「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 51 )   > この月の画像一覧

感激

夜になって、朝霧高原は晴れてきた。

ふと横道にそれで空を見たら、ミルキィーウェーが見えた。
綺麗だったわ。

火星も輝いていたし。

なんか得した気分だわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-30 02:08 | Comments(0)

更迭の理由

 原子力安全保安員の西山英彦審議官が,広報担当から更迭されることとなったという。

 理由は女性問題とか。

 強姦したとか強制わいせつに及んだとかは論外だし,職務上知りえた秘密をマスコミの女と情交を通じてばらした(なんといっても名前が西山だから,男女を入替えた新西山記者事件なんてことになるかな?)とかなら話も分かるが,私的なことでしょ。
 別に仕事後にプライベートで不倫しようが何人愛人を持とうが,公務員としての職責をしっかり果たしてもらえれば何の問題もない(公務員が愛人を何人も抱えることができるほど厚遇されているという点は問題かもしれないが)。

 女性関係を理由に更迭されるというのはなんなんでしょう??

 そんなことを言ったら,山本モナと問題を起こした細野豪志が原発問題担当大臣に就任したこととの整合性がとれないでしょう。

 この男を更迭するなら,その原因は,東電を監視する立場にありながら,娘が東電社員ということでしょう。
 そっちを理由に更迭するなら支持するけど。

 それにしても,脇の甘さは笑えるね。
 このご時勢,原子力安全保安院の広報担当なら,いろいろ書かれることは容易に想像がつくだろうに。
 それなのに,のこのこと男女関係をスクープさせるなんて。
 この程度の危機管理能力しかないから,ダメなのかな。

 
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-29 23:37 | 時事 | Trackback | Comments(0)

泰山鳴動鼠一匹

 自民党の参議院議員が1人,菅政権に寝返った。

 水面下では,いろいろ引き抜きの話があったらしい。
 でも,結局は1名の寝返りにとどまったということだろう。
 まさに泰山鳴動鼠一匹といったところか?

 まあ,自民党が怒るのは当然かもしれないが,当の自民党も以前は露骨な引き抜きをしていたものだ。サラリーマン新党とか税金党とか,当選者全員が自民党入りなんてこともあったし。

 ただ,この期に及んで引き抜きを受けて尻尾を振ってなびいていく参議院議員がいるんだ。
 自民党には,秘書を通じて離党届を提出するあたりが小物ぶりをいかんなく発揮しているね。

 この議員が5年後どういうことになるのか,楽しみが1つ増えたわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-29 18:58 | 時事 | Trackback | Comments(0)

見たくなった

松方弘樹が悪役の特殊メイクをしたそうで。

映画でまで見る気力は沸かないが、TSUTAYAで80円で借りられるようになったら借りましょ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-28 15:45 | Comments(0)

刑期満了の場合

 刑務所に服役している人の中には,知的障害があると思われる者が少なくない。山本譲司の獄窓記にも,そのことが書かれている。

 刑務所というのは,国が,衣食住だけでなく医療に関しても面倒を見る。
 ところが,刑期が満了すれば当然その翌日には刑務所からは出ることになる。

 刑務所を出るところまでが刑務所が面倒を見るもので,1歩刑務所を出てしまえば刑務所は一切面倒を見ない。当然といえば当然だが。
 で,刑期満了になれば,その翌日が土日だろうとなんだろうと,満了日の翌日には刑務所を出ることになる。

 土曜日の朝に知的障害者が出所するという情報が私らの活動しているNPO団体に入った。
 彼には中度の知的障害があり,子どもの頃住んでいた福井に帰るのは難しいという。
 今回は,仲間で付き添える人もいないので,私が福井まで同行した。
 当然金がないので,鈍行で。

 ただ,福井では予定していた民生委員などとは会えなかった。
 民生委員のほうの体調不良が原因だ。
 ということで,日曜日には再度福井に寄って,民生委員の方と話をして戻ってきた。

 仮釈放だと保護観察所である程度面倒を見てもらえるが,刑期満了だとそれもないのは,問題だな。

 刑事政策にまで首を突っ込んでいると,今私はいったい何をしているのかと思うときがあるが,変な充実感もあるものだ。

 そういえば,去年の今頃にも静岡刑務所に行って身柄を引き受けてきたな。
 そのときは元職場の部下が勾留されていたが,裁判で執行猶予がついたので,身柄を引き受けに行ってきた。
 刑務所の玄関前に流れている小川のところで,元部下が刑務所から出てくるのを待っていたのをよく覚えている。
 最後に刑務所の入り口で,守衛に「本当に『もう来るんじゃないぞ』って言うんですか?」と聞いたら,「誰だか分からないので,会釈だけです。」と言っていた。懐かしい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-27 00:49 | 時事 | Trackback | Comments(0)

豚にはまって

 春頃から,家畜に関する本にはまった。
 旧字・旧仮名遣いの岩波文庫の本を何気なく買ったのがきっかけなのだが,猪が人によって品種改良されて豚になったという話だけでなく,古代でメソポタミア地方と中国地方で,同時に家畜化に成功したというのがすごいことだと思ったりした。

「豚は人間に食べられるために生まれてきたの」という人がいるが,なまじ外れていないように感じるようになってしまった。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-27 00:43 | Trackback | Comments(0)

終わる終わるついに終わる

我が家はまだ地デジ化未対応。

そのうち旦那が買ってくるでしょう。

無ければないでいいか。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-26 18:47 | Comments(2)

思い出す

前回富山に来たとき、私は骨折中だった。

骨折中に旅行をする私っていったい何物?と自分で思ったものだ。

今日、富山を歩いていたら、骨折したところが痛むような、変な感覚がする。

記憶って、いろいろ変なものを結び付けるのね。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-26 10:37 | Comments(2)

疫病神を背負って

富山地方鉄道の中で、

高校生とおぼしき女子が乗っていた。
日曜日なのに登校ということは、模試か何かなんだろうか?
ただ、その雰囲気が、高校時代の私にそっくりなのよね。陰湿なイジメでも受けているのかしら。

疫病神を抱えて生きてきた人しか分からない雰囲気ってあるのよね。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-26 09:59 | Comments(2)

泳ぐ

大浴場、誰もいなかったから、泳いでみた。

楽しい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-06-25 23:19 | Comments(2)