「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

警察vs知事

報償費停止で捜査に支障、警察庁長官が宮城県知事非難

 警察庁の漆間巌長官は30日の定例会見で、宮城県の浅野史郎知事が県警の捜査用報償費の執行を停止した問題に触れ、「一線の捜査活動に大変な支障が生じている」「知事は、県民の安全、安心を守るという治安責任を果たしていないのではないか」と厳しい口調で非難した。

 元県警幹部が昨年4月、不正な裏金があったと告発した直後、県警が内部調査に乗り出し、今年4月、「不適正な執行はない」とする結果を発表した。

 これに対し、知事は、報償費を払った協力者について、会計書類に記載した氏名を黒塗りせずに提出するよう要求。県警が拒否したため、6月27日から、今年度の報償費約2300万円のうち未執行分約1600万円の支出を取りやめている。

 この日の会見で、漆間長官は「知事は、今の警察制度が、政治的中立性を担保することで成立しているのをご存じなのか。知事は公安委員会を所轄しているが、警察の運営に介入できない仕組みになっている」と指摘した上で、「協力者に関する文書を見せろと言っているが、これはまさに警察活動全体への介入そのもの」と痛烈に批判した。

 また、「協力者の保護は捜査の大原則で絶対、譲ることは出来ない」とする一方、会計文書の黒塗りについては、「(知事や県の監査委員が)直接、会わないということであれば、(黒塗りは)必要ない」などと妥協の余地があることも示唆した。

(読売新聞)


 私は,この警察庁長官の主張に賛成できない。
 これまで,警察庁は,国家公安委員会という正体不明の緩衝材を利用して政治的圧力を阻むことにより,数々の不祥事を起こしていたことに対して,国民が不信感を抱いているということへの危機感が,警察庁長官にはないのだろう。

 新潟で9年2ケ月も監禁されていた女性が発見されたとの知らせを受けたとき,新潟県警本部長は,先輩と賭けマージャンをしてした。
 こういうことの反省がまるでないまま,声高に警察の政治権力からの自由を解いても,国民の支持を得られるとは思えない。

 浅野知事は,警察権力に対して,知事権力を正面から用いることで人気を博してきた人物であるから,その手法が批判されることもあろう。
 しかし,警察は公金を不正に使用しているとの内部告発が次々と現れる今日においては,浅野知事のような手法のほうを支持することになるのである。

 捜査協力費で支出した費用は,せめて刑事手続終了後は公にされるような仕組みを整えることは,公金を使っている者の義務だと思う。


 追伸 生まれて初めて,1月にわたって日記を書き続けられた。異常気象の原因は私か?
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-30 00:39 | 時事 | Trackback | Comments(0)

知事選

 静岡県では,来月24日に県知事選挙がある。



 4選を目指す現職vs泡沫候補数人という典型的な「信任投票」型の選挙である。

 3期12年では短すぎるという現職もどうかと思う。そして,現職は元自治省の官僚だから手堅いのかもしれないが,政治的には実につまらない男である。

 それにもまして,対抗軸がまた情けない。泡沫候補が何人集まっても所詮泡沫候補だ。



 県の選管は「惨めな投票率」になることを阻止するべく,県内の大学に投票の大切さを呼びかけるための映画の上映会を開いているそうだ。

「何もしないよりはいいだろう。」とのことなのだろうが,わざわざ大学生に,こんなことまでしなきゃならないことが,悲しい。



 ただ,投票率が高いことが,いいこととはいえない。旧ソ連なんかは投票率が95%を超えていて,しかもほとんど100%の得票率を獲得する候補者がゴロゴロしていたものだ。

 こんな制度はゴメンだ。だから,棄権の自由というのも保障される必要はあろう。



 私は,今まで1度も棄権したことはなく,公職選挙で22票を投じている(衆・参議員選挙の場合は2票とカウント)。日曜が勤務日になっているときは,ちゃんと不在者投票(期日前投票)に行った。

 私は,いわゆる白票を投じることも多い。



 わざわざ,不在者投票(期日前投票)に行って,白票を投じることに意味があるのか?との疑問もある。でも,せっかくの権利である「投票権」を捨てるのは嫌だが,積極的に支持する候補はいない。そのため,白票ということになる。



 知事選挙のときには,投票所で,自分で開く形状記憶投票用紙を1度折ってみて,本当に開くのかを確かめてみようと思う。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-29 00:36 | 時事 | Trackback | Comments(0)

何も同じ日にしなくても

今日,98年7月にあった和歌山ヒ素カレー事件(死亡被害者4名)の刑事事件の控訴審判決が大阪高等裁判所であり,林眞須美被告に対して,控訴棄却の判決が言い渡され,和歌山地方裁判所の死刑判決が維持された。

 このニュースは,全国版の新聞の1面で詳しく報道されている。



 今日は,99年9月にあった下関通り魔殺人事件(死亡被害者5名)の刑事事件の控訴審判決も広島高等裁判所であり,上部康明被告に対して,やはり控訴棄却の判決言い渡され,山口地方裁判所下関支部の死刑判決が維持された。

 このニュースは,全国版の新聞では社会面で報道されている。



 その影で,こういう記事が載っていた



 和歌山市の毒物カレー事件で、死亡した高校1年鳥居幸さん=当時(16)=の両親が、治療ミスがあったとして日本赤十字社に5000万円の賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(上田豊三裁判長)は28日、両親側の上告を受理しない決定をした。請求を棄却した2審判決が確定した。
 1審和歌山地裁は2004年、「脈拍や血圧の管理などに過失があった」として、日赤側に200万円の支払いを命じた。
 しかし、2審大阪高裁は今年1月、「医師は必要な診療を尽くした」として、過失を否定。両親側の逆転敗訴判決を言い渡した。 

(時事通信)

 この事件で,患者様が多数搬送された病院では,現場はものすごく混乱したのではないかと思う。多分医師たちも原因を突き止められず,相当に狼狽したと思う。
 そんな中での医療行為に過失責任が問われるというのは酷のような気がする。

 一方で,被害者側としては命を病院に預ける以外にないのに,結果としてそれを守ってもらえなかった無念は察するに余りある。

 最高裁は,これについて審理すらしないということで事件を決着させた。
 審理をしないことの是非もそうだが,何も刑事事件の判決の日に最高裁の決定を出さなくてもよさそうなものだと,ちょっと憤った。

 ちなみに,上告を受理しない場合の最高裁からの決定文って,特別送達という,いかめしいもので届くのかと思っていたら,なんと簡易書留なのだ。キャッシュカードと同じ重みかよって感じだ。拍子抜けだ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-28 00:34 | 時事 | Trackback | Comments(0)

OG訪問

文系所属の大学生の就職活動,今はどうなっているのだろうか?



 最近はリクルートルックに身を包み,説明会に長い列を作るなんて光景は目にしなくなったものだ。就職活動もネット全盛期といったところだろうか?



 旦那が大学3年の終わり頃には,毎日山のような求人のダイレクトメールが届いていた。なんなんだこの数はと目を丸くしたものだ。

 旦那の比ではなかったが,私も結構多くの医療法人から新人募集のDMをもらった。

 ただ,私は仲間とはまるで違う就職活動をしたため,就職活動担当の教授から呆れられたものだ。まだ古びた建物だった文部省の庁舎に官庁訪問に入ってみて,アナログ式のエレベーターの階表示なんてものに驚いたものだ。



 私の職場に後輩がOG訪問にやってきたことは3度だけある。

 私は開学1期生なので,OGなどいるはずもない。そのため,OG訪問などしたことはなかった。その分先輩に気兼ねなく生きている。



 OG訪問に来た後輩には,ホンネで話してもらいたいのだが,マニュアル通りの受け答えで,ちっともおもしろくなかった。

 私は採用担当者じゃないんだから,いろいろホンネで話してくれればいいのにね。



 それにしても,大学生人気会社ランキングなんかを見ると,大学生って何もわかってないんだなって思ったりもする。

 恒常的にサービス残業(無賃金強制労働)が続いていると噂が絶えない業界とかが上位にランクされているのは,ホント「なんでだろ」と思う。

 毎年大量採用をしているところは,それだけ離職者も多いってこと。



 OB・OGから,仕事の実態のホンネを引き出すためには,学生もマニュアルだけの受け答えじゃなくて,ホンネで話さないとだめだよ。

 マニュアル通りの受け答えの人に内幕は教えられないよ。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-28 00:32 | 時事 | Trackback | Comments(0)

再雇用の皆さん

<そごう>心斎橋本店開店で即戦力 解雇の元社員を再雇用

 そごうは9月7日の心斎橋本店(大阪市中央区)の開店に向け、00年12月に旧大阪店を一時閉店した際に解雇した社員のうち51人を再雇用したことを明らかにした。解雇した約560人の約1割になる。即戦力を確保し、本店の営業を早く軌道に乗せるのが目的。大手企業で、解雇した従業員を再雇用するのは極めて異例だ。

(毎日新聞)


 2001年10月に,友達の結婚式に参列し,その夜はホテル日航大阪に宿泊した。
 たしか,ホテル日航大阪の反対側にそごうがあり,閉店していたのを覚えている。心斎橋本店とはそこのことだろうか?
 
 民事再生手続の中で,水島元会長の経営責任が追及され,ワンマン体質は改められたのだろう。
 新そごうが,健全な企業として再出発するに当たり,元従業員を雇用するということに私は賛成だ。

 過度の労使強調路線は,経営者の暴走を労働者が止めることが出来ず,結果として,会社倒産のツケが従業員に回ってくることになる。

 従業員も,労使交渉・従業員持ち株制度等を利用して,経営を監視することが出来る存在であり,現場の意見は説得力を持つものである。

 会社倒産のどん底を見てきた従業員の皆さんには,この経験を糧にして,最高の顧客満足の追求と,会社経営の徹底監視を願いたい。
 それができれば会社は完全に甦るだろうし,できなければ今度こそ会社は姿を消すことになるだろう。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-27 00:31 | 時事 | Trackback | Comments(0)

予防接種不祥事3

予防接種法で市町村に実施義務があるポリオの予防接種で、乳幼児に誤って期限切れのワクチンを接種する事故が5月中旬から全国で相次ぎ、乳幼児876人が誤接種を受けていたことが25日、分かった。ずさんな管理が共通の原因。事態を重く見た厚労省はワクチンの管理体制や誤接種事故の実態調査に乗り出した。 (毎日新聞)



 今月だけで,こんな新聞記事を紹介することが3度になった。

 実に嘆かわしい。



 結局,予防接種を打つ側に緊張感が全くないのだ。



 有効期限のチェックなんて,バーコード1つで出来るのに,そんなこともしない。



 厚生労働省に行政文書開示請求をして,こういう杜撰な管理をしている市町村の名前を具体的に明らかにしたいと思う。



 行政文書開示請求では「こんなものも今は取得できるのか」と,驚くようなものまで取れるときがある。



 行政文書開示請求をしたくても,したことがないので,やり方が分からないという方は,足跡にその旨を書き込んでください。

 最低限の請求方法はお伝えできると思います。

 私と旦那と旦那の友達で既に100件を超える行政文書開示請求をしています。ですので,請求の仕方,不開示決定に対する不服申立の仕方はだいたい把握しています。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-27 00:30 | 予防接種 | Trackback | Comments(0)

豹変

看護部勤務のときは,土日仕事の代わりに平日が休みが多かった。

 同窓会などには参加できないが(といっても高校の同窓会は脱会しているし,大学はみんな同じ職業に就いているので同窓会なんてまだ開かれていない。),平日休みというのは,空いているデパートで買い物ができたり,突然新幹線自由席に乗っても,E席に座れたりと結構楽しめるものである。

 ただ,何もする気力が沸かないときは,ワイドショーをダラダラと見ていたりしたこともある。芸能人のスキャンダルがどうのこうのとレポーターが騒ぎ立てるのをばかばかしく見ていた。

 ほんと平日午後のテレビは,やる気がないなーって感じがしたものだ。



 今は,主に,カレンダー通りの勤務なので,ワイドショーを見ることはない。

 ただ,ワイドショー講座なんかを見ると,どうも今は,貴乃花が右や左のテレビに出まくって,自分の主張し続けていたそうだ。



 現役時代の貴乃花というのは,敗因を聞かれると「弱いから負けたんです。」とくだらない答えばかりをしていた。沈黙を守るところがあの横綱のよさだったのだろう。



 今は堰を切ったように,身内のいざこざをベラベラしゃべっているらしい。豹変してしまったらしく,見苦しい限りだ。



 それにもまして見苦しいのは,家政婦という人物があちらこちらに出てきてベラベラしゃべっていることだ。

 人のプライベートの部分に携わる仕事をしている人は,職業上知った秘密は,何があっても漏らしてはならないというのが,共通の職業倫理だろう。

 家庭内の秘密が守れないような家政婦がいたら,家政婦という仕事そのものが成り立たないのではないか。



 病院に勤務していると,嫌でも家庭内の秘密を知ることになる。そして,私らもいろいろ聞かれることもある。そんなときは,全部知っていても「私は知りません。」と言い張る。

 そうでなければ,皆さん病院になんて行けないだろう。



「家政婦だった」という人たちの発言を,公共の電波で垂れ流していてるようなことをしているテレビ局が,局買収の危機に立ったら一転して「公共財」だなんて主張しても,全然説得力がない。

 公共財と主張するのなら,最低限の職業倫理に基づいた放送をするべきだし,こういう放送をするのなら,買収劇で公共財と主張をする資格はない。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-26 00:28 | 時事 | Trackback | Comments(0)

20歳の献血

タレントの浜口順子(20)が24日、20歳の誕生日記念に、東京・千代田区のアキバ献血ルームを訪れた。この日に20歳になり、献血初挑戦。しかし、2日前に風邪薬を飲んでいた浜口。献血は72時間以内に薬を飲んではいけないため、直前でまさかのキャンセルとなった。「2日前、頭が痛くて…。知らなかったんです」と半泣き。「印象に残る誕生日になったね」と笑う報道陣に「私らしいと言えば私らしい。日を改めてまた来ます」と苦笑いを浮かべていた。

(デイリースポーツ)

 すいません。私は浜口順子ちゃんというタレントを知らないんです。

 でも,20歳の記念に献血は,よく考えたアピール方法だと思う。服薬していて献血できなかったというのは,残念だったと思う。元気なときにしっかり献血してね。

 献血自体は16歳からできるものだ。私の高校にも大学にもときどき献血車が来て,献血を募っていた。
 私は高校生・大学生のときは何度か献血をしたが,就職してからは御無沙汰だ。
 別に献血自体を否定しているわけではなく,ただ単に行く機会がないからだ。

 20歳の誕生日,私は,朝から晩までアルバイトに励んでいた。冬休みだけのバイトの子がモタモタしているのを横目にみながら,バイト2年目で「お局様」の気分を味わっていたものだ。

 皆さんは,何か「二十歳の誓い」を立てたりしたのだろうか?
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-25 00:27 | 時事 | Trackback | Comments(0)

予防接種不祥事2

予防接種ミス:同じ注射器、2人に使用か--深谷の小学校 /埼玉

 ◇きょう児童から採血、抗体検査
 深谷市は22日、同市立八基小学校で13日に実施した予防接種で、接種を受けた6年児童(48人)と使用済みの注射器の本数(47本)が一致しなかった、と発表した。1本の注射器で2人に接種したおそれがあり、感染症対策のため23日に児童から採血し、抗体検査を実施する予定だ。
 市保健センターによると、ジフテリアと破傷風の二種混合の皮下注射で、同小保健室で13日午後1時半~2時、児童に接種された。医師2人と看護師2人の計4人が担当し、予防接種終了後、接種児童の体調などを記入した予診票の枚数と使用済みの注射器の本数が一致しなかった。
 市は17日、深谷保健所長や校医ら計7人をメンバーとする第1回事故対策委員会を開き、保護者説明会と抗体検査を実施することを決めた。新井家光市長は「予防接種の看護師を1人増員し、介助と確認業務の充実を図るよう指示した。二度とこのようなことが起きないよう対応していく」とコメントした。


6月23日朝刊 (毎日新聞)



 予防接種の現場とは,こういうものなのだろう。情けなくて嫌になる。



 私は物心がついてから,一切予防接種を受けていない。

学内集団予防接種のとき,前日学校から渡される問診表には「予防接種を受けますか?」との問いに「いいえ」(理由 百害無益である。)と書き,父は実印を押した。

 当然,予防接種のときは,私は教室に居残り漢字の書き取りなどをしていた。



 94年に法改正があり,予防接種は接種義務ではなく,努力義務に改められた。

 ところが,世の中には,いまだに接種自体が義務だと思っている者が多い。



 長野県の中川村なんてところは,村の広報誌で「BCGは接種義務がある。」なんて書いていた。

 仲間が抗議の電話をしたところ,保健師は「BCGは予防接種法ではなく結核予防法で規定されていて,接種義務がある。」と述べたそうである。

 不勉強も甚だしく,激しい怒りを覚える。



 予防接種は,副反応の危険がある。

 しかも,現場では期限切れのワクチンの使用,注射器の使いまわしなど,基本の基本も守られないような事故が相次いでいる。

 このような事情に鑑みれば,予防接種は受けないという判断も,もっと尊重されていい。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-24 00:26 | 予防接種 | Trackback | Comments(0)

初公判

静岡・店員2人強殺:静岡大生、2女性殺害認める 強盗は争う姿勢--地裁初公判
 静岡市の健康用品販売店で1月、女性従業員2人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた静岡市駿河区,静岡大生、高橋義政被告の初公判が23日、静岡地裁(竹花俊徳裁判長)で開かれた。高橋被告は「2人を殺したのは私です」と、捜査段階の黙秘から一転、殺害を認めた。強盗罪については「強盗するつもりはなかった」と述べた。

 高橋被告は「私が殺そうとしたのは(同店のある建物1階の脳神経外科クリニックの)院長ただ一人だけだ。突入した時点で(女性)2人を捕まえ、院長がいないと聞いた時、口止めのために2人を殺すしかないと思った。殺しただけだと不自然になると思い、金を取ってえん恨だと思われないよう偽装した」と殺害に至る経緯を明らかにした。弁護側は、強盗罪は争う姿勢を示した。

 これまでの調べでは高橋被告の知人女性は同クリニックで治療を受けた後、死亡した。高橋被告は事件前日、同クリニックを訪れていた。

 起訴状によると、高橋被告は1月28日午後5時過ぎ、静岡市葵区新伝馬1の健康用品販売店内で、ともに同店従業員の井本嘉久子さん(当時60歳)と竹内真知子さん(同57歳)の首を刃物で切って失血死させ、店内の現金約6万6000円を奪った。

 検察側の冒頭陳述によると、高橋被告は知人女性が同クリニックの商品(キャンデー)を服用しているのを見て、重病患者の弱みにつけ込み、商品を売りつけていると思い、怒りを覚えるようになった。

 高橋被告は1月30日、参考人聴取の際に暴れ、捜査員に負傷を負わせたとして公務執行妨害容疑で逮捕され、3月10日に強盗殺人容疑で再逮捕された。高橋被告は取り調べに黙秘していた。逮捕後、弁護側は「違法な取り調べがあった」と主張していた。

(毎日新聞)



 旦那は宗教の職にあるのだが,ここに出てくる何人かと親交がある。

 今日,旦那は静岡地方裁判所に傍聴券を求めて並んだ。29席の一般傍聴席を求めて,500人も傍聴希望者が並んだそうだ。旦那は抽選に外れ,裁判所から帰ってきた。

 旦那は,黙秘を貫いた被告人は無実であって,冤罪ではないかと思い,傍聴券を求めて並んだのだ。

 その結果がこれだった。



 今後は,強盗殺人事件なのか,殺人事件なのかという点だけが主に審理され,来年には判決が下されることになるだろう。

 既に検察側からは,死刑求刑との情報が出されている。



 被告人に言いたい。

 キミが行った行為で,誰か1人でも幸せにすることができたのか?

 そして,キミ自身は,この院長を殺すことで幸せになれるとでも思ったのか?

 キミが親しくしていた女性は,キミがこんな凶行に及ぶことを,天国から喜んでくれるとでも思ったのか?



 キミは幸せになるために生まれてきた。しかし,その機会を自ら摘み取った上,多数の方々から幸せを奪った。



 キミを愛してくれたキミの知人のためにも,真実を公の法廷で明らかにした上,潔く刑に服することを望む。



 旦那はかなり動揺しており,今日は仕事にならなかったようだ。

 宗教家とはいっても,生身の人間だから,個人的に許せない気持ちは,いかんともし難いようだ。



 この事件でお亡くなりになったお2人のご冥福を心からお祈りする。
[PR]
by nonnbei871234 | 2005-06-23 00:33 | 時事 | Trackback | Comments(0)