<   2006年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧

勝利の美酒

 予防接種反対派の活動の仲間が,情報公開を請求したところ,一部が不開示となった。

 仲間は,不開示を不服として争って行政不服審査をしたのだが,覆らなかったため,訴訟を提起した。

 今日,その控訴審判決の判決書が東京高等裁判所から届いた。一審に続き仲間の勝訴であった。

 主 文
1 本件控訴を棄却する。
2 控訴費用は,控訴人の負担とする。

事実及び理由
・・・
結論
以上のとおり,本件各不開示部分は,いずれも情報公開法5条2号イに該当しないから,本件各決定はいずれも違法であって取り消されるべきであり,被控訴人の請求を認容した原判決は相当である。よって,本件控訴を棄却することとして,主文のとおり判決する。

 さきほど,仲間で居酒屋に集まって,「勝利の美酒」で乾杯してきた。

 全く呑めない私は,居酒屋で「運転手コース」という料理を頼んだ。
 飲酒運転対策が強化された結果,運転手用に,呑まないコースが用意されているのだという。
 ありがたいことである。
 これなら,私も居酒屋に行けるな。

 仲間も,弁護士を付けずに自分で法廷に立った。
「勝訴判決が届くと,裁判官のことを『いい人だ』と思えるようになるから不思議だ。」と言っていた。
 そんなものである。

 国の上告期間は,国に判決書が届いてから2週間である。国が上告を断念したら,盛大に「祝勝会」(兼忘年会)を開こう。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-30 01:53 | | Comments(0)

原因不明

 ご本人は腰部・腹部などに激痛があると訴えているのだが,様々な検査などをしても,その痛みの原因が皆目分からないときがある。



 今,いくつもの病院で,星の数ほど検査を受けてきたのだが,それでも全く原因が分からないという方が入院されている。



 心理的な要因かもしれないということで,心のケアまで受けたのだが,それでも全然痛みは緩和されないというのである。



 しばらくは対処療法を続けるしかないのだが,こういう患者様の看護というのは,非常に難しい。

 患者様のほうも,原因が分からないということで,精神的に非常に不安定となってしまうことがある。



 そうなると,ほんと神頼みというのも,頷けるのである。



 まだまだ,人の体の仕組みは分かっていないものである。



 神の恵でも医療の力でも何でもいいから,その患者様から痛みが早く消えることを願う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-29 01:52 | 職場 | Comments(0)

狡兎死して良狗煮らる

 北海道だけで開催されていた「ばんえい競馬」が廃止されることになったそうである。



 赤字続きでは廃止はやむを得ないと思うのだが,ばんえい競馬の競走馬はどうなるのだろうか?



 ばんえい競馬は,そりを引く競技なのだが,体力が劣っていて,そりを引いて障害を乗り越えられず,不合格となった競走馬は,馬肉として処理されると聞いたことがある。



 今回ばんえい競馬が廃止されると,競走馬は馬肉処理されるのだろうか?



 馬の今後が気になる。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-28 01:51 | 時事 | Comments(0)

字画が悪い

福岡の悪質業者が「息子さんの字画が悪い。早死にする。」などと言って,印鑑などの購入を迫っていたという報道がされていた。



 だいたい,「字画が悪い」なんてもの,真剣に信じていると苦しむだけである。

 親が自分の幸福を祈ってつけてくれたのなら,それが自分にとって一番幸せな名前である。



 字画で幸運がやってくると思う人は信じればいいし,こんなことでは幸運が来ないと思っている人は信じなければいい。

 いいことたけを信じる。それが信心というものである(宗教家の妻としては言ってはいけないかな。)。



 私は,親にどうしてこんな名前にしたのか,聞いたことはある。

 父は「のり子」(字はよく分からない。)にしたかったようで,母は「まり」にしたかったようだ。

 足して2で割れば「まりこ」になりそうなものだが,そうはならなかった。微妙な駆け引きがあったのだろう。



 ところで,大人になってから,「字画が悪い」と言われて,正式に改名したという人をときどき見る。

 わざわざ家庭裁判所で手続をして名前を変えるその努力はたいしたものだが,変な当て字になっていたりして「前のほうがよかったのではないか?」と思ったりする。



 私の場合も字画が悪いとか,字の組み合わせが悪いとか言われたことがある。

 そんなことを信じていては身が持たないので,笑ってごまかしていた。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-28 01:50 | 時事 | Comments(0)

昼ドラのCM

 平日昼間の民放で「昼メロ」が放送されている頃は,ドモホルンリンクルとアリコ・アフラックなどのCMが多いこと多いこと。

 何でこんなことを知っているのかというと,最近昼食時間が2時前後となっており,その頃食堂で流れているテレビで毎回そんなCMが放送されているからである。



 ドモホルンリンクル・・・全く興味がない。あれだけ広告宣伝費をかけて,毎度毎度「私たちは誠実な会社です。」って宣伝してイメージアップになるのかな?

「電話をしたら体調が悪そうだったので,お手紙を書いた。そしたら手紙をもらえた。」なんて宣伝しているが,「商品の勧誘の電話したら,相手が病気だったら,電話をさっさと切れ!」とか突っ込んでいる。

 「いつも10歳若いと言われている。」って,そりゃおばあさんでも女性だから,見た目より若く言うのは,大人の礼儀ってもんでしょ。



 外資系保険会社のCM。

父が「もう保険は無理だな」とか言うと,30前後の娘が父に対して「生命保険,諦めちゃだめよ。」とか言っているCMがあるのだが,究極の親不孝娘だな。

 父が死亡したとき,保険金を受け取るのは誰なのだろうか?

 娘は異常なまでに保険の内容に詳しいのだが,父を被保険者にするため,せっせと勉強していんだろうな。

 30にもなったら,父の生命保険などあてにすることもあるまい。



「どんな人でも手軽なお値段で保険に入れます。」とか宣伝している保険。こんなものでも利潤を生める最大の原因,それは「なにかあったときに出る保険金もお手軽なもの」ということである。

 保険会社のCM。これは給付金の話題をするときは掛金の話がなく,掛金を話題にするときは給付金の話がないものである。



 世の中を斜めに見ると,CMも別の意味でおもしろいものである。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-27 01:49 | 時事 | Comments(0)

父母

 JO友のみれさんが,御息女のところに行かれて,母娘で楽しい時間を過ごしておられるという日記を読んで,ものすごく羨ましかった。



 私は大学進学の時に父母のもとを離れたが,それ以来,父母が私のところに来たことは1度しかない。

 結婚式のときである。



 父母から「ちょっと会いたいから行くね。」なんて,言われてみたいが,そんなことは全くない。



 弟の介護が現在進行形で続いている父母にとって,ふと旅行することは,ありえないことなのである。



 そして,弟を中心として時が動いている我が家では,私たちが大人になり,家庭を持っても,父母にとっては,私は弟より3つ年上の子どもなのである。



 弟が障害を持つまで,父は渓流釣りが趣味だった。

 その趣味など,今では夢のまた夢である。



 私らと,兄夫妻は,「弟を預かるからゆっくり温泉旅行にでも行ってきたらいい。」と言うのだが,父母は日帰り旅行しかせず,その日のうちに戻ってくる。



 私が看護の資格を取ってからも,発作で苦しむ弟のケアは私を押しのけて父母がしている。

 たしかに,弟が毎日服用している粉薬を水滴で上手に丸める技術などは,まだ母にかなわないし(私も看護部のほうでは上手なほうなのだが,それでも母みたいには上手にできない。),「お風呂上り」の弟のケアは父にかなわない。

 だから,父母は私たちに弟を任せようとしない。



 弟の介護費用は私が援助すると言っても,父母は決して私が弟の口座に振り込んでいる預金に手をつけない。

 就職したときは3万円,途中から5万円,3年前に給料がドンと上がってからは15万円を送金し続けているのだが,それがそのまま残高となっている。



 父母との距離は,いつまで経っても縮まらない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-26 01:48 | 日常 | Comments(0)

退場の必要性

11月25日付けで、関東運輸局より鉄道事業の改善命令が発しられました。このことは、報道機関をとおしてすでにご存じの方もおられるかと思います。2ヶ月以内に措置状況を報告することになっており、改善が認められない場合には運行停止処分が有ることも、命令書受領の際に言及されました。
 私たちは、この命令を厳粛に受け止め、安全確保の措置をできることから順次実行に移して参ります。
 今回の命令に対する改善計画を早急に策定するよう努力し、利用者の生命を守ることを第一に取り組んで参りますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。                                                                   11月25日 銚子電気鉄道株式会社




・電車が通過しないうちに遮断機が上がってしまう,

・枕木が腐食している。

・踏切の設備が法令の基準に適合していない。



などなどの問題があるそうである。



 銚子電鉄は,「ぬれせんべえ」で運行維持をお願いしたことで,最近話題となっていた。



 こんな会社がもし事故を起こしたら,その被害者は賠償を受けられるのだろうか。

 信楽高原鉄道の事故を教訓にして,中小私鉄も合同して保険に入ったと聞いているが,踏切のメンテナンスもろくにできていない会社のために保険を引き受ける保険会社も保険会社である。



 鉄道事業というのは,人の命を預かる事業である。

 だから,人の命を守るために万全の対策が求められているのである。

 お金がなくて,万全の対策がとれないような会社は,そもそも,人の命を預かる資格はない。



 銚子電鉄が営業している距離は,自転車でも何とかなってしまう距離である。人の命を守るための万全の対策をとれなくも,どうしても鉄道事業を続けなければならない理由はない。



 取り返しがつかない重大事故を惹き起こす前に,そして,退職者に対して十分な支援が可能なうちに,鉄道事業から撤退するのも,経営判断だろう。



 ちなみに,私は何年か前の6月に銚子電鉄に乗ったのだが,雨だったということもあり,正直あんまり印象は残っていない。その直後に乗った鹿島線で雨が強くなり,土砂降りの雨の中,潮来付近をノロノロと電車で走った思い出のほうが強く残っている。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-26 01:47 | | Comments(0)

三島駅にて

昨日,三島駅から下りの普通列車(静岡行き)に乗ろうとしたところ,30代程度の男性から「すいません。」と声を掛けられました。

 「この電車,伊東に行きます?」と言ってくるのです。



 ご丁寧に,私は伊東駅に行く方法をきちんと教えてしまいました。

 ここから上り電車に乗って熱海で伊東線に乗り換えてください。

 って。



 男性の方は連れの男性の方と,盛んに首をかしげています。

 「どうしました?」と聞いたら,行き方が書かれた紙を見せてきたので,ちょっと見たら,「東京(ひかり)三島(特急東海)熱海(伊東線)伊東」との経路選択が書いてありした。



 このとおり行くのね。



 お疲れ様です。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-25 01:46 | 日常 | Comments(0)

マスク

旦那の風邪,ようやく治ったみたいです。

 結局,5日間寝込んでいましたね。

 ご心配をおかけしました。



 昨日は,使い捨てマスクをかけて,職場に出かけていきました。

 私は,マスクはほとんどかけないのですが(前回は鼻血が噴き出したときにかけていた。),旦那は多用しています。鼻がジュルジュルでそれが垂れてきたところを電車内でお見せするわけにはいかないということでした。

 なるほどね。



 今,流行が問題となってきているノロウィルス問題に伴って,ある病院では,全職員(医師・看護師・技師だけでなく,事務職・院内の売店の職員まで),マスク強制になったところがあるそうです。

 これだけ全員が一斉にマスクだと,患者様などはさぞかし驚いたことでしょう。



 ノロウィルスは,便や吐瀉物を通じて感染するといわれているので,病棟勤務の医師や看護師・看護助手などが使い捨ての手袋やマスク着用を奨励されるのは納得ですが,治療費の会計処理をしている職員までマスク強制というのは,なんか可哀想です。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-25 01:45 | 日常 | Comments(0)

結婚相談所の成功基準

結婚相談所とかいう産業がある。



 自分で結婚相手を見付けてきた私は,使用したこともないし,「さくら」で登録したこともないので,どういう仕組みになっているのか,いまいち分からない。



 その結婚相談所,「これまで1万組のカップルの成婚をサポート」なんて書いてあるが,何をもって「成婚」というのか,そのことにちょっと関心をもった。



 ちょっと調べてみたのだが,成婚とは「客観的に見て,成婚した人間でなければしないような行為を行うこと」というらしい。



 もちろん,婚姻届を出す行為は「客観的に見て成婚した人間でなければしない行為」であり「成婚」だろう。

 結婚式を挙げ,牧師の前で結婚することを誓うことも,これもまあ「成婚」だろう。

 ここまでは,特に問題はないと思う。



 内縁関係(婚姻届は出さないものの,同居して生活をともにする関係なんてものだろうか)でも,まあ成婚でいいだろう。



 ところが,結婚相談所の中には,肉体関係を結べば,これは成婚であると主張しているところも結構あるらしい。

 肉体関係は,「客観的に見て成婚した人間でなければしない行為」に当たるのだろうか?

 かなり疑問のある内容である。



 美人局にひっかかった男,口先の魔術師にひっかかった女は,まこといい面の皮である。



 しかも,会ってすぐ肉体関係を結んだが,それっきりだったというような場合,その相手方から,結婚相談所に「肉体関係があったことのご報告」が上がるところもあるというのだから,かなり怪しいものである。



 何となく,結婚したい願望が強い方々がカモにされているような気がしないでもない。 
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-11-25 01:44 | 時事 | Comments(0)