「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

苦手は苦手

 飛行機が苦手な私。
 決定的に飛行機を苦手にしたのが,台北から成田に向かう飛行機。
 後輩の見舞いに行ったのだが,日程的にどうすることもできず,台北を日帰りした。
 飛行機そのものの乗り心地は何も問題なかったのだが,私自身精神的に憔悴していて,機内で一睡もできなかったし,本の一冊も読めず,ただただ前の座席を見ていた。眠れればまた状況も違ったのかもしれない。

 それ以降,どうも飛行機に乗るのが苦痛になっている。

 初の沖縄出張の話が来ているが,私が行くか,部下に行かせるか,本気で悩んでいる。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-30 23:29 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)

お化け屋敷の原理

お化け屋敷が怖いのは、予想外のところから予想外のものが出てくるからだろう。
だから、同じお化け屋敷を3回挑戦すれば全然怖くなくなる。

これから開放骨折した患者さんが搬送されてくると聞いたスタッフは、骨を見ても誰も何ともない。
が、突然事故現場で開放骨折した方を見たら気分が悪くなったりする。

事前に情報が与えられることで、心の準備ができるのは真実だ。

長い前置きをした後で、
今日ある方にサプライズプレゼントをした。
もらった方の驚き方は特筆ものだったらしい。
サプライズプレゼントに成功すると、仕掛けた側も嬉しい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-29 02:14 | Comments(0)

考えたら負け

最近、全く休みが取れない。8月は9日と10日が休みで、滋賀に行ってきただけ。

旦那からまで「お前の趣味は仕事なんじゃないか」と突っ込まれている。

手帳の日程は仕事でビッシリ埋まっている。

♪ある日突然考えた。どうして俺は頑張ってるんだろう

とウルフルズの明日があるさ(元々は坂本九の歌をウルフルズが替え歌にしたもの)が脳裏を横切る。

でも、考えたら負けだ。

実家に毎月30万円の仕送りが出来る今は幸せなんだと自分に言い聞かせている。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-27 23:06 | Comments(2)

姐の眼

さっき、静岡刑務所に面会に行ってきた。

待合室で、組関係者から組関係者に間違えられて声をかけられた。

これは誉なのか?恥なのか?
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-25 12:15 | Comments(0)

見苦しい

現在10時30分

電車内では、おばさん3人が缶ビール片手に大声で他人の悪口中。

いつも思うが、よくもまぁあんなに悪口を並べ立てられるものだわ。

ああはなりたくないと、心から思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-25 10:34 | Comments(0)

くだらなさすぎる

兵庫県三木市内から北播磨総合医療センター(小野市市場町)へ向かう直通バスのナンバープレートが物議を醸している。一部の車両の番号が「死に」と読める「42」から始まり「病院へ向かうのに縁起が悪い」との声が上がる。人によっては4や9を使うこと自体を嫌うなど、数字への思いには個人差もあり、担当者は頭を抱えている。(神戸新聞)

こんなことで文句を言う人はいるだろうが,それに頭を痛める担当者も担当者だし,それを記事にする新聞社も新聞社だ。
そんなことを言っていたら,何もできないだろう。

そういえば,私が自動車を替えたときに「希望ナンバーにはしないんですか?」などと言われた。
自動車のナンバーなんてどうでもいいし,希望ナンバーで上乗せされる手数料は,国土交通省の外郭団体の収入になる。
自分が下げたくない頭を下げて得た金が,外郭団体の天下りデクノボウの甘い汁に変わるなんて,絶対に嫌だ。

私の地域では「3776」番の自動車が多いが,そのナンバーを見ると「吸血鬼に甘い汁を吸われたかわいそうな方々だな」と感じてしまう。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-23 21:56 | 時事 | Trackback | Comments(0)

絶対に利用しません

 自動車を有料駐車場に入れた。
 出ようとしたら駐車券が見当たらない。困って「駐車券紛失」のところを押したら「10,000円」と表示された。

 入口の注意書きを見ても,駐車券紛失の際に10,000円も請求されるとの告知はない。

 これは1万円支払って,消費者契約法の条項を根拠に訴訟をするしかないかと腹をくくって,連絡先をメモしようとしたところ,メモ帳の間から駐車券が出てきた。
 駐車券を挿入したところ,利用料金は200円だった。

 こんなリスクがあるのなら,自家用車での移動は止めて,タクシーでの移動に切り替えたほうがいい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-22 00:39 | 時事 | Trackback | Comments(0)

神経質に?

c0160120_20303655.jpg


19日に浜岡原子力発電所に行ってきた。

「私有地につき,撮影禁止」との看板が立っていたが,そんなのに気付く前に撮影したものだ。

浜岡原子力館という原発のPRをしている施設もあったが,とても見る気力は沸かなかった。
というか,仕事で浜岡原発に行ったので,はじめからPR施設なんて見る時間もなかったし。

「浜岡原子力発電所は,菅直人によって発電を止められています」ぐらいのPRがあって,当時の政権をこき下ろしたえぐつない展示があれば見に行ったかもしれない。

それにしても,仕事で原発に行くことになるとは。私の仕事もいろいろ増えたものだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-21 20:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)

ボイスレコーダー

12日に,墜落日航機のボイスレコーターを詳細に解析した結果,航空事故調査委員会(当時)が公開した「・・・・」の部分の多くが判明したということで,特別番組が組まれていたようだ。
ようだというのは,私はちょっと見ただけで止めてしまったから。

ボイスレコーダーは公開されることが全く予定されていない。
航空事故調査委員会は,本当に聞き取れなかった部分も,公開が不適当と思われる部分も
「・・・・」
と表記して記録を公開した。

今回「判明した」という部分の大半は,事故調査委員会が「公開が不適当」として公開しなかったのに過ぎない場面と,関係者の間では周知の内容に過ぎない。それをどうして今頃「新事実」で公開するのか,その意図は不明だ。
ちなみに,機長の最後の言葉の「・・・・」は,誰が聞いても「もうダメだ」と聞こえる(速報段階では「もうダメだ。」と言っているとされていた。)。これを「・・・・」として発表したのは,この言葉をこれを公開するのが不適当だと判断したからだろう。

昭和62年当時の行政情報の公開の姿勢からすれば,当然のことなんだろうが,
将来的には「判読不能」と「公開不適当」に分けて発表することが求められると思われる。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-19 02:39 | 時事 | Trackback | Comments(0)

質量保存の法則

自称スポーツジャーナリストの二宮清純と,舞の海対談だそうだ。

二宮: 小錦さんと結婚式のパーティで一緒になった時、途中でホテルの係の人から「大関、スミマセン。もうお酒がありません」って止められていたことを思い出しました。
舞の海: 海外巡業で飛行機に乗った時には、機内のワインを全部飲み干したそうです(笑)。
二宮: 力士やプロレスラーが飛行機に乗ると、機内食やお酒を全部平らげるので機体が軽くなって早く目的地に到着する。そんな都市伝説があるとか(笑)。


こういう話を聞くと,情けなくなる。質量保存の法則なんて中学生のときに習うのだが。
開けられて減った酒の質量は,そのまま力士の質量になる。それだけのことで,機体全体の重さは全く変わらない。

こんな対談をして,対談料をもらうって,腑に落ちないわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2014-08-19 00:19 | 時事 | Trackback | Comments(0)