「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

バカも休みながら言え

 ◇「親学」提言のポイント

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児

(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない

(3)早寝早起き朝ごはんの励行

(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す

(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施

(6)企業は授乳休憩で母親を守る

(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞

(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施

(9)遊び場確保に道路を一時開放

(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる

(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める



 政府の教育再生会議は25日、親に向けた子育て指針である「『親学(おやがく)』に関する緊急提言」の概要をまとめた。子どもを母乳で育てることを呼びかけたり、父親にPTA参加を呼び掛けるなどの内容。(毎日新聞の記事を抜粋)



 国から「親とはこうあるべきですよ。」と言われる。そんな間抜けなことはない。

 国はいつから,私生活について,国民を指導できる立場に戻ったのだろうか。



 一般国民は,主権者であって,国のあり方を決める最終的な権能を持っているはずである。

 国から,国民はこうあるべきだなんてことを言われる立場ではない。



 乳幼児健診にあわせて,親学講座だって。ここまで来ると噴飯ものである。国とはどこまで思い上がっているのだろうか。

 是非とも,「親学」なるものを「拝聴」してみたいものである。



 そして,親子で芸術鑑賞だって。和泉元弥の狂言でも見てくるのか?

 芸術鑑賞は,情操教育絶対的に善であるというその価値判断というのは,どこからやってくるのだろうか。



 子どもと対話し教科書にも目をとおす。

 中学校の国語の教科書に目を通して,「随分稚拙な随筆だな」って子どもと笑ってあげるのだろうか?



 それにしても,こんな提言が堂々と出される世の中だと,新教育勅語が公布される日も近いんだろうな。

 そして女は国から「もんぺ」と「割烹着」を強制されることになるのだろうか。



 こういう動きには強い警戒が必要だと感じる。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-30 22:56 | 時事 | Trackback | Comments(0)

個人情報漏洩の悪質性

奈良県大淀町の町立大淀病院で昨年8月、Aさん(当時32歳)が出産時に脳内出血を起こし、19病院に転院受け入れを断られた後、死亡した問題で、高崎さんの診療経過など極めて詳細な個人情報がインターネット上に流出していることがわかった。
 情報は医師専用の掲示板に、関係者らしい人物が書き込んだとみられ、「転載して結構です」としていたため、同じ内容が、医師や弁護士など、かなりの数のブログに転載されている。
 遺族側の石川寛俊弁護士が28日、大阪市内で開かれた産科医療をめぐる市民団体のシンポジウムで明らかにした。石川弁護士は、個人情報保護条例に基づく対処を町に要請した。遺族は条例違反(秘密漏示)などでの刑事告訴も検討している。 (読売新聞)



 病院における診療記録は,絶対に要秘密の個人情報である。

 現在,うちの病院では,「来院歴についての照会」すら回答拒絶事項である(病院に通っていることが名誉になる人はまずいない。)。

 

 患者死亡の場合の診療記録なんて,どう考えても要秘密の個人情報である。

 特に,この患者様は病院をたらいまわしにされたということが問題になっている事件である。

 私は,こんな情報はどう考えてもトップシークレット事項だと思うのだが,これはそういう仕事に携わっているからそう思うのだろうか?



 どんな事情があっても,診療記録は,絶対に公開されてはならない秘密である。

 これは,名誉とは違って,社会的地位に関係ない(天皇陛下だって,総理大臣だって,個人の病気の記録は原則公開されてはならない情報に当たる。)。



 この行為者が,そういう情報をネットに流出させるだけでなく,「転載して結構です。」などと書いているのは,極めて悪質である。この悪質さには非常に憤りを感じる。



 この漏出者には,それ相応の法的責任を取ってもらわなければならない。



 そして,こういう情報を「転載して結構です。」なんて書いていることで安心して,自分のブログに伸せているな弁護士がいるというのも,法律の専門家として軽率の限りである。

 こういう情報を転載した弁護士などは,法律の専門家として,自主的にけじめをつけてほしいと思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-29 22:55 | 時事 | Trackback | Comments(0)

消えてる

 28日の日記が消えてしまっているので,再度書き込み。



 我が家からなくなるはずがないものが見当たらなくなってしまった。



 「鉛筆削り」がないのである。

 最近鉛筆を使うことが少なくなったのだろうか。

 私自身あんまり自覚していなかったのだが,鉛筆削りがなくなっていることに気付かなかったのだから,あんまり使っていないのだろう。



 私は大学時代までは「鉛筆大好き」だった。

 周りはほとんどシャープペンだったが,毎日鉛筆大学に持って行っていた。



 就職して,主に看護部で働いていた時代は,さすがに鉛筆は使っていなかった。というか,使えない。



 主な職場が事務部に移ってからは,鉛筆を多用しているような気がする。



 でも,我が家でそんなに使っていなかったんだ。



 てなことを書いたのだが,29日になっても見付からないので,仕方なく文具屋で買ってきた。2350円也
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-28 22:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)

もったいない

私は「地球環境にやさしい」とかいうキャンペーンが,大嫌いである。



 もとより,環境悪化を望むものでもない。



 どうして嫌いかといえば,全体的に見てあまり意味のないことを奨励されているようにしか思えないからである。



 「水がもったいないから,歯磨きの間にはこまめに蛇口を閉めましょう」なんて言われると,本当に腹が立つ。



 私の住んでいるアパートでは,旧居のほうも新居のほうも,トイレの水は飲用可能な水が流れてくる。



 飲用に適した水と不適な水とを分け,トイレなどには飲用に不要な水を流すようにするだけで,ダムは随分少なくなると思うのだが。



 アイドリングストップキャンペーンとか言って,バスなどはエンジンをこまめに切るようなことをしている。おかげで,沼津市内などでは,駅前に停まっているバスは出発までエンジンをかけないので,真冬などは車内は寒くて仕方がない。

 これで節約できる軽油でトラックはどこまで行けるのだろうか?

 夜の東名を見ていると,この輸送態勢のうち,少しでも鉄道輸送に切り替われれば,随分燃料が節約できるというものである。



 昨日から始まった「バイオガソリン」。

 我々は「朝三暮四」に出てくる猿扱いを受けているようである。

 バイオガソリンの輸入にかかる燃料を含めると,かえって燃料消費量が増えるというのだから,お笑い種である。



 古くは,森林伐採防止のために,箸を持ち歩くなんていうわけの分からないキャンペーンもあったが,今はそのキャンペーンはどうなったのだろうか?



 もっとまともなことをするようになったら,私も協力することにしようっと。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-27 22:53 | 時事 | Trackback | Comments(0)

初任給

 25日,新入職員に初任給が支払われた。バイト代とはまた違った喜びがあるだろう。



 私は「アルバイト原則禁止」の校則を完全に無視して,アルバイト三昧の日々を送ってきた。

 動機は仕送りになるべく手をつけたくなかったからである。 そして,大学生にもなって,学校から「仕送りだけで勉強しろ」と言われたくもなかった。



 だが,今の学生たちは結構学校に従順なようで,「看護学校でアルバイト禁止だったのでアルバイトはしたことがないです。」という子が結構いる。

 だから,働いて収入を得た経験がない子が結構いるのである。



 26日になって,新入職員に「何に使うか決めた?」と聞いてみた。

 そうしたら「貯蓄」との答えであった。堅実な子である。



 私は初任給で万年筆を買った。その万年筆は,今でも重要な決済文書にサインする際に使っている(普段は105円のボールペンでサインしている。)。



 去年初任給をもらったJO友のゆりえもんは,初任給で巨大なRODYのぬいぐるみを買ったそうだ。

 彼女の日記にあれ以来登場しないので,飽きられて「お払い箱」になってしまったのではないかと,心配している。

コメント(4)

大崎 > 初任給の記憶はないなぁ!ちなみに6月のボーナスは教育期間中ということで「寸志」の5万円で騙されました・・・その頃、ちょうど工場実習で長野に1ヶ月出張していた頃なので、郵便局から両親に送金した記憶がうっすらと・・・それ以来、実家にお金を入れていないなぁ(ーー;) 07/04/28 07:34
渡良瀬 > 寸志で5万円ですか。(旧)研修医みたいですね。 07/05/02 23:45



ゆりえ > なななな!!なにをおっしゃいますか!!!すごぃ大事に飾ってあります( ´艸`)ムププ 乗りすぎて、変形したってのは内緒♪ww 転職後の初任給は子供の日です。でも、祝日だから、、、2日に入るのかな!!!! 07/04/28 23:17
渡良瀬 > 乗りすぎて変形しちゃったの(涙) もっと大切にしてね。 07/05/02 23:46
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-26 22:52 | 職場 | Trackback | Comments(0)

出張

25日は,東京都内4箇所に出張です。



 天気がよくないようで,憂鬱です。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-25 22:51 | 職場 | Trackback | Comments(0)

縦結び

24日は,高校3年生5人が1日看護体験に来ていた。



 1日看護体験に来る高校3年生ともなれば,看護師志望の子が多く,結構真剣である。

 高校生の看護体験は,だいたい就職2年目の子なんかが,1日プリセプ(指導担当看護師)を体験する機会でもあるので,2年目の看護師なんかが高校生を担当することが多い。



 午前中と午後の2時頃まで病棟で看護体験などをした高校生たちは,その後病院見学などをすることが多い。



 病院などによっては手術室を見学させたりするところもあるようだが,うちは,そこまではしない。

 病院ならではの施設というのは,あるようであまりない。各種検査室などがせいぜいである。病院特有の「霊安室」というところもあるが,さすがにそんなところを見学させるわけにもいかない。



 その後,うちでは,屋上又は院長室で記念撮影をすることが多い。

 24日は,曇天で院長室で記念撮影となったため,法人事務棟に高校生たちがやってきた。

 みんな可愛くワンピースの白衣と医療用エプロン姿である。



 で,後ろ姿を見て仰天してしまった。

 1番後ろを歩いていた子が,エプロンのひもを縦結びにしているではないか。



 追いかけて,「ちょっと変だよ。」と言って結びなおしてあげた。

 で,後で担当看護師に聞いてみたら「午前中も縦結びにしていたので,直してあげたのに」と苦笑していた。



 どうも,偶然縦結びになってしまったわけではなく,癖で縦結びにしてしまっているようである。



 高校生までは調理実習などでエプロンなどを着けることが多いだろうに,どうしてそんな癖がついているのだろうか?まことに不思議である。



 病院って,そういうことに極端なまでに神経質な方もいるので,今度中高生を受け入れるときには,「身支度検査」を実施する必要があるかも。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-25 22:38 | 職場 | Trackback | Comments(0)

爆笑テープ起こし

某医師の講演会が行われたときのテープ起こしの草稿が出来上がってきた。



 ようやく40歳に届いた若手医師が趣味などを自己紹介する部分



「僕が好きな女優さんは,元ぬらりひょんガールの相沢小夜さんで・・・」



正しくは

「僕が好きな女優さんは,元クラリオンガールの相沢紗世さんで・・・」



 一旦爆笑したのだが,実はこの誤植には伏線があったらしい。

テープ起こしを担当された方に対して,うちの担当者が,「水木しげるさんの映画にちなんで『ぬらりひょんガールコンテスト』っていう企画があるんです。」なんて冗談を言っていたそうである。



 テープ起こしを担当された方は,それを本当だと思ったようである。



 午後のお仕事中,「ぬらりひょん」の姿をした相沢紗世が私の頭の中を駆け巡りそうである。



(ぬらりひょんの解説・・Wikipediaから) 

外見は、特徴的な形状をした禿げ頭で、上品な着物姿の老人。忙しい夕方時などに、どこからともなく家に入ってきて、お茶を飲んだりするなどして自分の家のように振舞う。人間が見ても「この人はこの家の主だ」と思ってしまうため、追い出すことができない。

コメント(6)

大崎 > 電車の中で読んで思わず吹き出してしまいました!昼食中でなくて助かりました♪牛乳でも飲んでいる最中だったら、午後は早退していたと思いますε=┌( ・_・)┘ 07/04/24 13:49
渡良瀬 > 電車の中でニタニタしているほうが危ないかも。 07/04/27 19:42



里見 > それでは、のりさんは砂かけ… (っと危ない危ない)猫娘コンテストに応募してみては? 07/04/25 00:25
渡良瀬 > 里見さんはこなき・・・で,私は猫娘ってところで,街のフェスティバルに出ますか? 07/04/27 19:43



松翁 > ポッポヤらしく?境線の駅名が頭をよぎりました。ここで開かれたのですね。コンテスト。 07/04/26 20:59
渡良瀬 > 一昨年,霊番線のあるところに旅行に行きましたよ。 07/04/27 19:44
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-24 22:37 | Trackback | Comments(0)

 どの職場でもある「新人指導」。



 私が新人指導を担当した後輩は,就職3年目に担当した子は5月病にかかり,あっという間に退職してしまった。

 4年目に担当したのは,西田尚美に似ている子である。



 その西田尚美似の後輩が指導を担当したのが,森口博子の子である。

 女性が見ても可愛いく,彼氏などすぐにできるようなタイプなのだが,なぜか男運がない。

 学生時代も合コンには誘われるのが,見事に「ダシ」に使われるだけだったらしい。



 その森口博子似の後輩に春がやってきた。

 一緒に映画なんかを見に行った後に「今度私のお料理をご馳走する」とお約束してきたそうである。



 だいたい男性陣にお料理をご馳走する場合には,最初は自分の十八番を出すものである。

 彼女は得意のビーフシチューなどを作って,彼氏をお招きした。

 そうしたら,彼氏は「お礼に,今度は俺が手料理を振舞うから。」と言ってくれたそうである。



 で,一昨日,私らが餃子を作って腹いっぱい平らげていた頃,森口博子似の彼女は,彼氏の「手料理」を頂きに,彼氏の家に行っていた(どおりで,私たちからのお誘いを断ったわけである。)。



 彼氏の家での手料理。後輩は,「男の料理」と呼ばれる豪快なブツ切りの魚の味噌汁が出てきたり,カレーライスが出てきたりということを想像していたようである。



 だが,彼の家のキッチンを見て仰天したそうである。

 なんと,業務用のガスコンロなどが入っていたそうである。

 見るからに料理人のキッチンだったそうだ。



 彼氏は,素人ではなかなか作れない「桜えびのかき揚げ」をはじめ,8品ぐらい作ってくれたそうである。



 で,「今まで黙っていたけど,実は料理人なんだ。」と告白されたそうである。今までは事務職と聞いていたようである。



 で,そこで「よかったら結婚を前提に・・・」となったようである。



 後輩は,早速OKを出したらしい。



 プロポの言葉は,「これから,僕が本格的な料理を教えてあげるから」だったらしい。

 要は,お招きしたときに作ったビーフシチューがまずかったのだろう。



 それにしても,プロポの言葉が分かるだけ羨ましい。

 我が旦那は,今でもプロポの言葉を私に教えてくれない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-23 22:13 | 職場 | Trackback | Comments(0)

解禁

いろいろ対策を取った結果,外部接続が解禁されました。



 今後,昼休みにちょこちょこ顔出します。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-04-23 22:12 | 職場 | Trackback | Comments(0)