座薬の挿肛方法について

 子どもさんや老人の方に座薬を挿肛ものの,すぐに排出されてしまう場合の注意について

 こんなのが,一般的な注意事項ですかね。

① 挿肛前に排便を促す。

② 挿肛時に,人肌程度のお湯などで,先端部分をちょっと湿らせる。

③ 体は横向きにして,足を曲げてもらう。

④ ちょっと奥のほうまで挿入し,挿入後は肛門部分を塞ぐようにする。

 ここからは,経験に基づくものです(医学的な根拠があるかについての保障はありません。)

⑤ 簡単な歌をくちずさんでもらったり,簡単ななぞなぞを問いてもらうなどすると,挿肛しやすかった(私は老人の方には,古い歌などを思い出して歌ってもらうことが,結構あった。)。

⑥ 挿肛前は腰部・臀部などを暖かくしておき,挿肛後は冷たくすると,結構排出されにくかった。

 腰部に湿った暖かいタオルを置いておき,挿肛後はそれを取り外すだけでも,挿肛直後に排出される頻度は少なかった。

 でも,すぐに排出されてしまうのをどうしても防止するためには,肛門部分を押さえておくのが,1番効果的だと思います。
[PR]
by nonnbei871234 | 2008-03-17 23:45 | 職場 | Comments(0)
<< 悲喜こもごも,春の人事 天邪鬼度チェックリスト2 >>