<   2012年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

無料でも要らない

 何度か書いているが,ときどき,自費出版の自叙伝・社史・歌集・句集・写真集などを送ってきてくれる方がいるが,そういうものはすべてお返ししている。
 宗教関係の本も,私は読む気力がなく,旦那は読み出すとうるさいので返している。

 このたび,自閉症児に対する研究をまとめた本が送られてきた。送り主は,大学の同窓会の関係者。
 なんでも,同級生が勤務している大学病院の医師が出版したものの,採算ベースに遠く及ばず,出版社に迷惑をかけたので,その医師がほぼ全部を買い取り,無償で分けているのだという。

 で,ぱらぱらと見たが,事例がほとんど載っておらず,どう接したのか,どう対処するのかなどのアドバイスもほとんど載っていない。
 これでは,関係者には読んでもらえまい。

 ほかに,図表・グラフなどの使用もほとんどないし,ゴシック体での強調なども全くなかった。

 これでは,読みながら寝るだろう。

 売れない本の見本みたいな本だったわ。

 返却まではしないが,資源ゴミの日に捨ててしまいましょう。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-30 02:02 | 日常 | Comments(0)

日本いい国

今日の配信記事を見ていて「日本人でよかった」と思った。

c0160120_22283512.jpg


こんなに首相官邸に人が集まってデモなんてしようもんなら,
放水車が出動したり,
催涙弾が打ち込まれたり,
人民解放軍の戦車が出動したり。

というのが,発展途上国・独裁国なんかではよくある話。

一方,これだけデモ参加者が増えれば,
略奪が起こったり
投石が起こったり
放火が起こったり

というのが,またよくある話

六十年代の安保闘争の頃と違って,参加者は組織化されたわけでもないらしい。

平穏にデモを行い,政府もそれを力でねじ伏せない。

そんな国に生きていられるというのは,幸せなことなんだと思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-29 22:35 | 時事 | Comments(0)

アウトドア派??

 オートキャンプなるものに誘われた。が,足の治療中であることを理由にお断りした。

 オートキャンプって,オートキャンプ場に自動車を停めて,そこでバーベキューをしたり,キャンプを張ったりするみたいね。

 野宿部出身の私は,キャンプ場として整備されたところで,わざわざキャンプをしたいとは思わない。

 登山道として整備された山を登ることと,人跡未踏の山を登ることの違いのようなものかな?

 足を怪我しなかったら,この夏は久しぶりにサークル仲間と2泊3日で自転車旅行でもするつもりだった(房総半島一周を計画していた。)。
 夏場の野宿はいろいろ危険なので,民宿に泊まる予定だったけど。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-28 01:27 | 日常 | Comments(0)

逆効果じゃないのかな?

ふん対策で「飼い犬税」導入検討 大阪・泉佐野市

大阪府泉佐野市が、放置された犬のふん対策の財源とするために飼い主に法定外の「飼い犬税」を課す検討を始めたことが27日、分かった。千代松大耕市長が市議会で明らかにした。

総務省と市によると、1955年度には2686自治体で、飼い主らに「犬税」を課していたが、徴税コストなどを理由に相次いで廃止。82年3月末に長野県旧四賀村(現松本市)が廃止して以来、ペットへの課税例はないという。

市によると、市内の道路や公園でふんが放置されるケースがあり、2011年度には、少なくとも32件の苦情が寄せられた。(共同通信)


犬の糞対策で犬税って,しっかり散歩の際にふんの始末をしている飼い主にとっては,たまったものではない。
こんな税金を導入されたら「私は税金を払っています」と言って,ふんの始末をしなくなる人も出るのではないかと危惧する。 

そもそも,どうやって犬の飼い主を特定するのかな?
捨て犬にエサを与えている人には税金が課せられるのかな?
隣の市から泉佐野市の道路で散歩している人は税金払うのかな?

どう租税条例を作るのか,すごく関心がある。
で,どれだけの効果があるのかも関心がある。

まあ,あんまり成功しないと思うが。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-27 21:05 | 犬猫 | Comments(2)

綺麗なノート

 うちにも実習生はときどき来ている。
 私も実習をしに行っていたときが当然あるので,自分が実習をしていた頃と比べるが,とにかく今の子たちはマジメだ。
 ノートなんてすごくきれいに書いてあって,そのまま業界の中で売れるのではないかと思ってしまう。

 私は基本的にはノートなんて作らなかった。
 教科書そのものにルーズリーフのノートを挟み込み,セロファンテープで留めてしまうというやり方をしていた。で「もうこんな基本的なところは覚えた。」と確信できたら,そのルーズリーフのノートを外してしまうという方法をとっていた。
 だから,私の教科書は,非常に分厚くなっていて,一見すると猛勉強をしているように見えた。
 でも勉強なんてほとんどしていなかったので(別の勉強を必死にしていて,学部試験対策を全く取らなかった。),赤点の連続で,もう少しで本当に留年するところだった。

 そんな話をしていたら「あんたが特別なだけで,みんなあのぐらいは勉強していたよ。」と言われた。
 いや,それは嘘だ。同級生世代は,みんなよく遊んでいた。
 もう学校で勉強しなくてよくなったから,「あの頃私は勉強していた」と法螺を吹いているだけだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-27 05:53 | 職場 | Comments(0)

破滅への道

「先祖代々の土地だから」「夫が一生かかって建てた建物だから」などの理由で,土地や建物にしがみついている人をよく見かける。

 現在,2人であわせて手取り15万円程度の五十代夫婦が,1000万円以上の住宅ローンを完済できるのか,ちょっとでも考えれば無理だとわかりそうなものだが,そういう人たちは考えない。というか考えているのだろうが,考えの基本が出来ていない。

 で,生命保険・学資保険などを解約し,自動車も手放して,場合によっては退職金の前借りまでして,住宅ローンを支払うものの,結局払いきれずに土地建物を手放すことになる。

 はっきり言って,無駄だ。

 こういう人たちに話を聞くと,「土地・建物は絶対に手放してはいけないもの」という固定観念が植えつけられている。
 私にはそのあたりが全く理解できない。

 土地なんてものは,この20年間,持っているだけで目減りする「金食い虫」でしかない。
 現金で持っていても「流動資産税」はかからないが,土地を持っていれば「固定資産税」「都市計画税」が徴収されるんだし。

 土地・建物なんて,無理して所有している意義はほとんどない。
 潔く諦めたほうが,自分自身に将来にとってはプラスだと思う。

 私は先日,土地にしがみついたものの結局倒産した人の土地を二束三文で購入し,権利関係をきれいにした上で転売して儲けさせてもらった。
 土地にしがみついて破滅する人がいる限り,私は安泰か?
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-26 00:52 | 日常 | Comments(0)

与党造反/野党協力

いったいどうなっているんでしょう?

造反議員の離党→新党結成となるのかな?
さすがに、新党結成も飽きた。

ところで「新党」と名付けた政党って、みんなダメだったね。

日本新党
新党さきがけ
保守新党
新党日本
新党改革
国民新党
などなど
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-25 19:05 | Comments(4)

現金を数える

 さっき、喫茶店で800万円を受け取ってきた。
 私の場合には,800万円でも1000万円でも,1枚1枚全部数えて受け取っている。銀行の帯札は必ず破って数えている。

 でも,銀行員だったわけではないので,数えるのが遅い。
 結構時間がかかったわ。

 今回のことでは,税金を差し引いても,百万円単位の利益を出せた。
 自分へのご褒美で取っておきましょう。
 せっかくパスポートもあることだから(日帰りで3回台北に行ったので),どこかに行きたいけど,当分の間はお預けだわ。

 疫病神に憑りつかれていた20年前の自分に会ったら,「20年後のあなたはこんなことをしているのよ。世の中捨てたものじゃないわよ。」と教えてあげたいわ。
 まあ,20年後の自分がやってきて「20年後のあなたはこんななのよ。世の中,神も仏もないものよ。」とか言われても困るか。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-24 15:14 | 日常 | Comments(0)

芽が出てきた

 先日,お中元にメロンをもらった。
 で,犬猫ハウスのほうでメロンをおいしくいただいた。

 その際,メロンの種を庭に飛ばした。

 23日,その種が発芽していることに気付いた。
 生命力のすごさを実感した。

 こういう場面を見ると,種が発芽するメカニズムを知りたいなどと思ってしまう。そういう意味では好奇心は旺盛な私。
 私は高校時代は化学と物理を選択していたので,生物の知識はほとんどない(大学で看護に必要な限度で人体の仕組みは勉強したけど。)。
 どこから,種が発芽する仕組など,かなりの「奇跡」が詰まっているんだろうな。

 とろこで,足をけがしたために,犬猫ハウスの庭の除草ができていない。そのままにしておくほかはないが,蚊の培養所になってしまうような気がする。
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-23 23:34 | 日常 | Comments(0)

久しぶりに情報公開請求

 しばらく中断していた情報公開請求を一気に8件もかけてみた。

 昨年,内閣は情報公開法の改正案を国会に提出したのだが,全く審議されずに店ざらしのまま。
 結局現在も,開示請求1件当たり300円の請求手数料はかかる。
 基本的に国の行政機関に対しては,情報公開請求の手数料は収入印紙で支払うことになっている(独立行政法人などは,その法人の口座に入金したり定額小為替だったり)。
 で,郵便局に300円の収入印紙を久しぶりに買いに行ってきた。

 今回の請求のターゲットは,外国人の収容施設でのインフルエンザ対策に関する情報

 何が出てくるかな?
[PR]
by nonnbei871234 | 2012-06-22 00:15 | 予防接種 | Comments(0)