「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

目力

 今の仕事を命じられたのが03年10月。実質的にはその年の7月からこの仕事をしてきたから,9年9か月この仕事をしてきた。
 塩を撒かれたことも数えきれないし,
 雑巾の絞り汁の茶・虫入り茶を出されることも何度もあった。

 仕事だからと割り切って初めてできる。

 それでも9年半も続けてこられたのは,この仕事が私に合っていたんだろう。

 そして,部下は全員年上という世界も経験してきた。 
 これは,想像以上に大変だ。
 人を率いる際に絶対に守らなければならないこと。これは,最も困難な仕事は,絶対に自分自身で行うこと。これを部下に押し付けたら,部下はついてきてくれない。
 これだけは,私は実践してきたつもり。
 だから,私自身が行うのは,困難を極めるものが多かった。

 29日には,任務終了の挨拶をしてきた。就任の挨拶のときの「この若造が」と冷めた目で見られたことが懐かしかった。

 部下からは,花束などとともに,私のことをこっそり撮影していた写真が贈られた。
 PCをたたく私って,こんな顔をしていたんだ。
 自分自身で見ても怖い目をしていた。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-31 21:04 | 職場 | Trackback | Comments(4)

年度末

9年半務めた今の役職を今月いっぱいで退き、後進に道を譲ります。

同じ人が10年以上同じ地位にいると組織は弱くなるので、私から退任を主張し、了承してもらいました。

私としては、お金もある程度は貯まったので、退職した上で、高校時代に目指していた大学の機械工学部でも入ろうかなとも思いました。
でも、結局仕事は続けることにしました。

結局、4月からは、別の役職に昇進します。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-29 03:23 | Comments(2)

安定感のない男

橋下徹大阪市長は25日夜、組合活動に関する市職員アンケートを不当労働行為とした大阪府労働委員会の認定を受け入れず、対抗措置を取る考えを明らかにした。同日午前は「大変申し訳ない。異議はない」と表明していたが、組合側の発言に不満を抱いたとして姿勢を一転させた。

 「(市が組合側と争う)他の訴訟や手続きにも影響する。とことんやるべきことは全部やる」と市役所で記者団に強調した。中央労働委員会への再審査申し立てや、取り消し訴訟の提起に踏み切る考えとみられる。

 組合側は認定後の記者会見で「市長のやってきたことは間違いだと明らかになった」などと指摘していた。(時事通信)


 この男が,どうして人気があるのか理解に苦しむ。
 どうして,こうも言うことに一貫性がないのか?

 こんな発言がコロコロ変わるワンマン社長に,ヘコヘコ群がる人たちがたくさんいることを情けなく思う。

 共産党みたいに,どんなに党勢が衰弱しても,全く変わらないというのも困りものだが,
 ここまで適当にコロコロ変わるのでは,とても将来の世代に未来を託すなんてことはできまい。
 少なくとも参議院議員選挙で6年間とか全国民の代表なんて地位に置いたら,6年間でいうことがコロコロ変わってしまったってことになるだろう。

 それと,この人物の度量の小ささはいかんともしがたいものがある。
 こういう人は,煽動政治屋にはなれるかもしれないが,政治家にはなれまい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-25 22:20 | 時事 | Trackback | Comments(0)

救いがたい人権感覚

発表していない男性職員の処分情報を報道機関に漏らしたとして、東山梨消防本部(山梨県甲州市)が内部告発者を捜す目的で、全職員に私用の携帯電話の通話履歴を提出するよう求めていたことが19日、同消防本部への取材で分かった。

 東山梨消防本部によると、全職員115人の大半が同意し、数人が履歴を提出。しかしプライバシー侵害などの反対意見があり、履歴を返却して調査もやめるとしている。

 職員は今年1月、県内の果樹園でアルバイトをしたとして、文書訓告処分を受けた。2月14日に地元テレビ局が報道。翌日、内部告発があったと考えた同消防本部の男性消防長は訓示で「告発者には転職を勧める」などと話した。

 3月12日には、消防長名の文書で「私用携帯電話の通話履歴を調査する」と通達。文書には「携帯電話の履歴を提出することで行為者が特定できる」「身の潔白を証明するいい機会」などと記載されていたという。〔共同通信〕


 いったい,どういう人権感覚をしているのか? 呆れてものがいえない。
「全職員の大半が同意し」って,要は拒否すれば「あいつが密告者だ」と断定されるから,提出しないわけにはいかないからだろう。
 こんな人権感覚しかないような人間が,消防長の職を務めている組織というのは,救いがたい。

 この消防長は,Kという人物だろうが,まだ氏名までは公表されていないようだから,氏名だけは私も伏せておく。

 とにかく,憲法21条2項を少しでも読めば,通信の秘密が保障されていることぐらい,分かるはずなのだが。
 情けない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-21 01:18 | 時事 | Trackback | Comments(0)

卒園式

近くの幼稚園では、今日が卒園式だったみたい。

パパママも見た感じ私より年下が増えたわ。

最近は父親も卒園式に行くのね。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-20 11:56 | Comments(0)

導火線に

 真鶴町という町が神奈川県にある。

 「必ず予防接種を」と町の公報に書いてあったので,抗議の電話をした。
 そうしたら,「予防接種法で,予防接種が義務付けられている」と言い出した。
 おまけに「予防接種の接種率100%の目標を掲げ,職員一丸になって取り組んでいる」という。

 
 開いた口がふさがらないが,どういう行政をしているのかすごく関心を持った。

 さっそく,接種率100%の行政目標を掲げた経緯を調べましょう。

 なお,そう言った職員の名前は「カネコ」
 現在行政文書開示請求をしているから,「カネコ」のフルネームは近日中に公開する。
 また,課長は「アオキ」。この名前も行政文書が届き次第公開する。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-19 10:27 | 予防接種 | Trackback | Comments(0)

選挙はうるさいだけ

静岡市では、市議会議員選挙が始まった。

とにかくうるさい。

あいも変わらず名前を連呼するだけの選挙活動は、なんとかならないものか?
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-17 10:16 | Comments(0)

電車内にて

おばちゃん連中が、
特定の新興宗教を信仰している派vsその新興宗教を嫌っている派に分かれて、囂しく議論をしている。
うるさい
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-17 10:14 | Comments(0)

小市民のりべぇ

 13日に,確定申告書を提出した。

 私の場合には,複数の法人から報酬を受けているので,年末調整では税金を調整できないため,確定申告が必要となる。

・確定申告書を提出する際には,「○○税務署行」の「行」をそのままにする。「御中」には書き直さない。
・申告書提出用の封筒の中にクリアファイルを入れない。よじれても汚れても私の知ったことではないから。
・e-taxは使わない。e-taxだと源泉徴収票等の保存義務が私に7年間も課せられる。書面送付にすれば源泉徴収票等の書類の保存義務は課せられない(提出してしまうものだから)。
・なるべくぎりぎりに提出する。申告はお早めにと税務署が言っているのだから,遅く出す。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-13 01:32 | 日常 | Trackback | Comments(0)

何がしたくて議員になったのか

大分市の3月定例議会が11日始まり、2月の市議選で初当選した覆面レスラー、スカルリーパー・エイジ氏(44)が覆面姿で本会議に出席しようとしたが、議会事務局に止められ議場に入れなかった。エイジ氏は記者団に「悔しい。覆面を取れば全く別人になってしまう。今後も取らない」と強調。着用を認めない主要会派との対立は続きそうだ(11日日本経済新聞)。

 レスラーマスクを外したら,別の人になってしまうという,その前提が私には分からない。
 市議会議員として仕事がしたいのなら,とにかく市議会に出席することが必要なのではないか?
 そして,市議会において,どういう服装をするかということは自主的に「多数決」で決定することであり,個々の議員が「表現の自由」とかいう筋合いのものなのかという点にも疑問を感じる。

 市議会議員は議会事務局に対して表現の自由という「国家からの自由」を主張する立場ではなく,権力を有する一員として権力を適正に「行使」する立場ではないのか?

 マスクを着用を認めないと有権者の意思を無視するとか言っているようだが,当選した議員は市民全員の代表者で,投票しなかった有権者との関係でも有権者から負託を受けた存在のような気がする。

 レスラーマスクをしなければ市議会議員としての活動ができないというのであれば,市議会議員に立候補すること自体が間違いだと,私は思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2013-03-12 22:26 | 時事 | Trackback | Comments(0)