある。芸能人のスキャンダルがどうのこうのとレポーターが騒ぎ立てるのをばかばかしく見ていた。

 ほんと平日午後のテレビは,やる気がないなーって感じがしたものだ。



 今は,主に,カレンダー通りの勤務なので,ワイドショーを見ることはない。

 ただ,ワイドショー講座なんかを見ると,どうも今は,貴乃花が右や左のテレビに出まくって,自分の主張し続けていたそうだ。



 現役時代の貴乃花というのは,敗因を聞かれると「弱いから負けたんです。」とくだらない答えばかりをしていた。沈黙を守るところがあの横綱のよさだったのだろう。



 今は堰を切ったように,身内のいざこざをベラベラしゃべっているらしい。豹変してしまったらしく,見苦しい限りだ。



 それにもまして見苦しいのは,家政婦という人物があちらこちらに出てきてベラベラしゃべっていることだ。

 人のプライベートの部分に携わる仕事をしている人は,職業上知った秘密は,何があっても漏らしてはならないというのが,共通の職業倫理だろう。

 家庭内の秘密が守れないような家政婦がいたら,家政婦という仕事そのものが成り立たないのではないか。



 病院に勤務していると,嫌でも家庭内の秘密を知ることになる。そして,私らもいろいろ聞かれることもある。そんなときは,全部知っていても「私は知りません。」と言い張る。

 そうでなければ,皆さん病院になんて行けないだろう。



「家政婦だった」という人たちの発言を,公共の電波で垂れ流していてるようなことをしているテレビ局が,局買収の危機に立ったら一転して「公共財」だなんて主張しても,全然説得力がない。

 公共財と主張するのなら,最低限の職業倫理に基づいた放送をするべきだし,こういう放送をするのなら,買収劇で公共財と主張をする資格はない。
[PR]
# by nonnbei871234 | 2005-06-26 00:28 | 時事 | Comments(0)