「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

静脈認証

 30日に,りそな銀行が定期預金の開設・引き出しのために,指静脈認証を始めたそうだ。



 指静脈認証は,印鑑や身分証明書を盗用されるなどの悪用の心配がないということで,急速に普及しているようである。



 実印が盗難され,給料の差押までくらった私としては,本人確認の強化には賛成である。



 ただ,指静脈認証の保管の程度が全く分からない今の段階では,私はこのサービスを利用するつりはない。



 印鑑は盗まれたと分かれば新しいものに交換することができるが,「指静脈認証で蓄積したデータが流出しました。」となったら,どう善後策を講じるのだろうか?

 新しい静脈構造に指を取り替えるのだろうか?



 一見完璧に見える本人確認方法は,その情報が流出したときに,修復不能となる危険をはらんでいるものである。



 私は当分は,印鑑での認証でいいや。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-31 21:40 | 時事 | Trackback | Comments(0)

逆さま読み

 牧師というと結婚式の仕事ばかりだと思われているようなところがあるが,お葬式関係の仕事も少なくない。



 29日,旦那はお葬式関係のお仕事に出掛けた。今夜は帰宅しない。



 ということで,さっきまで旧居のほうで猫とマッタリしながら,月曜日に録画しておいたフジテレビ系列の「世にも奇妙な物語」を見ていた。



 世にも奇妙な物語ではよく出てくる椎名桔平が主演のドラマの主人公の名前



 浦木 春海(うらき はるみ)

 と

 井村 光(いむら ひかる)



 ローマ字にすると

 URAKI HARUMI

IMURA HIKARU



 ローマ字版の上下逆さまなんだ。

 放送作家もこの名前,よく思いついたものだと感心してしまった。



 ローマ字版の上下逆さまで,両方とも人の名前になる名前,私はすぐには思いつけない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-30 21:39 | Trackback | Comments(0)

0歳児に使う尊敬語

秋篠宮殿下の長男悠仁ちゃんのニュースがNHKで流れていたが,NHKは尊敬語を多用していた。



 あのニュースを聞いていて,失笑していた患者様がいて,私もつられて失笑してしまった。



 0歳児の一挙手一投足に「尊敬語」を使うのは,なんとも「ユーモラス」であり,悪趣味でもあるような気がする。



 いくら皇室関係者でも,例えば二十歳になるまでは,丁寧語に止めておくとか,そういう配慮をしたほうが,より自然だと思うのだが。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-29 21:38 | 時事 | Trackback | Comments(0)

63年違っているよ

 28日に,裁判所から判決正本が4通も届いた。

 日付は,26日付けが1通,27日付けが3通である。



 相手方が欠席すると,判決というのは至ってシンプルである。



 ものの3行程度である。

 三行半といったところである。



 今回も,4件全部が相手方欠席の案件であったので,そんな判決だった。



 判決にはたいてい「仮執行宣言」というのがついている。

 相手方が控訴していても,強制執行ができるという「お墨付き」である。



 ただ,強制執行というのも,そう簡単にはできないので,そのための準備をしなくてはならない。



 その準備が終わってふと見ると,1件の判決に重大なミスがあることに気付いた。



 判決日が「昭和19年3月27日」と記載されていた。



 裁判所の職員も所詮は人間である。こんなミスをするものなのだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-28 21:36 | 職場 | Trackback | Comments(0)

似顔絵

2001年に発生した5人死亡の武富士弘前支店強盗殺人放火事件の犯人,小林光弘に対する上告が棄却された。彼は10日後に「被告人」から「死刑囚」となる。



 その彼については,犯行直後に捜査員が手書きした似顔絵がまず公開された。


c0160120_21325515.jpg


数日後には,CG合成した似顔絵が公開された


c0160120_21332763.jpg


そして,これが小林光弘被告の顔写真である。

c0160120_21335636.jpg



 私には画才は全くなく,人の似顔絵など絶対に書けない。

 また,人の顔を覚えるのかなり苦手なほうである。

 その私だから分からないのかもしれない。



 でも,写真を見ると,小林死刑囚は垂れ目のように見える。それに対して似顔絵・CGはどちらかというと釣り目のように見える。



 私の画像解析能力では,絵やCGから,この男と特定するのは無理である。



 青森県警の発表では,小林死刑囚を犯人と断定したのは,逃げ去る軽自動車の特徴から絞り込んだ結果だという。



 犯人の似顔絵は,目撃者の記憶をもとに作られるのだが,人の記憶というのは,本当に間違いやすいものである。



 それにしても,この死刑囚,競輪にのめりこんで借金を作り,その返済に窮したので,一攫千金を狙いに強盗に行ったものの,現金を受け取れなかったために自暴自棄となり,混合油に放火して逃げたのだという。

 あまりにの短絡さに同情する気にもなれない。



 ただ,この彼も当時は妻がいて,2人の子どももいたのだという。

 警察から任意同行を求められた際,妻は彼にすがりついて泣いていたのだという。

 前科などは特になく,この事件までは平凡な人生を送ってきていたようだ。



 多数の人を不幸のどん底に叩き落すために生まれてきたわけではあるまい。



 やりきれない思いだけが残る。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-27 21:31 | Trackback | Comments(2)

重要事項説明を聞いてきたよ

 宅地建物を借りる場合には,宅地建物取引主任者は重要事項の説明をしなければならないことになっている。



 18日の日記に書いたが,旦那がNPO活動をするための事務所を借りることになった。



 27日の夜,夫婦で不動産屋さんに行って,「柏◎乃梨」宅地建物取引主任から,説明を受けてきた。

 おとしは,私より2回りほど上の方だった。



 この宅地建物取引主任さん,ちょっと民法や借地借家法に疎いようである。

 牧師と看護師ということで馬鹿にされたのかどうか分からないが,説明にデタラメが多く,困ってしまった。



 そんなものなのかな。



1 (説明) この物件には抵当権がついていますので,家主さんが代わった場合には,敷金は新しい家主さんに引き継がれません。

(解説) 抵当権が実行された場合に,買受人に敷金を承継させられないだけです。一般の売買の場合には承継されます。



2 (説明) リフォームをしていただいた費用のうち,トイレの修理などの費用は大家さんに払ってもらえますが,ドアを代えたような場合にはその費用は払ってもらえません。

(解説) ドアを代えた費用は,契約終了時に増加額が現存していれば,大家さんから費用又は現存額(実際には低い額)を払ってもらえます。



 そんなこんなで,「間違いだらけの重要事項説明」を受けて帰ってきました。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-27 21:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

26日

勤務日程調整で,午後4時出勤です(午前1時まで勤務)

コメント(4)

里見 > がんばれ~管理職♪ 07/03/26 22:51
渡良瀬 > はーい。頑張ります 07/03/28 00:24



大崎 > そのまま、飲み屋に行ってしまいそうな時間だぁ(^_-)-☆ 07/03/27 19:58
渡良瀬 > 居酒屋って,何時ごろが看板なんですか? 07/03/28 00:24
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-26 21:22 | 日常 | Trackback | Comments(0)

震度6強

25日に石川県を中心として大きな地震があった。

 私は職場に行っていたのだが,私の部屋の本棚が一瞬揺れたので,「地震だな」って思い,TVをつけたところ,「最大震度6強」という速報を見てどきっとした。



 残念ながら,お1人がお亡くなりになってしまった。

 心からお悔やみ申し上げる。



 それにしても,阪神・淡路大震災以降,大きな地震が多数発生しているように感じる。

 死亡者が出た地震でも,新潟県中越地震と神津島の地震があり,宮城県での1日3度の震度6,芸予地震・福岡県東方沖etc



 先ほど石川県のHPを見たら,こんなのが載っていた。



被災地へのボランティア活動について
 本日、9時過ぎに能登地域を中心に震度6強の地震が発生しました。現在、石川県災害対策ボランティア本部では、被災市町に対して被害状況の問い合わせをするとともに、ボランティアによる支援活動の要望があるか調査中です。ボランティアを希望される方々におかれましては、しばらく現地へ向かわれることを見合わせていただき、石川県ホームページ、報道機関の情報をご確認のうえ、行動していただきますようよろしくお願いします。



 行政から「しばらく現地に向かわれることを見合わせていただき」と言われるボランティアというのは,なんか悲しい。



 阪神・淡路大震災以来,災害などが起こるとボランティアに行く人が増えた。

 だが,「被災地に何をしに来たのか?」と首を傾げる人間も少なくない。いろいろな意味で。

 なので,行政がボランティアに関する事柄まで仕切る必要が出るということなのだろうか?



 大災害が起きた場合のボランティア対策までが行政が行う国家というのは,究極の福祉国家だな。



 ボランティア。私は阪神・淡路大震災のときは半月,新潟県中越地震のときは10日間行ってきた。

 大震災のときは大学生だったので,医療行為は何もできず,炊き出し,乳児のおむつ交換などをしていた。

 中越地震のときは,「大特免許」を武器に,ブルドーザーを崖の崩落現場に運ぶボランティアを志願したが,そんなボランティアなどあるはずもなく(私自身そんなボランティアがあることは予定していなかったが),結局,医療行為のボランティアをしてきた。車中泊をしている方々の訪問看護が主な仕事だった。

 ちなみに,中越地震のときは特別休暇中だった。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-26 21:21 | 時事 | Trackback | Comments(0)

何をかいわんや

お詫び
昨日来、市職員の採用について不正行為があったような疑惑報道がされています。市民の皆様に多大なご心配をお掛けし、世間をお騒がせする事態となったことをまず深くお詫びします。

市民の皆様のために役立つ優れた人材を選ぼうと、私が、良い意味で積極的に関与したものですが、市長として、公共の利益に反したり、何ら違法行為はしてないことを明言申し上げます。

 市役所改革のためには、相当のエネルギーをかけて有能な人材を選び、採用した後もしっかりと働くよう、適切に指導・育成・配置・評価していくことが不可欠です。私は、市長就任当初からこの考えに基づき、従来の採用方法や人材育成方法を見直してきたものです。

 今後、事実関係は、市議会内に設けられた百条委員会で調査していただけるものと理解していますが、真相究明とともに、早期の信頼回復に努めたいと思っています。

 詳しくは、数日中にも改めてご説明させていただきますが、取り急ぎ、心からお詫び申し上げる次第です。

平成19年3月23日

加西市長 中川暢三



 兵庫県加西市では,職員採用試験を実施した。

 ところが,採用試験の結果では補欠合格の水準にも達していなかった人物が採用されたという。

 公務員に採用されようと日々努力し,採用された人物より試験で高い点数を獲得したのに,不合格とされた受験者の方々の悔しさを,この市長はどう償うのか。



 仮に,「従来の採用方法や人材育成方法の見直し」を行うのであれば,それは試験前に公表しなければならない。

 試験の結果で採用者を決定するかのように装い,実際には何ら考慮しないというのは,「だまし」である。



 今後,市議会でこの件に関して委員会が開かれ,偽証罪の制裁の下での証言が行われるようだが,市議会で真相が解明されるとは思えない。



 虚偽公文書作成罪などで,刑事司法手続が進むことを望む。



 実際,地方公務員への就職というのは,こういう「情実採用」の噂が後を絶たない。

 「学閥採用」の国家公務員と,「情実採用」の地方公務員。どっちもどっちである
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-25 21:20 | 時事 | Trackback | Comments(0)

離職防止の対策

 就職したのに、すぐに辞める新人看護師の増加が医療現場で大きな問題となっていることを受けて、京都府は新年度から離職防止策を本格化する。先輩看護師との交流や泊まりがけの研修を行うなど職場環境を整え、新人に仕事を続ける自信を回復してもらう。
 新人看護師の離職が全国的に増えている背景には▽実技の履修時間の変更などで看護学生による注射や採血などの機会が減った▽看護師不足から各病院が現場研修に十分な時間をとれなくなっている-などが要因とされている。
 現場での戸惑いや、患者とのコミュニケーション能力の不足などで、仕事に嫌気を感じる新人が多いという。新人の早期離職が、看護師不足や激務に拍車をかけているとの指摘もある。
(中略)

 離職防止策は、府看護協会に委託して行う予定。新人看護師を対象にした1泊2日の研修を実施し、気軽に患者に様子を聞く方法など現場で培われたノウハウを教える。先輩看護師による助言やレクリエーションなども企画し、悩み解消や意欲回復につなげる。
 また、1日研修も行う。薬の管理法や心電図の見方など基本的な知識や技術をあらためて教えることで、現場での実践に生かしてもらう。
(3月22日 京都新聞)



 この春,うちの職場でも就職2年以内で離職する看護職員が何人もいる。

 人事担当は毎日愚痴をこぼしている(暗に私に現場復帰を迫っているようだ。)。



 絶対的不適格者・・・どの職場でも長続きしない人。

 相対的不適格者・・・この職場だから離職する人。



 というのはどこの職場でもあるだろう。



 プロ野球のピッチャーで例えるなら,絶対的不適格者は,体力不足でスピードが出ず,打者からめった打ちにあうような人である。この人はプロ野球の世界では目が出ない。

 相対的不適格者は,監督とそりが合わず,出番が全くまわってこない人というところだろう。この人は,トレードなどで別の球団に行けば活躍できる。



 看護職の場合,絶対的な不適格者は,体力面より性格面だろうなと思う。

 手技が下手でも,物覚えが悪くても,虚弱体質でも,それなりのところで仕事をするようになれば,結構長続きするものである。こちらは,相対的不適格者ということになる。

 一方,手技が上手で,知識も豊富で,まじめな子でも,人間関係を築くのが苦手な子は,どこの職場でも結構長続きしないようである。これが決定的に苦手な子は,絶対的不適格者ということになる。



 私は,正直なところ,人付き合いはそんなにうまいほうではない。

 看護職が天職かといえば,絶対にNoということになる だろう。それでも辞めずに済んでいるのは,最低ラインは上回っていたのだろう。



 翻って,京都府のこの試み,私には「無駄」のように見えないでもない。

 相対的不適格者は,さっさと離職して,別の職場を探すほうほうが,本人にも社会にも有益だと思う。

 絶対的不適格者は,どんな対策をとっても,離職は時間の問題だということになる。



 適格者なのに自分は不適格者だと思い込んでいる者の離職の阻止に,1泊2日の研修会がどれほど役に立つか。

 疑問なしとしない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2007-03-24 21:19 | Trackback | Comments(0)