「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 80 )   > この月の画像一覧

ゆく月来る月

12月の最後の日は、カウントダウンイベントをする(テレビ朝日だけは、カウントダウンなどせずに、社債の説明をしていたらしいが)。

1月が終わるが、カウントダウンイベントはないのかな。

仏教界も、12月の最後の日に108つも鐘を打つより、毎月最後の日に9つずつ鐘を打つほうが楽だろうに。
だんごさんに提案してみようかな。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-31 23:19 | Comments(4)

0mm

日本海側は豪雪被害に遭っているが、
静岡は、今年になってから1日も雨が降っていない。

今月の降水量は0mm。

そのせいで、静電気が凄いわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-31 23:10 | Comments(2)

勧誘

社会福祉法人と複数の医療法人の常勤理事(有償)ということに着目されると、不動産業界、金融商品業界、ゴルフ会員権取引業界、宗教業界などから勧誘を受けることが多い。
先日は、画廊から絵画の掘り出し物の案内が来た。

興味がないものばかり、よく来るわ。
私が何でプラチナの先物取引をしなきゃならないんだ?

そういう勧誘電話は、向こうが話をしているうちに電話を切るのが、唯一の楽しみだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-31 02:30 | Comments(0)

減少中だったんだ

「山ガール」に続いて話題となっている「釣りガール」。釣り業界では、女性を取り込むためのファッション性を重視した商品を相次いで投入している。
(中略)
年々減少しているといわれる釣り人口だが、「釣りガール」が業界活性化への起爆剤となるのか、その成り行きに注目が集まっている。
(money zine)

趣味の雑誌売り場に行くと,ほんといろいろな趣味に関する雑誌が置いてあって,見ていて楽しい。
ただ,ゴルフ・釣りは週間雑誌が多く刊行されていて,裾野の広さを実感する。

その釣りも,愛好家が減少してきているんだ。
たしかに,釣具店などで廃業する店が増えたような気がするが,あれは大手に集約されたからだと思っていた。

私は,以前は上司に連れられて何度も釣りに出掛けた(銭洲とか神津島沖とか)。
釣りは,実際に魚がかかって,釣り上げに成功したときは,すごく楽しい。
でも,全然釣れないときは,空しさだけが漂う。
釣りが趣味の人は,それはそれで楽しいというが,私はちっとも楽しくない。

結局は趣味にはならなかったということだ。
趣味というのは,独りでできるものなら実際にやるし,2人以上いないとできないものは自分から誘うものだと思うから。

私は,海に出るときは,釣りよりは,船舶操縦のほうに関心が向くな。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-31 01:44 | 時事 | Trackback | Comments(2)

この私でも着たじょ

 実用一辺倒の性格の私。
 宝飾・服飾等には全く興味がなく,結婚指輪は箪笥の肥やしになっている。

 成人式には出席しなかった。→振袖不要
 卒業式はスーツで出席→袴不要

 そんな私でも,ウェディングドレスはレンタルした。
 結婚式産業で働く者と結婚した関係で。

 ただ,私は結婚式を挙げず,ウェディングドレスなど着なかったという話になっている。
 結婚式は挙げなかったのではなく,9日間延期しただけで,ちゃんと挙げた。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-31 01:25 | 日常 | Trackback | Comments(4)

へたれ

 仲間が雪中野宿を敢行した。

 ハズだったが,予想外に降雪量が多かったこと,テントを張る場所がシャーベット状になっていたこと,体調がいまいちだったことなどから,午前1時頃には撤収し,車中泊で1夜を明かしたそうだ。

 大学生の頃は,そこで寝る以外に方法がなかったので,雪中だろうと墓地だろうと鉄橋の下だろうと,そこで寝た。
 今は,いざとなれば車に避難できる。だから,そういうことになる。随分へたれてしまっている。

 わざわざ男3人で長野まで行って,ハイエースの中で1泊したって,なんだったのかしら?
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-31 00:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

カレンダーの怪

1日が土曜日の月は、30日と31日の欄が23日、24日の欄と共有され、カレンダーが使いにくい。
なんでこんな使いづらい構成を延々と続けているのかしら?

2日分を共有なんかにするぐらいなら、全体の縦幅を短くするとかしてほしいわ。
最上段の日曜〜金曜のスペースを無駄使いしておいて、最下段をわざわざ共有にする意味が、ほんとよく分からないわ。

ところで、私のような実用一辺倒の人間にはカレンダーの「大安」とか書き込みも要らない。
まして、健康一口メモみたいなものは無用だ。
「インフルエンザ対策に早めのワクチン接種」なんて書いてあったカレンダーは、廃棄した。

そんな余計な情報はいらない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-30 03:14 | Comments(0)

日が伸びた

冬至から1か月、日の入りの時間が遅くなったなって思う。

春は近付いてきているんでしょうね。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-29 16:54 | Comments(0)

主義主張を貫くなら野に下れ

入学式や卒業式で日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教育委員会の通達を巡り、都立学校の教職員ら395人が「思想・良心の自由を保障した憲法19条に反する」として、義務がないことの確認などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は28日、請求を認めた1審・東京地裁判決(06年9月)を取り消し、訴えを全面的に退けた。都築弘裁判長(三輪和雄裁判長代読)は「通達は教育基本法が禁じた『不当な支配』に当たらず、憲法にも反しない」とした。(28日毎日新聞)

都立学校の教員ということだから,公務員だろう。
公務員も思想良心の自由を持つことは当然だ。

でも,民間にいる私としては,公務員の地位に安住していて,思想良心の自由を声高に叫ぶその姿勢には賛成できない。
思想良心を貫いて職務命令に背くというのであれば,公務員としての地位を投げ打つぐらいの覚悟がほしいものだ。

それと,もう1つ。
今回は,極右の知事に対して,左よりの思想を持つ教員が噛み付いている構図だが,逆になったらどうなるのか。
極右的思想良心を持つ教育公務員が,西暦でなく皇紀で歴史を教えたなんて場合,どうするの?
教育委員会が,皇紀ではなく西暦を用いた授業をするようにと指導したところ,
公務員が「西暦は十字軍を惹き起こすような凶悪なキリスト教を基盤にした暦であって,自分の思想良心と相容れない。」として,西暦を用いての授業を行う義務がないことの確認を求めて訴訟を提起した場合には,その教育公務員を擁護する覚悟があるのかな?
それがないのなら,論理的正当性を欠くように感じる。

そういえば,教科書検定のときも,家永裁判のときには教科書検定は憲法違反だと声高に叫んでいた方々が,「新しい歴史教科書」に対する教科書検定に対して「執筆者の表現の自由を侵害する違憲な行為であるから,文部科学省は検定意見を撤回せよ。」などと噛み付いたという話は聞かない。

どうもこの手の運動は,右と左が入れ替わったときでも,同じ論理を通すという気概が感じられないところに問題を感じる。

なお,私は個人的には,君が代の伴奏をわざわざ義務付ける必要性を感じない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-29 14:22 | 時事 | Trackback | Comments(0)

どんな監査体制だったの?

富士市神谷にあった須津(すど)簡易郵便局をめぐる横領事件で、富士署は26日、同市五貫島の元局長、後藤仁被告(64)=業務上横領罪で起訴=を同容疑で追送検し、一連の横領事件の捜査を終えたと発表した。同署によると、被害総額は約1億2750万円に上った。
 送検容疑は、09年3~6月、管理していた顧客の郵便貯金などを勝手に解約する手続きなどをして、21回にわたって計約1億1000万円を不正に引き出し、横領したとしている。
 後藤容疑者は昨年11月10日、顧客から預かった通帳などを使って現金約1750万円を解約して横領したとして逮捕、起訴された。
 同署によると、後藤容疑者の自宅には、外車など高級乗用車7台があり、なかには価格が1000万円を超える車もあったという。後藤容疑者は「横領した金を車の購入や生活費に充てたり、別の横領がばれないよう補填(ほてん)するのに使った」と供述しているという。(27日毎日新聞)


この人物が本当に横領したのかどうかを決めるのは裁判所だから,現段階で軽率なことはいえないが,仮に真実だとしたら,極めて重い刑事責任を負うことになるだろう。

ところで,1億円も横領されるというのは,郵便局の監査に当たる者の目が節穴だったと言わざるを得ない。
たぶん,最初は小さな金を横領したんだろう。
そして,それがばれなかったので,どんどん横領額を増やしていったんだろうね。

高級車を7台も所有していたら,税務署のほうでも気付かないのかな?

不思議だわ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2011-01-29 11:56 | 時事 | Trackback | Comments(0)