<   2006年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧

上九一色村

1995年,はからずも日本で1番有名な村になった山梨県西八代郡上九一色村が,今日で消滅する。



 平成の大合併での村の消滅だが,村の北部は甲府市に,南部は富士河口湖町に編入されるそうである。こういう分割合併は,平成の大合併で初めてだそうだ。



 1995年3月22日に上九一色村で行われた強制捜査。すっかり忘却の彼方に行ってしまったが,ガスマスクをかけた捜査員が,カナリアの鳥かごを持っていたシーンは覚えている方が多いだろう。



 あの捜査でお勤めを果たしたカナリアの「退職後」はどうなったのだろうか?



 あの強制捜査のシーンを,私は西宮市で見ていた。ボランティア活動をしていて西宮市に泊まり込んでいたからである。

 松本智津夫を載せた護送車が多数の警察車輌を従えて中央高速を疾走しているシーンは,大学の談話室に備え付けのテレビで見ていた。

 私は,護送車よりも,中央高速上の高架橋に,やじ馬が鈴なりになっていたのを見て「あんな護送車を見に,これだけの人が見物に来るのか」と呆れたものである。



 あれから11年も経つんだなー。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-28 21:46 | 時事 | Comments(0)

出張

仕事上の冠婚葬祭の関係で,夕方から東京に行きます(出張命令をもらっている。)。



 22時過ぎまで都内にいることは確実なので,そのまま都内に宿泊する予定です(ひょっとしたらMながらで帰ってくるかも。)



 日記は書き込めないと思いますが,携帯でロムできますので,足跡にいろいろ残しておいてくださいね
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-27 21:45 | 職場 | Comments(0)

在日

 昨日韓国料理を習ってきた方は,在日韓国人の方であった。

 私と同年代の子は3世に当たる。



 その子は日本の学校で短大まで出てきて,韓国語は話せない。

 でも,日頃の料理は韓国風の料理が多いそうである。



 その子は,韓国国籍であることにそんなに魅力はないので,帰化したいと思っているのだが,1世に当たるおじいちゃんがいるうちは,帰化するわけにはいかないだろうということであった。



 日本生まれで日本育ちで日本に住んでいる私としては,日本国籍を持つことのありがたみを実感しない(旦那に徴兵がないことはたしかにありがたいが。)。



 でも,日本の偽造パスポートが,闇の市場ではトップ水準の高値で売買されているところを見ると,世界的には日本国籍を持つということは価値があるのだろう。



 そうでなくても,日本で生まれて,日本で育ち,日本で社会生活を営むというのであれば,韓国国籍を持っているよりは日本国籍を持っていたほうが便利に決まっているだろうと,私などは考えてしまう。



 在日韓国・朝鮮人は,数十万人いる。

 だから当然考え方も一枚岩ではなく,千差万別である。

 昨日会った子は,日本国籍をとりたいと思っている。

 一方で,自分の本国はあくまで韓国であって,当然日本国籍など要らないという人も多いだろう。

 でも,韓国在住の韓国人の間では,在日というのは,あんまり評判がよくないとも聞く。

 本当に難しいものである。



 ところで,日本人が,どこかの国の国籍を取得した場合には,日本国籍を離脱することになる。アメリカの国籍を取得して日本国籍を離脱する人は結構いるようだ。

 アメリカに憧れてアメリカ国籍を取得するのはいいが,アメリカに幻滅して日本国籍を取り戻したいと思っても,なかなか手続が大変である。

 日本で将来生活する予定があるのなら,日本国籍は手放さないほうが,後々楽かもしれない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-27 21:44 | 日常 | Comments(0)

おいしかったよ

 今日は,予告どおり,韓国料理を習いに行ってきました。



 イカと野菜のコチュヂャン和え。

 おいしかったですよ。


 これなら,私も作れるかも。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-26 21:44 | 日常 | Comments(0)

国家試験

 昨日は,国公立大学の前期日程の試験日だった。



 今日は看護師の国家試験がある日なのである。



 去年,内科に配属予定だった子の1人が,まさかの国家試験不合格になり,内定取消となってしまった。

 保健師・助産師のいずれかの試験に合格すれば,看護師の職に就くことができるのだが,(3つとも受ければ,1つ合格すれば看護師の職に就くことができるということになる。),その子は看護師試験しか受けていなかった。

 どうも,当日40℃の発熱があって,何も考えられなかったようである。



 国家試験不合格になった子は,内定を取った病院で就職することはほとんどないのだが,その子はうちで1年間看護助手として勤務していた。



 うちでは,看護師は白,看護助手はライトグリーンと制服の色が決められている。

 合格発表日に,ライトグリーンから白に,制服を着替えることになるのを祈っている。



 でも,看護師国家試験の問題って,常識だけで解ける問題が多いのである。こんなのを知っていて何の意味があるのかと不思議に思う。

「生活保護法に基づいて設置されている施設はどれか?」なんてことを知っていて,看護現場で役立った記憶はない。



 もう少し,たとえば特定の症状からその原因を推理させる問題とか,患者様への正確な対処方法に対する知識を確認させるような問題を,多く作ってほしいものである。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-26 21:42 | 職場 | Comments(0)

風を読めない男たち

謝罪会見での収拾検討 永田議員進退で民主

 民主党執行部は25日、ライブドアの送金指示メール問題への対応について、永田寿康衆院議員の辞職は見送り、永田氏が26日からの週内に謝罪会見を開いて説明責任を果たすことで事態の収拾を図る案の検討に入った。党としてもメールの真偽に関する調査結果を公表する。
 永田氏を辞職させれば「国会で疑惑を追及する議員が委縮し、将来に禍根を残す」(党幹部)との判断からだ。党内では「だれかが辞めなければ、混乱は拡大するだけ」(中堅議員)として、引責に言及した野田佳彦国対委員長の辞任論も強まっているが、前原誠司代表は25日夜、京都市内の会合で、「真相究明について引き続き頑張ってもらう」と述べ、野田委員長の辞任の必要はないとの認識を示した。
 このため執行部はメール調査の進展状況や世論の動向を見極めながら、来年度予算案の衆院通過が見込まれる来月2日までに永田氏辞職の是非も含めた対応を最終判断する方針だ。

(共同通信)

 問題に関して,こんな対応しかできない連中が「野党第一党」というのは,情けない。

 これほど風を読めない執行部は,やっぱりボンボンばかりの仲良しクラブなんだろう。

 衆議院の予算委員会で顔を真っ赤にして「金で魂を売ったんですよ。」なんて言って,民間人の実名を挙げておきながら「謝罪会見」で済むのなら,国会議員に認められている免責特権など要らない。

 免責特権が認められている以上,国会議員は議院での発言に政治生命を賭けなければならない。
 だから,あんないいかげんなメールに飛びついて,議院で発言した人間は,その政治生命を失って当然である。
 そして,同僚議員を庇い続けて恥の上塗りを重ねた代表も,政権獲得を目的とする代表の資格など全くない。

 そして,今回の件では,世論は民主党に厳しい。その風を感じられないようなボンボンは,有害である。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-26 21:41 | 時事 | Comments(0)

韓国料理

 今日の韓国料理教室の件で,友達にメールして愚痴っていたら,友達の友達が,在日韓国人だということで,その子の家で,韓国料理を教わることになった。

 トントン拍子に話が進み,明日その方のおうちで韓国家庭料理を習ってくることになった。



 持っていくのは,食材と左利き用の包丁とまな板である。

 材料はこれからメールでやってくることになる。

 韓国料理というと,やっぱり焼肉かな?



 正直なところ,私は料理があんまり得意でない。旦那のほうが料理が上手である。

 blogでお手製の料理を公開している方々が本当に羨ましい。

 簡単でおいしくて見た目もいい料理,誰か教えてください。



 ところで,料理教室って,何であんなにエプロンにうるさいのだろうか?

 私は,普段からエプロンをつけているが,「必ずもってこい」と言われると「そんなのどうでもいいじゃないか。自分の洋服が汚れて困るのは私なんだから。」と反発してしまう。

 頭覆いのほうも,男性は手ぬぐいを巻くので,髪の毛が鍋に落とさないということについては効果的だが,女性は髪の毛を出して三角巾を被っているので,気休めである。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-25 21:41 | 日常 | Comments(0)

行くもんか

25日は,本当は某料理教室に,韓国風料理を習いに行く予定であった。

 もともと料理のレパートリーが少ない私なので,全然知らない韓国料理あたりをできるようになると嬉しいなって思っていた。

 そうしていたところ,知人から無料1日体験レッスンの券をもらった。

 これを使わない手はないと思い,レッスンを申し込んだ。



 その案内では,持参するものとして,無料レッスン券とエプロン・頭おおい・筆記用具と書いてあった。



 私は左利きなので,包丁は左利き用を使用している。

 なので,料理教室に電話して「包丁を持参するので,どんな包丁を用意したらいいのか。」と聞いた。そうしたら,「無料券は左利きの方は使えない。」という。

 そんなことは,そこのレッスン券には書いてない。

 いったいどういうことなのだろうか?



 なんか,すごく頭に来たので,キャンセルした。



 今時,「包丁は右手で」なんて主張する人がいるんだなー。



 よく,子どもが左手で字を書くのを嫌がり,右手に利き手を変えようとすることを「矯正」と呼ぶ人がいる。

 左利きにとっては,あんなこと大きなお世話であり「強制」である。

 私もその「強制」を,小学生の頃まで受けた人間なので,鉛筆・箸は右である。

 鉛筆は右,消しゴムは左という,ある意味器用な私だが,全然ありがたくない。

 私は,注射は両方の手でできるが,幼児からの採血の場合は左手である。



 そんなこんなで,料理教室に行く計画はパーになった。



 でも,料理のレパートリーは,増やしたい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-25 21:39 | 日常 | Comments(0)

釈明が来ました

朝方,料理教室の関係者から電話があった。



 要は,舌足らずで,あたかも左利きであることを理由として無料レッスンを断ったよう思われてしまい,申し訳ないということであった。



 私には,思いっきり「左利きの方にはご遠慮いただいてるんですよ。」と言っていたのだが,それをどう解釈すれば「舌足らず」なのだろうか?



「左利き用の包丁もありませんし」と今日は言っていたが,私は左利き用の片刃包丁を持参すると言っていたのである。

 理由になっていない。



 いろいろ言い訳をしていたが,結局は価値観として包丁は右で握るものというものがあるようである。



 そういう価値観を持っている料理教室に行っても,余計な摩擦を生むだけなので,断った。



 まったく,腹立たしい思いだけが残ってしまった。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-25 21:39 | 日常 | Comments(0)

金メダル

夏のオリンピックで,最も注目される(視聴率が稼げる)のは,男子100m走だそうだ。

 冬のオリンピックで,最も注目されるのが,女子フィギアスケートだそうだ。



 そのフィギアスケートで,荒川選手が金メダルに輝いたことは,非常に嬉しいニュースだった。おめでとうございます。



 4年に1人だけしかもらえない金メダル。メダリストは一躍時の人で,人が見る目も変わる。

 長野五輪で金メダルを獲得し,酒で名声をフイにしてしまった先人の轍は踏まないでね。



 今日は,職場の雑談でも,その話で結構盛り上がっていた。

「娘が金メダルを取ってマスコミが来たときには,やっばり泣いた自分の姿が全国に中継されるんだろうな。恥ずかしいな。」なんて言っていた親ばかもいた。

 まあ,そんなことを言っているうちがハナである。
[PR]
by nonnbei871234 | 2006-02-24 21:38 | 時事 | Comments(0)