「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

古本屋

舛添要一(と称するゴーストライター)著の
「東京を変える 日本が変わる」を探してしまった。

見つからないな。

没落した後に立志伝を読むほど楽しいことはない。

「ヤオハンの挑戦」
「天馬行空 大島健伸物語」
とか、おもしろかったわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-23 15:17 | Comments(0)

社訓

社長業をしている私

1、社訓なし
2、朝礼なし
3、慰安旅行、忘新年会、歓送迎会なし
4、残業禁止
5、報連相廃止

考えたら、やりたい放題だ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-18 12:59 | Comments(0)

休み

久しぶりに土曜午後がフリーになったので、せっかくだからどこかぶらつきます。

とりあえず新富士から下りの新幹線に乗車中です。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-18 12:45 | Comments(0)

言行不一致の理由

かつて舛添要一が書いた本に、民主党政権下で大臣が飛行機のファーストクラスを利用して外遊していることを、こき下ろしている部分があるとか。

(1)知事になって、昔の心を忘れた。
(2)心にもないことを書いていた。
なんて分析がされているようだが、答は簡単。
自分では書いていないだけのこと。
こういう本には、ゴーストライターがつきものだから。

今、いろいろな本を出している池○とかいうのも、どれだけ自分で書いているか怪しい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-18 11:45 | Comments(0)

綺麗な書

世の中には書道家という人もいる。
書道家の方々も、舛添とその雇った弁護士に従い、絹のチャイナ服を着て仕事をすれば、いい書が書けるだろう。

新しい元号は○○です。
と発表することに備えて、絹のチャイナ服を準備しておいたほうがいい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-18 11:36 | Comments(0)

落選者の挨拶

落選の話を書いていて思い出した。

落選者の挨拶といえば、
選挙戦中に現職市長が暴力団員に射殺され、急遽立候補した市長の娘の夫が長崎市長選挙で落選したとき。
「伊藤一長はその程度の人でしたか」と支援者に不満をぶちまけた娘の挨拶
あれは歴史に残る不朽の名(迷)挨拶だった。
ビデオに取っておくんでした。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-17 08:34 | Comments(0)

知事選挙

都知事選挙

蓮舫出馬→次点で落選→2位じゃダメでした。事業仕分けは間違いでしたと号泣

見たいな。

選挙速報は、落選者の憔悴しきった顔で、「不徳の致すところ」と心にもない言葉を並べるシーンが一番楽しい。
その役、蓮舫は似合うわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-17 08:28 | Comments(0)

めんどくさい

今日は1日東京。

しかも、ただ話を聞くだけ。
話を聞くだけなら本でいい。

帰りの時間が指定されているので隠れ家的な喫茶店に立ち寄ることもできないし。

しかも雨らしい。

最悪だぁ
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-13 02:30 | Comments(0)

違法ではないが…

一昨日の舛添記者会見、ちょうど運転中だったのでラジオで聞いていた。

記者の低レベルな質問に切れる弁護士の態度の悪さに笑った。

はっきりと、舛添の代理人の立場だと明言して説明すればいいものを、下手に第三者だなんていうから、意味の解らない記者会見になる。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-08 12:31 | Comments(0)

ヘトヘト

西伊豆のとある地区まで自家用車で行ってきた。

マニュアル車で、上り坂の所での工事渋滞は疲れる。

乗りなれているからマニュアル車自体は普段は苦にならないが、今日は疲れた。
[PR]
by nonnbei871234 | 2016-06-01 20:43 | Comments(0)