<   2005年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

今年も来た大晦日

 今年も大晦日がやってきた。1年が経つのは本当に早いものである。



 今年私の生活に変化があったこと。それはこのblogをつけ始めたことである。



 もともと新聞などは好きでよく読んでいたのだが,blogで何を書こうかなと思うと結構深く読むことができた。

 社説などにも目を通したが,考えが異なることも多かったなー。

 昔はその新聞社に投書して採用されなければ自分の意見を世に問うことなど出来なかったのだが,今はblogのおかげで,自分の考えを世の中に問う機会が得られた。ありがたいことである。



 ところで,今日は私の誕生日でもある。予定日は1月3日だったそうだが,せっかちな私は3日早く生まれてきたようだ。

 誕生日のお祝いはこれといってない。

 旦那の友達から,「手打ちそば」のお呼ばれに預かっていてそれで「年越しそば」を食べようというのが,唯一のイベントである。



 最後に



 今年1年間,私のblogをご覧頂きありがとうございました。来年がすばらしい年であることをお祈りしています。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-31 19:41 | 日常 | Comments(0)

混雑

私の仕事納めは今日だった。

 16時過ぎに全部の仕事を終えて,東京駅に着いたのは17時を少し回っていた。



 静岡にはのぞみ号は停車せず,ひかり号が1時間に1本停車するだけである。

 その静岡に停まるひかり号に乗りたかったのだが,指定券は完売であった。



 みどりの窓口では,「グリーン席はあと2席ご用意できますが。」とのことであった。

 職務上受領した金銭もあり,さっさと職場の出納責任者に金銭を渡したいと思ったので,グリーン車に乗って帰ってきた。



 ちなみに,グリーン車の費用は職場持ちである(^_^)v

  結果的には,このグリーン車が私の今年の自分へのご褒美となった。

 ても,グリーン車って,料金の割にはサービス悪いなって感じがする。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-30 19:40 | 職場 | Comments(0)

年をとる日

 満年齢が増えるのはいつか。

 常識的には,誕生日に1つ満年齢が増えるものと思われているが,法律的には誕生日の1日前に満年齢が増えるのである。

 先日72歳のお誕生日を迎えられた天皇陛下が,72歳になったのは,12月23日ではなく,12月22日なのである。

 これが,4月1日生まれの人が早生まれになる理由でもある。



 ということは,12月31日が誕生日の私は,12月30日に1つ年が増えることになる。

 なので,12月29日の今日が20代最後の日である。



 なんか,30歳って聞くと以前はすごくおばさんだと思っていたのだが,自分がその年になると,意外と若いのではないかと思ってしまう。実にいいかげんなものだ。



 それにしても,法律上年をとる日など知らないほうが,1日間余計に20代でいる気分を味わえるだけ,お得なような気がする。



 20代の最後の日は,さいたま市のホテルで過ごすことになる。

 自分へのご褒美に,ホテルのバーでカクテルをといきたいところだが,飲めないのでそうはいかない。

 つくづく,下戸は損である。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-29 19:39 | 日常 | Comments(0)

外泊

28日は,仕事納めということで,今年の仕事が無事終了した方も多いと思う。

 私は30日が仕事納めであり,明日は何と出張である。年明けは8日まで休みだが。

 病院では年末年始に「外泊」者が増えるというものがあった。
 盆正月ぐらいは家族と一緒にという大義名分の下,入院患者を一時帰宅させるというものである。
 実質は,年末年始には医療従事者が少なくなるので,その負担を軽くしようという病院側の都合も結構あった。

 たしかに,「正月ぐらいは自宅で迎えたい。」という方も結構いらっしゃるが,正月もGWもお盆も大差なくなった今日では,どうしても正月には帰りたいという人も少なくなった。
 それにもまして,年末年始の外泊がたくさん取れる要因は,医学的には入院の必要がないのに,入院している方が多かった証拠でもある。
 年末年始は,開業医などが休診で医療体制が手薄な時期である。こんな時期に本当に入院治療が必要な方々を安易に帰宅させられるはずがないのである。

 うちの病院では,今年も一定の外泊があるが,いずれは,このような習慣は改められなければなるまい。

 今年の年末年始が穏やかに過ぎてくれること,つまり私にまで緊急出勤の連絡がこないことを切に願う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-28 19:39 | 職場 | Comments(0)

停電の原因

原因は,漏電でした。しっかり直して,これで一安心です。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-27 19:38 | 日常 | Comments(0)

被害者の実名

犯罪被害者保護のための制度が改められるようだ。



 犯罪被害者の氏名は今後公開の有無を被害者の家族の意向も含めて警察が判断するように変更されるかもしれない。

 マスコミは,このことに反対している。



 警察の恣意的な発表を許せば,真実がゆがめられるというマスコミの主張も当たっていると思うが,だから全件実名でというのは,議論が乱暴すぎる。



 マスコミの被害者に対する横暴な取材は目に余ることがある。死亡事故の遺族にマイクを向けて「今のご感想は?」と聞かずもがなのことを聞いている場面を見たことはあるだろう。



 殺人事件の遺族が「被害者は,犯罪被害に遭った後に,国民に『知られる義務』まで負わなければならないのか」と言っていたが,まことそのとおりである。



 写真週刊誌が,凄惨な事故現場・犠牲者の遺体写真などを公開していたとき,マスコミは何をしていたのだろうか?

 写真週刊誌が廃刊となっていったのは,飽きられて商業ベースに乗らなくなったからであって,出版界の自主規制の結果ではない。



「売れれば何をしてもいい。」という商業主義を改めない限り,「国民の知る権利」を大上段に構えても,支持は広がらないと思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-27 19:38 | 時事 | Comments(0)

地吹雪の中の徹夜の救出活動

25日に発生した羽越線での特急脱線転覆事故,残念ながら4人の命が奪われてしまった。

 改めて,ご冥福をお祈りする。



 現場では,車内に閉じ込められていた1名の乗客を救出するべく,地吹雪が吹き荒れる中,多数の消防・警察関係者が夜を徹して救出活動に当たっていた。



 地吹雪の吹き荒れる事故現場は凍てつく寒さだったと思うが,そんな中での徹夜の救出活動,頭が下がる。



 無名の一市民の生命を救うべく,みんなが必死に活動している姿を見ていると,我が国も捨てたものではないと思う。



 愛国心なんてものは,国が教育プログラムで子どもに教え込むことによって育まれるものではなく,こういう姿勢を数多く見せることによって自然と育まれるもののような気がする。



 救助活動に当たった皆さんには,今日は体の疲れを癒してしっかり休息を取って欲しい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-26 19:37 | Comments(0)

代表権がある者は何をしているのか

今夜飛び込んできた山形県での特急列車の脱線転覆事故で,死亡者が出てしまったとのことである。

 鉄道旅行をよくする者として,尼崎の記憶が生々しいうちに,再び乗客死亡の脱線転覆事故が発生したというのは,本当に残念である。

 亡くなられた方のご冥福と,怪我をされた皆様の快復をお祈りする。



 ところで,22時過ぎに,JR東日本で緊急記者会見が開かれたようだ。



 この緊急記者会見で説明をしていたのは,代表権ある者ではないようだ。



 自らが代表権を持つ会社で事故が発生し,乗客が死亡するという最悪の事態を招いた。

 こういう場合,組織のトップに立つ者は,一刻も早く被害者にお詫びに行くべきである。



 だから,JR東日本の代表取締役が現在山形に向かっているというのなら,記者会見を行えないというのもやむを得ない。

 実際そうであってほしい。



 でも,JR東日本レベルなら,代表取締役だけで,10名程度はいるだろう。どうして代表取締役が記者会見に出られないのだろうか?
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-25 19:36 | 時事 | Comments(0)

今日も

今日もビジネスホテルで宿泊している。

 夕方,犬と猫の世話をしに戻ったが,犬も猫もすこぶる元気で安心した。

 電気が通らないことぐらいでは,犬も猫もびくともしないようである。人間が本当は1番弱い存在なのだろう。



 今,ホテル内のテレビでは,山形県内で発生した特急電車の脱線転覆事故の様子を映し出している。

 負傷者が出ているようだが,今のところ詳細は分からない。

 今年は,4月に発生した尼崎列車脱線事故で多数の生命が奪われてしまったが,そのときの様子がふと頭をよぎった。



 「報道特別番組」というのは,見たくない。新聞のテレビ欄記載のテレビの内容がそのまま放送されているほどありがたいものはないんだなーって,つくづく思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-25 19:35 | 日常 | Comments(0)

緊急事態

 午後8時過ぎに,突然我が家だけ停電となってしまった。



 最初はブレーカーが落ちたぐらいに思っていたのだが,ブレーカーは落ちていなかった。

 原因が分からないため,中部電力に電話をしたのだが,我が家は中部電力との直接契約ではなく,大家さんが中電と契約しているという関係なため,大家さんの同意がなければ何もできないなどと言われた。



 あいにく,大家さんは,今海外旅行中である。



 電気店などに連絡し,見てもらったのだが,結局原因はわからなかった。



 ということで,突然ホテル宿泊を余儀なくされてしまった。

 イブの夜は夫婦でホテルで楽しく過ごす・・・こういう設定ならいいのだが,ビジネスホテルでのイブというのは,悲しい。



 年末の土曜日の郊外のビジネスホテル。ガラガラかと思ったのだが,客が多い。

 静岡では,街の真ん中で去年営業を開始したビジネスホテルが,姉歯ホテルであったことが判明した。そのため,そのホテルは営業休止に追い込まれ,その余波で他のビジネスホテルには客が回っているようである。



 旦那は,明日の仕事に備えて寝てしまった。

 明日,私は犬と猫の世話のために自宅に戻り,夕方またホテルに戻ってくることになる。



 波乱含みの年末になりそうだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-12-24 19:35 | 日常 | Comments(0)